【生命保険でお得に】還付金型の医療保険は本当にお得なのか?メリット・デメリットをしっかりと理解しよう!

1.還付金型の医療保険と掛け捨て型の医療保険の違い

医療保険には「還付金(積立)型」と「掛け捨て型」の2種類があります。還付金型は、保険の満期や更新、中途解約時に、「満期保険金」や「健康還付金」という形で支払った保険料の全額を受け取れる、または保険加入後にある一定の期間ごとにお金を受け取れるタイプの保険です。

所定の年齢になった場合は保険金が全額戻ってきますが、途中で解約した場合は戻ってくるお金が減ってしまいます。

そのため例外を除いて、支払った保険料よりも受け取る金額が上回ることはほとんどありません。一方、掛け捨て型は、病気やケガなどいざというときに保障を受け取れ、還付金型に比べて保険料が安い代わりに、満期や更新、中途解約時に払った保険料が戻ってこないタイプの保険です。

簡単に、還付金型と掛け捨て型の医療保険のメリット・デメリットをまとめると、以下のようになります。

還付金型は、保険料が返ってくるため保険料が無駄にならないのがメリットです。また、還付金型は、変額や外貨建ての保険でなければ「貯蓄」として活用もできます。というのも、保険料の支払い額がわかっており、いつ、いくらの保険金が戻ってくるかの目安がわかります。ですので、将来的に戻ってくる保険金を一種の貯蓄と考えられるわけです。

一方で、掛け捨て型の保険と比べて毎月の保険料が高めであったり、中途解約すると損になる、保険の商品数が限られているといったデメリットがあります。

医療保険は、圧倒的に掛け捨て型が多く、還付金型はどうしてもバリエーションが少ないです。保障内容を比較して選びたい方にはあまりおすすめできないでしょう。掛け捨て型のメリットは、毎月の保険料が還付金型に比べて安いことと、保険プランの見直しがしやすいことです。掛け捨て型は、中途で解約してもとくに無駄がないため、よりよい条件の保険商品が出た場合に切り替えが容易に行えます。将来的に保険内容を見直し、変更する予定の方は掛け捨て型の保険がよいと言えそうです。

デメリットをあげると、病気やケガがないと保険料が無駄になるといった点があります。病気やケガをしないに越したことはありませんが、保険金を受け取れるのは病気やケガをしている場合だけになるので注意が必要です。

2.還付金型の医療保険はどれくらい保険料が高いのか?

掛け捨て型に比べて、還付金型の医療保険はどのくらい高いのでしょうか。

保険会社やオプションの有無によって変動しますが、掛け捨て型に比べて還付金型の医療保険は約2倍の値段になります。

保険料にこれだけの差がでる理由は、還付金としてお金を貯めるためです。

例えば、30歳の男性が、入院日額5,000円、手術1回50,000円、そのほか特約をつけた医療保険に加入する場合、掛け捨て型であれば毎月1,500円であるのに対して、還付金型は毎月3,000円になる、といった感じになります。

この保険を80歳まで支払い続けた場合の総額は、以下になります。

  • 掛け捨て型:900,000円(1,500円×12ヶ月×50年)
  • 還付金型:1,800,000円(3,000円×12ヶ月×50年)

ただし、還付金型は年齢によって還付金が返ってきます。70歳で還付金があると、1,440,000円が戻ってくる計算になります。よって、還付金分を差し引いた保険料の支払い合計は、360,000円(1,800,000円-1,440,000円)です。

こうしてみると、保険の種類によって支払い額が大きく変わってくることがわかると思います。

3.保険料をいつまで支払っていくのかをしっかりと考えましょう

医療保険を決める際には、保険料をいつまで支払っていくのかを考える必要があります。医療保険の種類を期間で分けると、「定期型」と「終身型」の2種類があります。定期型は、10年や20年など、一定の期間で契約が更新されて、決められた期間に契約が終了するタイプの医療保険です。

保険料は更新するまでは一定になっています。決められた契約期間のうちに、保険料を掛け捨てで支払うため保険料がお手頃なのが特徴です。また、掛け捨て型のため、必要に応じて医療保険の乗り換えや切り替えがしやすいといったメリットがあります。

