【生命保険をお得に】持病があっても入れる保険ってデメリットはないの?

1.生命保険は健康状態によっては加入が断られるケースがある

「将来、大きな病気やケガにかかるかもしれない」と思い、生命保険への加入を考えている方もいるでしょう。いざというときのリスク対策で重要な生命保険ですが、実は誰でも加入できるというわけではありません。

生命保険に加入する場合に、多くの保険会社は保険加入対象者の審査を行い、その保険を引き受けるかどうかを判断しています。

審査の内容は、

  • 保険金額
  • 被保険者の年齢
  • 健康状態

などで異なっており、健康状態の告知や医師による診査が必要な場合もあります。そして、審査の結果によっては契約したい保険に加入できない場合もあり、誰でも加入できるわけではない点に注意が必要です。

よって、過去に入院をしたことがある、持病があるといった健康上の理由で、生命保険への加入を諦めている方もいるでしょう。持病や入院歴があると生命保険には加入できないと思う方が多いですが、近年の生命保険会社の審査は、以前よりも緩和傾向にあります。

そのため、健康状態や病気によっては生命保険に加入できます。ここでは、持病があっても入れる「引受基準緩和型医療保険」について説明していきます。

2.持病があっても入れる保険「引受基準緩和型保険」の仕組みについて

引受基準緩和型医療保険は、持病があっても加入できる医療保険のことです。引受基準緩和型医療保険という呼び方のほかに、「限定告知型」と呼ばれることもあります。通常の医療保険とは異なり、以下のような特徴があります。

  • 保険料が通常の医療保険よりも割高
  • 1年以内は保障が半額である
  • 通常の医療保険よりも告知項目が少ない

まず、引受基準緩和型医療保険は、通常の医療保険よりも保険料が割高です。

持病がある人が医療保険に加入できるように、引受基準緩和型医療保険を取り扱う保険会社は、保険契約を引き受ける際の審査基準を緩く設定しています。そのため、持病がある人であっても比較的審査が通りやすいです。

しかし、引受基準緩和型医療保険を扱う場合、保険会社は通常の医療保険よりも給付金を支払う機会が増えます。そうなると、通常の医療保険の加入者と、引受基準緩和型医療保険の加入者を加味した、公平な経営をしていくことが必要です。そのため、持病があっても加入できる引受基準緩和型医療保険は、通常の医療保険よりも必然的に保険料が割高になります。

次に、引受基準緩和型医療保険は、1年以内は保障が半額になります。

保険会社からすると、持病がある人や健康状態に心配のある人が加入するのは、加入してすぐに何十万円、何百万円の給付金を請求される可能性があります。そうなると、保険が成り立たなくなってしまうため保険会社にとってはリスキーです。当然、支払う理由が出た場合には給付金を支払いますが、リスクのある契約を極力避けるためにも、加入後1年間は保障額を半額にしています。

最後に、引受基準緩和型医療保険は、通常の医療保険よりも告知項目が少ないです。

持病がある人や健康状態に心配のある人は、多くの告知をしなければならず負担がかかります。また、保険契約の引き受け会社も多くの告知内容を確認するのは大変です。告知内容を少なくすることで、申し込みまでの負担が減り、保険会社が必要以上の個人情報を得ることもなくなるというメリットがあります。

3.引受基準緩和型保険のデメリットはどういったものがあるのか?

引受基準緩和型保険は、持病の悪化や過去の病気の再発も基本的に保障される、告知項目が少ないといったメリットがあります。一方で、引受基準緩和型保険のデメリットには以下の4つがあります。

  • 保険料が通常の医療保険よりも割高
  • 1年以内は保障が半額
  • 審査で細かな事情が考慮されない
  • 付加できる特約が限られている

まず、引受基準緩和型保険は、通常の医療保険よりも保険料が割高です。引受基準緩和型保険の最大のデメリットといっても過言ではないでしょう。具体的には、通常の医療保険に比べて1.5倍〜2倍ほどの保険料になることが一般的です。保険料は、引受基準緩和型保険に加入するかどうかを考えるうえで、一番ネックになるポイントです。

