告知義務違反は要注意!全く保障を受けられないリスクがあるので正直に話して!

1.告知と告知義務とは?

生命保険の契約をする前に、告知・告知義務について説明されることが多くあります。契約する段階で初めて知る人もいると思いますが、いい加減な告知をすると契約できなかったり、いざ保険を請求しても保険金がもらえなかったりすることがあります。トラブルを回避するため、告知や告知義務について知っておくことは大切なことです。以下では、告知と告知義務について説明します。

(1)何を告知するの?

生命保険における告知には、職業の告知と健康状態の告知の2種類があります。

職業の告知とは、どんな職業に就いているのかを告げることです。ケガをするリスクの高い職業かどうかが判断されるのです。
健康状態の告知とは、過去にどんな病気にかかったかを告げることです。重大な病気にかかるリスクが高いかどうかが判断されるのです。

告知された内容により保険料が変わってきたり、特別な条件を付けた契約になる可能性があります。

(2)告知義務って何?

生命保険はお互いに助け合う相互扶助の仕組みですので、契約者が公平な条件で負担を負うために告知義務があります。公平性の観点からは、保険金を請求する可能性が低い人は保険料の負担が低く、保険金を請求する可能性が高い人は保険料の負担が多くなるのです。保険会社は、保険に加入しようとする人と保険契約を結ぶべきかどうか、保険料をいくらに設定すべきかを判断する際に、告知内容を重視しています。

保険会社のマンや保険代理店の担当者へ口頭で伝えただけでは、告知義務を果たしたことにはなりません。告知義務を果たすためには、告知書に記入して提出する必要があります。保険会社によって若干の差はありますが、一般敵な告知内容は以下のような事項です。

【告知の内容】

①現在の勤務先、業種、仕事の内容
現在、どこへ勤務しているのか、どんな業種なのか、仕事はどんな内容のことをしているのかなどについて記入します。

②現在の健康状態
現在、ケガや病気で入院もしくは治療を受けているかどうか、あるいは医療機関で検査や治療することを医師から進言されているかについて記入します。

③既往歴
過去何年かの間に何か病気になったり、医療機関にかかって治療や投薬を受けたことがあれば記入します。

④障害の有無
身体に何らかの障害があるかどうかを記入します。

⑤妊娠の有無
女性に限定されますが、妊娠しているかどうかを記入します。

2.告知義務違反

告知義務は生命保険の契約者に課せられた義務であり、違反すると契約違反になります。告知義務違反をしてしまうと、せっかく生命保険に契約しても、保障を受けられない可能性があります。

(1)告知義務違反ってどういうこと?

故意または重大な過失により、事実を告知書に記入しなかったり、事実と反する告知をした場合には告知義務違反になります。一般的には、被保険者の責任開始日から2年以上経過していた場合は、告知義務違反があっても責任追及されることはありません。ただし、「病歴など重大な事実について知っていながら告知しなかった」など重大な告知義務違反をしていた場合、詐欺による取り消しになります。

(2)告知義務違反にならないための注意点

告知は告知書に記入して保険会社や保険代理店へ提出しますが、告知義務違反にならないためには以下のことに注意してください。

①正直に記入する

一般的に告知書への記入は被保険者が自分で記入する必要があります。告知書には質問に答える形式で記入しますが、決してウソ偽りなく正直に記入します。事実に反することを記入したり不正確なことを記入してはいけません。また、質問されていないことについて記入することはしないようにしましょう。誤解を招くだけです。

②不明確な表現で書かない

質問されていることについてはっきりと記憶していないことがあるかもしれません。記憶が定かではなくても、過去の医療機関の通院記録などを見て、可能な限り記入するようにしましょう。特に健康状態については不明確な表現で記入しないで、はっきりとした説明をすることが大切です。告知書には記入例が記載されているので、それを参考にわかりやすい表現で記入することをおすすめします。

③過去から現在までのケガや病気の履歴をすべて記入する

過去から現在までのケガや病気の履歴についての質問がありますが、すべて漏れなく記入しましょう。医療機関でどういう診断をされたのか、どんな検査・治療・投薬をいつ受けたのか、病名やケガの程度、入院をしたのか、入院した場合はいつどのくらいの期間だったのか、ケガの「後遺症はあるのか、現在はケガや病気はどういう状況なのかなど、できるだけ詳しく記入します。保険会社は契約するかどうかを判断する際に重視するので、すべて記入してください。