一方で、契約の更新をする際に、年齢に応じて保険料が上がるデメリットもあります。また、定期型は契約を更新しないと保障が得られなくなるため注意が必要です。「終身型」は、一生涯を保障するタイプの医療保険です。保険料はずっと一定になっており、満期はありません。還付金型の医療保険は、基本的に終身型になっているため、掛け捨て型に比べて保険料が高くなりがちといった特徴があります。定期型の保険は、保険料を支払う期間が短いため、終身型よりも支払い総額は少なくなることが多いです。

また、平均寿命を基準にして保険料の計算をした場合、定期型の方が支払う保険料の総額が安いことが多いといった結果も出ています。

定期型は、保険料の支払いを終えた後でも保障は残っているため、保険の契約内容によっては経済的に余裕のない老後でも、保険料なしで保障だけは保てるという安心があります。ただし、終身型と比べて保険料は割高になるため、支払いが終わるまで問題なく支払えるかどうかは検討する必要があります。

一方、終身型は定期型に比べて、毎月の保険料の負担は軽くなっています。ただし、終身型は亡くなるまで一生涯に渡り保険料の支払いが続くため、あなたが長生きした場合はその分支払い総額が増えることになります。

また、あなたがまだ若く、問題なく仕事をしているうちはよいですが、老後に差し掛かったときに、若いときと同じように保険料を払い続ける必要があります。

老後になっても保険料を支払えるのか、というところまでしっかり考えることが重要でしょう。

終身型か定期型かを選ぶ上でのポイントは、

  • 加入する医療保険を一生涯続けるのか
  • 将来的に見直しをすることはあるのか

の2点になります。

医療保険を一生涯続けていくのであれば、保険料の支払い総額が少なくなる可能性が高い定期型を選んだほうがよいと言えます。

逆に、将来的に見直しを考えている場合は、毎月の保険料の支払い負担が少ない終身型にするのがよいでしょう。

4.まとめ

還付金型の医療保険と掛け捨て型の医療保険の違いや、選び方についてご紹介しました。還付金型は、病気やケガがなくても保険料が無駄になりづらく、毎月の支払額は高めです。掛け捨て型は、保険料が戻ってくることはありませんが、毎月の支払額は低く、保険のプランが見直しやすいです。還付金型、掛け捨て型のどちらにもメリット・デメリットはあり、その良し悪しは人それぞれです。

ただし、安い保険料を保ちながら、老後も医療保険の契約が続けられる掛け捨て型の方が使いやすく安定していると言えます。これから老後にかけて、病気にかかるリスクや環境など大きく変わることが想定されます。その時、還付金型のように中途解約をすると損をする可能性のある医療保険は、扱いにくいでしょう。

今はまだない、新しい医療保険に出会える可能性もあることを想定して、医療保険の加入を考えるといいです。 ぜひこの記事を参考に、あなたにあった保険を見つけてくださいね。

検索してお金の悩みは解決しましたか?

・自分にピッタリの生命保険を選んで加入したい
・現在加入中の生命保険の内容で大丈夫か確認したい
・保険料を節約したい
・どんな生命保険に加入すればいいのか分からない

生命保険や資産運用についてお悩みなら、ぜひ無料相談をご利用ください。
ネットで検索するよりも簡単でサっと解決!お客様にとっておトクになるアドバイスを提供します。

無料相談はこちらから

お名前必須

ご住所必須

お電話番号必須

メールアドレス必須

ご希望の連絡方法必須
メール電話

ご希望の相談方法必須
対面(弊社オフィス)対面(お客様ご希望の場所)* ご希望に添えない場合があります電話ウェブ会議(Skypeなど)

性別必須
男性女性無回答

年齢必須

職業必須

現在や将来のお金のことで気になるものは?(複数選択可)必須
老後の備えについて病気やケガの備え方教育資金を賢く貯める方法住宅ローンなど大きくかかる固定費の見直しについて保険料を節約する方法今の保険が自分にあっているかどうか様々な貯蓄方法資産運用全般について

既に加入している保険がわかる画像やPDFを添付任意

※簡易診断に利用致します

最新情報をチェックしよう!
>保険や資産運用の無料相談

保険や資産運用の無料相談

難しい保険や投資のお悩みを、ネットで検索するよりも簡単に解決!わかりやすく丁寧に、お客様にとっておトクになる最適なアドバイスをご提案します。 無料なので、お気軽にご相談ください(相談は対面・電話・ウェブでも可能です)