がん保険ってどういった種類があるの?自分に合ったがん保険探しを!

1.がん保険の種類「総合保障型」「診断一時金型」「治療給付金型」

がん保険は、医療保険と同じように「定期型」と「終身型」の2種類があります。定期型のがん保険は、満期までの一定期間を保障する保険で、先々の予想が立てられない場合に見直しができる保険です。

一方で終身型のがん保険は、一生涯を保障する保険のため、解約をしない限り保障は一生涯続きます。若いうちから将来に備えるための保険とも言えるでしょう。また、終身型のがん保険は更新がないので保険料が上がらないという特徴もあります。

がん保険の定期型と終身型の中にはさらに、保障内容によって分類わけされます。

  • 総合保障型
  • 診断一時金型
  • 治療給付金型
  • 収入保障型

総合保障型は、日帰り入院から死亡保障までをカバーしてくれるがん保険の種類です。

  • 手頃な掛金で保障してくれる
  • 年齢が上がっても掛金は増えない
  • 入院1日目から保障してくれる

といったメリットがあります。診断一時金型は、入院給付金や手術給付金などがなく、がんと診断された場合に保障してくれる保険です。

  • 入院や手術のときに出せるまとまったお金がない
  • がんになってもできるだけ入院せずに治したい
  • どんな治療を受けても費用面のリスクを広範囲でカバーしたい

上記に当てはまる方に向けのがん保険になっています。治療給付金型は、がん診断給付金の支払い後1年が経ったときに、がん治療で入院した場合に保障してくれる保険です。入院時にまとまったお金は出せるものの、リスク保障をしておきたい方向けのがん保険と言えます。

収入保障型は、がんにかかり、仕事ができずに収入が減ってしまうリスクを保障する保険です(収入保障保険について)。毎月、年金の形で保険期間が満了するまで保険金を給付してくれます。がんになって働けなく、収入が減るのが心配な方向けの保険です。

そのほかにも、保険会社によってさまざまな種類や保険同士を組み合わせたものもあります。ここで紹介した保険は、保険のオーソドックスな分類だと思っていただければと思います。

また、がん保険を選ぶ際に知っておきたいのが、現在のがん保険は「古いタイプ」と「新しいタイプ」の2種類があることです。古いタイプのがん保険は、例えば以下のようなものが当てはまります。

  • がん診断給付金:がんと診断された際に100万円〜のまとまった給付あり
  • 手術給付金:特定の手術を受けるたびに10万円〜の給付あり
  • 入院給付金:入院すると1日当たり1万円〜の給付あり

上記に加えて、

  • 死亡保険金
  • 抗がん剤治療給付金
  • 外来治療給付金

などのオプションを選びます。

充実した内容ではありますが、がんの最新の治療方法には対応していないといったデメリットがあります。一方、新しいタイプのがん保険は、例えば以下のようなものが当てはまります。

  • がん診断給付金:がんと診断された際に100万円〜のまとまった給付あり
  • 抗がん剤治療給付金:抗がん剤治療を受けた月は、回数を問わず毎月10万円〜の給付あり
  • 放射線治療給付金:放射線治療を受けた月は、回数を問わず毎月10万円〜の給付あり

現在のがん治療では、手術よりも抗がん剤治療など化学療法を受ける人が多いため、これから加入するのであれば、新しいタイプのがん保険に加入するのがおすすめとされています。

2.高齢期で受けられるがん治療には限界があることに注意が必要です

がんは、60歳以降になると発症リスクが高くなると言われています。そのため、老後の蓄えが不安な方はがん保険があった方が安心できます。しかし、高齢期でのがん治療にはさまざまなリスクが生じるため、必ずしも治療できるとは限りません。

がん治療で高齢期とは何歳以上を指すのか、明確な定義はありませんが、健康保険では65歳以上~75歳未満を「前期高齢者」、75歳以上を「後期高齢者」としています。

一般的に70歳台前半であれば、標準的な治療に十分耐えられると言われています。しかし、高齢者は実年齢ではなく、身体の状態が治療に耐えられるかという判断が大切になります。

年齢が若くても、さまざまな病気を患っていれば慎重な対応が必要であり、逆に高齢者であっても、身体の状態が良ければ負担の大きな治療を受けることが可能です。

また、高齢者の治療が難しい点として、治療をする危険の中で得られる余命が、元々の寿命と比べて利益が見込めるか否かの判断があります。治療に伴う副作用や合併症、後遺症から回復できるか、治療によって寝たきりの状態になる可能性はどの程度かなど不利な点が数多く挙げられます。

