ピンチ!生命保険料の支払いが難しくなったらどうすればいいの?

万が一の事態に備えるため加入した生命保険。ライフスタイルの変化によって保険料の支払いが難しくなることもあるでしょう。しかし、せっかく加入した生命保険をやめてしまうと保障がなくなるばかりか、次に入るときには様々な事情で加入できないこともあるのです。

そこで今回は、保険料の負担を軽減するための方法、そして解約せずに継続する方法についてお伝えしていきます。保険料の支払いが困難なのは一時的なものなのか、今後、継続的に支払っていくのが困難なのかによって選択する方法が違ってきます。ご自身のケースに合わせてひとつずつ確認していきましょう。

1.保険契約の「減額」・「解約」

まず、保険料の負担を軽減する方法として、保険契約の「減額」と「解約」の2つの方法についてお伝えします。

減額とは、保険金3,000万円の終身保険に加入していた契約者が、保険金を1,000万円に減らすことを減額といいます。契約している保険金額を減額することにより、それ以降の保険料の負担を軽減することができます。死亡保障は減ってしまいますが、保険期間は契約時のまま変わりません。減額前と同じ保険を続けられますので、保険料の負担を軽減しながら、少しでも保障を確保しておきたい場合に有効だといえます。

さらに、減額した保険金は「部分解約扱い」になるため、解約返戻金を受け取れる場合があります。

次に解約について見ていきましょう。解約は保険料の払込がなくなる代わりに、保障も消滅してしまいます。また、一度解約してしまうと、契約をもとに戻すことはできません。将来、新たに加入しようと考えたときには、年齢が上がって保険料が高くなってしまうことが多く、健康上の理由で加入できない場合も多々あるのです。

もし解約を検討しているなら、減額を検討するか、これからご紹介する他の方法で継続できないかを慎重に判断するようにしましょう。

2.今までの保険料を無駄にしない「払済保険」

終身保険などの解約返戻金がある生命保険は、保障を継続しつつ保険料の支払いをストップできる「払済保険」に変更することができます。

払済保険は、これまでの解約返戻金をもとに、契約期間はそのままで保険金額の少ない保険に切り替える方法です。保険はこれまでと同じ種類の保険または養老保険となります。養老保険とは、満期時に死亡保険金と同額の満期保険金が支払われる保険のことをいい、解約時には解約返戻金を受け取ることもできます。払済保険は、今まで支払ってきた保険料が無駄にならないというメリットがあるといえるでしょう。

ただし、解約返戻金が少ない場合は変更できないことがあり、リビングニーズ特約以外の各種特約は消滅してしまうというデメリットがあります。また、保険の種類によっては払済保険に変更できない場合がありますので、加入している保険会社に尋ねてみましょう(主契約と特約についてはこちらの記事をご覧ください)。

3.保険期間が短くなってしまうけれども「延長定期」

延長保険は、以後の保険料の払込をストップして保険期間を短くし、これまでの解約返戻金をもとに死亡保障のみを定期保険に変更する方法です。定期保険とは、契約が終了するまでは設定した保険金額は変わりませんが、解約返戻金がない、いわゆる「掛け捨て」保険のことをいいます。

延長保険には、「延長」という言葉がついていますが、保険期間が延長するのではなく短くなります。また、死亡保険金額は、延長保険に切り替える前と同額で、付加している各特約は延長保険に切り替えた段階で消滅します。また、解約返戻金が少ない場合は変更できない場合もあります。

払済保険と延長保険の違いを見てみましょう。

  • 払済保険……保険期間は変わらないが、保険金額が下がる。
  • 延長保険……保険期間が短くなるが、保険金額は同じ。

少し煩わしいですが、どちらも以後の保険料の支払いはなくなりますので、保険料の支払いが負担に思っていた方にはありがたい制度だといえます。また、これまでの保険料が無駄にならずに有効に使えるという点ではどちらにもメリットがあるといえるでしょう。保険金額と保険期間、どちらを優先するかによって、選択方法が違ってきます。

4.積立金を活用して別の保険に切り替えてしまう「転換」

転換とは、今の保険契約を活用し、新たな保険に切り替えてしまう方法のことです。現在の保険契約の積立部分を下取りし、新たな保険契約の一部に充てるため、もとの契約は消滅します。

