【生命保険でお得に】企業にお勤めの方が読むコラム

1.通勤途中・就業中にけがをしたら(労災保険)

会社に勤めている方が、会社への通勤途中や就業中に負傷したり、障害、死亡といったことが起きてしまったりしたら、どうなるのでしょうか?

実は、就業に関する事故やケガなどに対しては、労災保険が適用されます。労災保険は、迅速かつ公正な保護をするために給付を行う保険です。労働者の社会復帰の促進、労働者および遺族の援護、安全と衛生の確保などを図っており、労働者の福祉の増進が目的になっています。

労災保険の中身は以下のように細かく分かれています。

さらに、「保険給付等」の給付内容は以下のようになります。

2.病気やけがで会社を休んだら(傷病手当金)

病気やけがで会社を休んだ場合、以下の条件すべてを満たすことで、健康保険を使って傷病手当を受給できます。なお、健康保険を活用して傷病手当金を受給できるのは、健康保険に加入している対象者のみです。

・業務外の病気やけがで療養中
・療養のための労務不能
・4日以上仕事を休んでいる
・給与の支払いがない

まず、業務上や通勤途中での病気やけがは労災保険の給付対象になるので、業務外の病気やけがであることが前提です。次に、労務不能とは、今まで行ってきた仕事ができない状態を指します。労務不能かどうかは、医師の判断や保険対象者の業務内容などが考慮されて決まります。また、療養のために仕事を休んだ日から連続した3日間を除き、4日目からが傷病手当金の支給対象です。

最後に、給与の支払いがないことが条件になります。ただし、給与から一部が給付されているときは、傷病手当金から給与の給付分を差し引いた額が支給されます。

3.病気やけがで会社を休んだら(傷病手当)

雇用保険を使って傷病手当を受けるには、公共職業安定所へ行く必要があります。ただし、傷病手当支給申請書は本人以外の代理人による提出もしくは郵送でも問題ありません。

傷病手当は、求職の申し込み後に15日以上続けて病気またはけがのために職業に就けない場合に支給されます。傷病手当の日額は、基本手当の日額と同額です。また、14日以内の病気またはけがの場合は、基本手当が支給されます。

病気やけがが30日以上引き続いたために職業に就けない場合、受給資格者が申し出ることによって、基本手当の受給期間を最大4年間まで延長することも可能です。

受給期間延長後、その延長理由と同じ病気またはけがを理由として傷病手当受給を申請した場合、支給日数は受給期間の延長がないものとしたときの支給できる日数が限度になります。

4.実際に支給される金額は月給の何割程度か?毎月支給されるのか?

健康保険経由での傷病手当の場合、具体的な支給額は以下の計算式で求められます。

1日当たりの金額 = 【支給開始日の以前12ヵ月間の各標準報酬月額を平均した額】 ÷ 30日 × (2/3)

支給開始日とは、傷病手当が最初に支給された日のことです。また、支給開始日の以前の期間が12ヵ月に満たないときは、以下のいずれか低い額で計算します。

・支給開始日の属する月以前の継続した、各月の標準報酬月額の平均額
・標準報酬月額の平均額
・28万円:支給開始日が平成31年3月31日までの方
・30万円:支給開始日が平成31年4月1日以降の方

傷病手当金の申請期間の初日の属する月までの12ヵ月間に、勤務先の変更や定年再雇用などで被保険者証の番号が変更したとき、退職後に任意継続被保険者になったときは、別途添付書類の提出が必要です。

ただし、これは全国健康保険協会に加入していた場合に限ります。
(書類のDL:https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g6/cat620/r307#q2

また、傷病手当よりも少ない賃金が支払われていればその差額が支払われます。傷病手当の支給期間は、支給開始日から最も長い場合で1年6ヶ月です。一度復帰し、その後再発して再度休業した場合でも、傷病手当金が支給される期間は最初に支給を受けた日から1年6ヶ月までになります。傷病手当の支給には時間がかかり、申請をしてから2〜3ヶ月後ということも珍しくありません。

