【生命保険でお得に】投資運用をしながら保険金・解約返戻金を増やすことを目的とした変額保険の仕組み

1.変額保険の仕組みとは?特別勘定による運用

保険には、変額保険と呼ばれる種類の保険があります。 定額保険は契約時に将来受け取る保険金の金額が決まっている保険のことですが、変額保険とは、運用実績によって将来受け取る保険金や解約返戻金の金額が変動する保険を指します。一般的に保険と言えば、定額保険をイメージする方が多いでしょう。しかし最近は老後の資金の準備など資産運用の目的で変額保険を選ぶ人が増えています。

変額保険は、保険料の一部を特別勘定によって運用します。そのため運用実績によっては、支払った保険料よりも多くの保険金や解約返戻金を受け取れる可能性がある一方で、運用実績によっては、受け取る保険金や解約返戻金が目減りしてしまうリスクがあります。ただし、保険であることは代わりないため、運用実績が悪くても最低限受け取ることができる保険金の額が決まっており、万が一の時に備えることが可能です。

変額保険は定額保険と違い、金利の変動やインフレリスクに備えることができます。定額保険の場合、契約時にあらかじめ予定利率が決まっています。そのためもし契約してから10年、20年後に市場の金利が上がったとしても、定額型の場合は市場の影響を受けないため予定利率は変わりません。そのため金利の変動に備えることができず、保険金が実質目減りしてしまうようなこともありえます。

また、 定額保険は保険金の金額が決まっています ので、もし物価が上昇しインフレになったら、結果的に保障が目減りしてしまうことになます。

他方、変額保険の場合、保険料の一部は特別勘定によって、株や債券に投資され運用されます。そのため、運用実績によっては保険金や解約返戻金が増えていくチャンスがあり、金利の変動やインフレリスクに備えることもできる側面があります。

変額保険には、終身型、有期型、年金型の3つの種類があります。終身型は死亡保障が一生涯続きます。また、保険を解約しない限り解約返戻金は運用実績によって変動します。

有期型は、保険期間内に被保険者が死亡した場合は死亡保険金を、満期日までに被保険者が生存して場合は満期保険金を受け取ることができます。死亡保障は運用実績に関わらず最低保障額が決まっており、また、満期保険金は運用実績によって金額が変動します。それゆえ、せっかくお金を増やす目的で保険に加入したとしても、場合によって元本割れしてしまうリスクがあります。

年金型は有期保険と仕組みは同じです。ただし満期保険金を年金の形で受け取ることができます。

2.特別勘定とは投資信託による運用?

保険会社は契約者から預かった保険料を、特別勘定と一般勘定に分けて管理します。一般勘定で管理された保険料の運用先は、主に国債を中心としたローリスクな商品です。一般的に定額保険の保険料と変額保険の保険料の一部は一般勘定で管理し、一般勘定での運用の実績が悪い場合は、その責任は生命保険会社が負います。

特別勘定で管理された保険料は株式や債権など国債に比べてリスクの高い商品で運用されます。具体的には、国内株式型、外国株式型、外国債券型、不動産などです。投資信託と運用先が似ているため、特別勘定へ保険料の一部が管理される変額保険は投資信託と似た特徴があります。特別勘定での運用の実績はそのまま変額保険の保険金や解約返戻金に反映されます。

特別勘定での運用の結果は契約者が負うことになるため、契約時に運用先を自分で決めることになります。また、長期間運用することになるため、途中で運用先を変更することが可能です。

このように、自分で投資先を決める点や、運用によるリスクを契約者が負う点など、投資信託と似た特徴を持っているため混合されやすい部分もあります。しかし、変額保険と投資信託はそもそも目的が異なります。変額保険はあくまでも保険の一種です。そのため1番の目的は「万が一」の時に備えることです。そのため、支払った保険料の全額が運用に回される訳ではありません。投資信託に比べると運用効率は低いと言えます。一方で投資信託の目的は投資ですので、変額保険のような保障はありません。このように変額保険と投資信託では目的が異なります。