先ほどご説明した「減額」は保険契約の一部を解約することによって保険料の負担が軽減するのに対し、転換は現在の保険を下取りしてまったく新たな保険に切り替えます。

たとえば、

  • 転換した保険を主契約のみに充当する方法
  • 転換した保険を定期保険の特約のみに充当する方法
  • 転換した保険を主契約と定期保険特約のそれぞれに充当する方法

などがあります。

ですので、転換した保険を転換後にどの部分に充当するかによって以後の保険料に違いが出ます。また、転換方式は取り扱う生命保険会社によっても違いがあるのです。保険を転換する理由が保険料の負担を軽減するためだということを、生命保険会社にきちんと説明した上でおこなうようにしましょう。さらに、転換は払済保険や延長保険とは違い、転換後にも保険料の支払いが発生します。もし、保険料の負担を少しでも減らしたいなら、減額か払済保険、延長保険を検討しましょう。

5.契約者貸付制度を利用する

保険料の支払いが困難な場合は、契約者貸付を利用することで一時的ではありますが保険料の支払いの負担を軽減することができます。

契約者貸付とは、解約返還金の7~8割程度を上限に、一定範囲内で保険会社が契約者にお金を貸付する制度のことをいいます(詳しくはこちらでも解説しています)。

解約返戻金はご自身のお金ですが、保険を解約せずに保険会社から借りることになりますので、利息が発生してしまいます。利息の計算は保険会社ごとに違ってきますが、おおむね3%前後のところが多いようです。

契約者貸付制度を利用して借りたお金の返済は、保険期間内であればいつでも返済してもよいことになっており、返済の自由度が高めです。けれども、利息がつくことや、返済がない場合は保険が失効してしまう場合があることを考えると、なるべく早期に返済する方が賢明だといえます。

もし、保険期間内に返済できない場合は、満期保険金を受け取るときや死亡保険金を受け取るときに、返済されていない貸付分を差し引いて保険金が支給されます。

また、ここでご説明しているのは契約者貸付を利用して、保険料の支払いに充当する方法です。ですので、一時的に保険料を負担に感じている方に向いている方法だといえます。

6.まとめ

ライフスタイルの変化などによって、保険料の支払いが困難になっても保険を解約せずに継続する方法について解説してきました。

  • 減額、契約者貸付……現在の契約を生かしながら保障を続けられる
  • 払済保険、延長保険……保険料の支払いをストップして保障を続けられる
  • 解約……なんらかの事情で保障が不要になった、他の保険に切り替える場合

生命保険は、一度解約してしまうともとに戻すことはできません。また、新たに加入すると、年齢が上がって保険料が高くなってしまうことがあります。解約を検討する前に、今回ご説明してきた方法で継続できないかを検討してみましょう。生命保険は万一の事態に備える大切なものです。一時的に支払いが困難な場合、継続的に困難な場合によって対処方法が違ってきますので、ご自身が納得できる方法を選ぶことが大切です。

検索してお金の悩みは解決しましたか?

・自分にピッタリの生命保険を選んで加入したい
・現在加入中の生命保険の内容で大丈夫か確認したい
・保険料を節約したい
・どんな生命保険に加入すればいいのか分からない

生命保険や資産運用についてお悩みなら、ぜひ無料相談をご利用ください。
ネットで検索するよりも簡単でサっと解決!お客様にとっておトクになるアドバイスを提供します。

無料相談はこちらから

お名前必須

ご住所必須

お電話番号必須

メールアドレス必須

ご希望の連絡方法必須
メール電話

ご希望の相談方法必須
対面(弊社オフィス)対面(お客様ご希望の場所)* ご希望に添えない場合があります電話ウェブ会議(Skypeなど)

性別必須
男性女性無回答

年齢必須

職業必須

現在や将来のお金のことで気になるものは?(複数選択可)必須
老後の備えについて病気やケガの備え方教育資金を賢く貯める方法住宅ローンなど大きくかかる固定費の見直しについて保険料を節約する方法今の保険が自分にあっているかどうか様々な貯蓄方法資産運用全般について

既に加入している保険がわかる画像やPDFを添付任意

※簡易診断に利用致します

最新情報をチェックしよう!
>保険や資産運用の無料相談

保険や資産運用の無料相談

難しい保険や投資のお悩みを、ネットで検索するよりも簡単に解決!わかりやすく丁寧に、お客様にとっておトクになる最適なアドバイスをご提案します。 無料なので、お気軽にご相談ください(相談は対面・電話・ウェブでも可能です)