3.告知義務違反で良く見られるケース

告知義務違反で良く見られるケースとして、以下のような事例があります。 2019年にはかんぽ生命で多数の不正が発覚しました が、保険のセールススタッフの故意・過失によるケースもありますので、保険に加入する際に、スタッフの言動が少しでもおかしいなど思ったら、しっかりと確認をするように気をつけましょう。

①営業職員にそそのかされて不実の告知をした
保険に加入する際に営業職員に告知義務にあたる病歴について伝えたが、「通院だけなの告知不要」という返答があった。その後、医療機関にかかったので保険金の支払い請求すると、告知義務違反を理由に支払ってもらえなかった。

②保険に加入できない病歴のある人に営業職員がウソの情報で勘違いさせて勧誘した
人工透析を受けていても保険に加入できると営業職員から言われて、終身保険に加入した。加入する際に、営業職員に「告知義務違反にあたらないか」と何度も確認したが、「2年経過すれば契約解除されない。透析について告知しないように」と言われた。2年後、営業職員から新しい商品の勧誘を受けた際に「透析の件は初めて聞いた」と言われた。

③告知書の説明不足が原因で告知義務違反をしてしまった
告知書について営業員から詳しい説明を受けられず、既往症に関する項目がなかったため記入しなかった。その後、既往症の治療を受けたので、保険会社へ保険金請求したが、告知義務違反を理由に拒否された。

④保険会社から一方的に告知義務違反と判断された
会社の健康診断の結果、正常値でない検査項目があったが、そのことを正直に保険会社に告知して契約を認めてもらえた。その後、病気を発症したので保険金を請求したところ、保険会社から会社の健康診断の結果を提出するよう言われた。保険会社は健康診断の結果を理由に、一方的に告知義務違反と判断して保険金の請求に応じなかった。

4.告知義務違反が発覚すると…

告知義務違反が発覚すると、以下のような事態になるので注意してください。

(1)契約解除

告知義務違反が発覚すると、保険会社から契約解除され、生命保険による保障が受けられなくなるケースがあります。保険金を請求できる事由があったとしても、保険金はまったく受け取れません。ただし、契約解除された時点で解約返戻金が残っていれば受け取ることは可能ですが、諸経費を差し引かれるのでかなり少ない金額になります。

(2)取り消し

告知義務違反の内容が重大である場合、契約解除ではなく取り消しという処分を受けることがあります。保険金を請求しても受給できないだけでなく、解約返戻金もまったく戻ってきません。取り消しとなるのは、かなり悪質な告知義務違反をしたケースです。保険金詐欺と判断されるようなレベルです。

5.まとめ

生命保険には、告知義務があるものがほとんどです。ウソを記入したり、うっかり記入し忘れたりするのは告知義務違反となるので注意してください。その場しのぎでうまくごまかせても、後で発覚すると契約解除や取り消しという重大なペナルティを課せられます。告知書にはありのままのことを正直に記入することを心がけましょう。

検索してお金の悩みは解決しましたか?

・自分にピッタリの生命保険を選んで加入したい
・現在加入中の生命保険の内容で大丈夫か確認したい
・保険料を節約したい
・どんな生命保険に加入すればいいのか分からない

生命保険や資産運用についてお悩みなら、ぜひ無料相談をご利用ください。
ネットで検索するよりも簡単でサっと解決!お客様にとっておトクになるアドバイスを提供します。

無料相談はこちらから

お名前必須

ご住所必須

お電話番号必須

メールアドレス必須

ご希望の連絡方法必須
メール電話

ご希望の相談方法必須
対面(弊社オフィス)対面(お客様ご希望の場所)* ご希望に添えない場合があります電話ウェブ会議(Skypeなど)

性別必須
男性女性無回答

年齢必須

職業必須

現在や将来のお金のことで気になるものは?(複数選択可)必須
老後の備えについて病気やケガの備え方教育資金を賢く貯める方法住宅ローンなど大きくかかる固定費の見直しについて保険料を節約する方法今の保険が自分にあっているかどうか様々な貯蓄方法資産運用全般について

既に加入している保険がわかる画像やPDFを添付任意

※簡易診断に利用致します

最新情報をチェックしよう!
>保険や資産運用の無料相談

保険や資産運用の無料相談

難しい保険や投資のお悩みを、ネットで検索するよりも簡単に解決!わかりやすく丁寧に、お客様にとっておトクになる最適なアドバイスをご提案します。 無料なので、お気軽にご相談ください(相談は対面・電話・ウェブでも可能です)