雇用保険を使って傷病手当を受け取る場合は、基本手当と同額です。基本手当の日額は、仕事を辞めた日以前の6ヶ月に毎月決まって支払われた給与の合計を、180で割った金額の約50~80%となります。給与の低い人ほど、高い率で計算されるのが特徴です。基本手当日額の上限金額は、「離職時の年齢の区分」で決められています。それぞれの区分による上限額は以下になります。

30 歳未満 6,710円
30 歳以上45歳未満 7,455円
45 歳以上60歳未満 8,205円
60 歳以上65歳未満 7,042円

病気やけがに夜傷病手当の支給期間は以下のようになります。

(※ 受給資格に係る離職日が平成29年3月31日以前の場合の日数)

ただし、雇用保険の資格を失ってから、もう一度雇用保険に加入するまでの期間が、一年を超える場合はそれ以前の期間、失業等給付を受けたことがある場合は、受給資格決定に係る離職の日以前の期間などになります。傷病手当の場合は、申請をしてから2〜3ヶ月後となる場合が多いようです。

5.保障でカバーできない分は、個人で準備が必要

傷病手当が支給されるのであれば、倹約生活を送る限りは家計が悪化する可能性も低いのではと思います。しかし、病気やけがで仕事を休んでいるため、医療費などが発生し、家計を圧迫する可能性があります。

傷病手当だけで生活費をまかなえない場合は、個人での準備が必要になります。そんなときは、傷病手当以外にも以下のような制度も利用可能です。

・高額療養費制度
・生活保護
・生活福祉資金貸付制度

高額療養費制度は、1か月あたりに支払った医療費が「自己負担限度額」といわれる一定の金額を超えた場合に、超過した分に関しては手続きをすることで後ほど払い戻しを受けられる制度です。一時的な負担はありますが、高額療養費制度を使えば後から負担額が返ってきます。これによって、生活費が足りないような状況も乗り切れるでしょう。
詳しくはこちらの記事もご覧ください:生命保険は必要!?万が一の時に経済的に困らない仕組み

生活保護は、生活保護基準のガイドラインで定められている「最低生活費」を下回っていれば誰でも利用できる制度です。傷病手当を受けていても利用可能になっています。

生活福祉資金貸付制度は、各自治体の社会福祉協議会が行っている制度です。収入面や、融資を受けて生活を立て直すのが現実的に可能かなど、さまざまな観点から審査を受け、通過すれば融資が受けられます。生活保護に比べると知名度は低い制度ですが、生活が困窮している場合には生活保護同様に頼れる制度になっています。

しっかりと社会の福祉システムを理解して、どうなると困るのか、どうなるとセーフティネットを使うことができるのか、正しく理解しておくとよいでしょう。

検索してお金の悩みは解決しましたか?

・自分にピッタリの生命保険を選んで加入したい
・現在加入中の生命保険の内容で大丈夫か確認したい
・保険料を節約したい
・どんな生命保険に加入すればいいのか分からない

生命保険や資産運用についてお悩みなら、ぜひ無料相談をご利用ください。
ネットで検索するよりも簡単でサっと解決!お客様にとっておトクになるアドバイスを提供します。

無料相談はこちらから

お名前必須

ご住所必須

お電話番号必須

メールアドレス必須

ご希望の連絡方法必須
メール電話

ご希望の相談方法必須
対面(弊社オフィス)対面(お客様ご希望の場所)* ご希望に添えない場合があります電話ウェブ会議(Skypeなど)

性別必須
男性女性無回答

年齢必須

職業必須

現在や将来のお金のことで気になるものは?(複数選択可)必須
老後の備えについて病気やケガの備え方教育資金を賢く貯める方法住宅ローンなど大きくかかる固定費の見直しについて保険料を節約する方法今の保険が自分にあっているかどうか様々な貯蓄方法資産運用全般について

既に加入している保険がわかる画像やPDFを添付任意

※簡易診断に利用致します

最新情報をチェックしよう!
>保険や資産運用の無料相談

保険や資産運用の無料相談

難しい保険や投資のお悩みを、ネットで検索するよりも簡単に解決!わかりやすく丁寧に、お客様にとっておトクになる最適なアドバイスをご提案します。 無料なので、お気軽にご相談ください(相談は対面・電話・ウェブでも可能です)