また変額保険の場合は、生命保険の一種のため、保険金は相続税の非課税枠の対象となり、投資信託に比べて相続税対策になることからも、万が一の時に備える手段として、投資信託よりも向いています。

3.様々な費用とリスクについてしっかりと理解する

変額保険で契約者が負担する主な費用は、保険契約関係費、資産運用関係費、解約控除の3つがあります。保険契約関係費は、契約時にかかる諸経費、契約を維持するために必要な経費で、変額保険だけでなく他の保険でも必要な費用です。資産運用関係費は特別勘定の運用のかかる費用です。そのため特別勘定で保険料を管理しない定額保険の場合資産運用関係費は発生しません。また、解約控除は契約日から一定期間内に解約した時に積立金から控除されるため、解約時にのみ発生します。このように変額保険は定額保険に比べると、費用が多くかかってしまいます。

次に定額保険にはない、変額保険のリスクを確認しましょう。変額保険の1番のリスクは、運用成績によって元本割れしてしまう可能性があることです。そのリスクを少しでも避けたいなら、分散投資をするといいでしょう。

分散投資とは、投資先を複数に分けることで、リスクを最小限に抑える方法です。分散投資は10年、20年と長期間運用すれば、安定的に利益を確保し、資産の目減りを減らす確率が高くなる投資手法であるため、変額保険に向いています。変額保険では運用先が複数用意されているため、運用先を一箇所に絞るのではなく、複数に分けて行うといいでしょう。また運用先を途中で変更できるため、世界情勢や市場の動向に合わせて調整することで、投資によるリスクをコントロールすることができます。変額保険は特別勘定の運用実績が自己責任になるため、ある程度投資に関する知識が必要です。また運用実績が良くても、途中解約をしてしまうことによって元本割れしてしまうリスクがあります。

このように変額保険には定額保険にはない必要ない費用や、リスクが存在します。そのため投資の知識がある人や、長期間保険料を払い続けることができる人。他にはある程度のリスクを負っても支障がない人や、万が一に備えながらインフレリスクに備えたいと考える人に向いている保険です。

4.まとめ

変額保険は自分で投資運用をしながら、将来受け取ることができる保険金や解約返戻金を増やすことができる保険です。投資信託と同じように自分のリスクの許容範囲に合わせて、運用先を選ぶ必要があります。そのため変額保険を契約する場合はある程度、投資に関する知識が必要です。ぜひこの機会に投資への始めの一歩として、変額保険への加入を検討してみてはいかがでしょうか?

検索してお金の悩みは解決しましたか?

・自分にピッタリの生命保険を選んで加入したい
・現在加入中の生命保険の内容で大丈夫か確認したい
・保険料を節約したい
・どんな生命保険に加入すればいいのか分からない

生命保険や資産運用についてお悩みなら、ぜひ無料相談をご利用ください。
ネットで検索するよりも簡単でサっと解決!お客様にとっておトクになるアドバイスを提供します。

無料相談はこちらから

お名前必須

ご住所必須

お電話番号必須

メールアドレス必須

ご希望の連絡方法必須
メール電話

ご希望の相談方法必須
対面(弊社オフィス)対面(お客様ご希望の場所)* ご希望に添えない場合があります電話ウェブ会議(Skypeなど)

性別必須
男性女性無回答

年齢必須

職業必須

現在や将来のお金のことで気になるものは?(複数選択可)必須
老後の備えについて病気やケガの備え方教育資金を賢く貯める方法住宅ローンなど大きくかかる固定費の見直しについて保険料を節約する方法今の保険が自分にあっているかどうか様々な貯蓄方法資産運用全般について

既に加入している保険がわかる画像やPDFを添付任意

※簡易診断に利用致します

最新情報をチェックしよう!
>保険や資産運用の無料相談

保険や資産運用の無料相談

難しい保険や投資のお悩みを、ネットで検索するよりも簡単に解決!わかりやすく丁寧に、お客様にとっておトクになる最適なアドバイスをご提案します。 無料なので、お気軽にご相談ください(相談は対面・電話・ウェブでも可能です)