そのため、医師は身体の状態はもちろん、理解能力や精神状態などを参考に判断しています。

特に、手術の場合には、次のような内容が重視されるようです。

  • 自分の身の周りのことは自分でできるか
  • 同年齢の健康人と比べて同じように歩き、同じように階段を上れるか
  • 説明についての理解力が十分か

高齢期になってがん保険を考えている場合は、自分の身体の状態の良し悪しを確認してからにしましょう(参考:高齢者のがん治療

3.実際にかかった治療費そのものを補償してくれる損害保険タイプのがん保険も

生命保険会社の保険では、特定の治療を保障する内容が増えてきており、特約の種類が豊富にあります。また、「1回の入院で○日まで」「入院後の○日以内の治療」など、給付条件が細かく設定されているのも特徴です。

一方、がん保険の中には、実際にかかった治療費そのものを補償してくれる「実損補填型」の保険も存在します。実損補填型は、健康保険の自己負担の医療費や家族の介添え費用などを補償する保険です。

損害保険系の保険会社に多いがん保険で、公的医療保険の範囲を超えている自由診療の費用も補償する保険もあります。自由診療の場合は、医療費が高額になるケースがあるので、まとまった費用がなくても安心できます。お金がかかっても、最新の治療方法を使っても治したい、医療費だけでなく治療に関わる諸経費の自己負担も減らしたい方向けと言えるでしょう。

ここまで、生保系のがん保険と、損保系のがん保険についてご紹介しましたが、結局どちらがいいのかは人それぞれです。

簡単にそれぞれの保険をまとめると以下のようになります。

  生保系 損保系
支払い定額払い 一部実損払い
特徴・特定の治療を保障
・終身型が多く、保険料が上がらない
・自由診療でかかった費用も全額補償
・更新のたびに保険料が上がる

また、あなたの年齢がまだ若いのであれば、複数の保険に加入するのもありです。複数の保険に加入する理由は以下の3つです。

  • 若い人は保険料が比較的安い
  • 貯金が少ないのであれば、大きな保障が必要になる
  • 小さな子供がいるのであれば、大きな保障が必要になる

がん保険は、年齢が若いうちに加入をすると、2つの保険に加入しても毎月の保険料は2,000~3,000円台で収まることがほとんどです。

そして、まとまったお金がなく、いざという時にお金が払えない人こそ保険は必要です。子供など自分以外の人にリスクが及ぶことも考える必要があります。ぜひ、がん保険を考える際は、自身の状態や貯金、家族関係などを見直してください。

4.まとめ

がん保険の種類や高齢期で受けられるがん治療についてご紹介しました。がん保険には、定期型と終身型の2種類があり、さらにそこから保障内容によって細かく分類わけがされています。

損害保険タイプのがん保険もあり、がん治療でかかったお金がそのまま戻ってくる補償もあります。また、がん保険には新しいタイプと古いタイプがあり、これから加入するのであれば新しいタイプがおすすめされています。どのタイプ、種類の保険良いかは人それぞれです。この記事を参考に、あなたにあった保険を選んでみてください。

検索してお金の悩みは解決しましたか?

・自分にピッタリの生命保険を選んで加入したい
・現在加入中の生命保険の内容で大丈夫か確認したい
・保険料を節約したい
・どんな生命保険に加入すればいいのか分からない

生命保険や資産運用についてお悩みなら、ぜひ無料相談をご利用ください。
ネットで検索するよりも簡単でサっと解決!お客様にとっておトクになるアドバイスを提供します。

無料相談はこちらから

お名前必須

ご住所必須

お電話番号必須

メールアドレス必須

ご希望の連絡方法必須
メール電話

ご希望の相談方法必須
対面(弊社オフィス)対面(お客様ご希望の場所)* ご希望に添えない場合があります電話ウェブ会議(Skypeなど)

性別必須
男性女性無回答

年齢必須

職業必須

現在や将来のお金のことで気になるものは?(複数選択可)必須
老後の備えについて病気やケガの備え方教育資金を賢く貯める方法住宅ローンなど大きくかかる固定費の見直しについて保険料を節約する方法今の保険が自分にあっているかどうか様々な貯蓄方法資産運用全般について

既に加入している保険がわかる画像やPDFを添付任意

※簡易診断に利用致します

最新情報をチェックしよう!
>保険や資産運用の無料相談

保険や資産運用の無料相談

難しい保険や投資のお悩みを、ネットで検索するよりも簡単に解決!わかりやすく丁寧に、お客様にとっておトクになる最適なアドバイスをご提案します。 無料なので、お気軽にご相談ください(相談は対面・電話・ウェブでも可能です)