次に、引受基準緩和型保険の仕組みで説明したように、1年以内は保障が半額になります。持病や過去の健康状態に全く関係のない病気でもケガでも、保障が半分になってしまうので注意が必要です。ただし、最近の引受基準緩和型保険では1年以内であっても全額保障される保険も出てきています。自分が契約を考えている保険は、どのタイプなのかをしっかり確認しておきましょう。

また、引受基準緩和型保険の告知項目は数が限られているため、診査で細かな事情が考慮されないといったデメリットもあります。実際に、告知項目はかなり限られたものとなっています。具体的な告知項目の違いは、以下のような感じになります。あくまで一例ですので、保険会社によって項目数は変わってきます。

引受基準緩和型保険の告知項目では、健康診断の結果は問われません。告知項目が少なく易しい内容になっているのがわかります。

最後に、引受基準緩和型保険は、付加できる特約が限られています。一般の医療保険では、付加できる特約に以下のようなものがあげられます。

  • 通院特約
  • 死亡・高度障害時の特約
  • 先進医療特約

引受基準緩和型保険では、先進医療特約は付加できますが、それ以外の特約は少ないです。がんや三大疾病の一時金特約を付けられる特約も少なくなっています。さまざまな病気のカバーをしたい方には、この特約のバリエーションの少なさはネックになるでしょう。また、デメリットの最初でも説明したように、特約の保険料も通常の医療保険に比べて割高になります。

そのため、がん保険特約を検討する際は、一般のがん保険を検討してみるといいでしょう。とくにがん保険は、医療保険は引受基準緩和型しか加入できなくても、がんのリスクが少ない持病であれば問題なく加入可能です。

「持病があるから一般の医療保険は無理か」と諦めてしまう前に、自分はどの保険なら加入できて、どの組み合わせが最適なのかをしっかり考えましょう。

4.まとめ

生命保険の加入可否、引受基準緩和型医療保険の仕組みやメリット・デメリットについてご紹介しました。持病や健康状態に不安のある方は、一般の医療保険には加入できない可能性があります。

しかし、持病や健康状態に心配のある方でも引受基準緩和型保険であれば、比較的スムーズに加入することが可能です。ただし、一般の医療保険よりも割高だったり、1年以内は保障が半額になるなどデメリットもあります。

ぜひこの記事を参考に、引受基準緩和型医療保険に加入するかどうか検討してみてください。

検索してお金の悩みは解決しましたか?

・自分にピッタリの生命保険を選んで加入したい
・現在加入中の生命保険の内容で大丈夫か確認したい
・保険料を節約したい
・どんな生命保険に加入すればいいのか分からない

生命保険や資産運用についてお悩みなら、ぜひ無料相談をご利用ください。
ネットで検索するよりも簡単でサっと解決!お客様にとっておトクになるアドバイスを提供します。

無料相談はこちらから

お名前必須

ご住所必須

お電話番号必須

メールアドレス必須

ご希望の連絡方法必須
メール電話

ご希望の相談方法必須
対面(弊社オフィス)対面(お客様ご希望の場所)* ご希望に添えない場合があります電話ウェブ会議(Skypeなど)

性別必須
男性女性無回答

年齢必須

職業必須

現在や将来のお金のことで気になるものは?(複数選択可)必須
老後の備えについて病気やケガの備え方教育資金を賢く貯める方法住宅ローンなど大きくかかる固定費の見直しについて保険料を節約する方法今の保険が自分にあっているかどうか様々な貯蓄方法資産運用全般について

既に加入している保険がわかる画像やPDFを添付任意

※簡易診断に利用致します

最新情報をチェックしよう!
>保険や資産運用の無料相談

保険や資産運用の無料相談

難しい保険や投資のお悩みを、ネットで検索するよりも簡単に解決!わかりやすく丁寧に、お客様にとっておトクになる最適なアドバイスをご提案します。 無料なので、お気軽にご相談ください(相談は対面・電話・ウェブでも可能です)