【生命保険の税金を知る】生命保険と相続税の関係

所得税についてはこちら:【生命保険の税金を知る】生命保険と所得税の関係
贈与税についてはこちら:【生命保険の税金を知る】生命保険と贈与税の関係

相続税の対象となる保険金とは

生命保険の保険金の受け取りにかかる税金は、生命保険の被保険者、負担者、受取人の関係性によって、所得税、相続税、贈与税と変わってきます。ここでは、相続税について詳しくご紹介します。

相続税の対象になる生命保険金は、被保険者と保険料の負担者が同じ場合になります。受取人が被保険者の相続人である場合は、相続によって保険金を受け取ったと扱われるんです。

一方、相続人以外の人が保険金を受け取った場合は、遺贈の扱いで受け取ったと判断されます。死亡保険金を年金として受け取る場合は、公的年金以外の年金などに関連する所得税について知っておくといいでしょう。

年金が支給される初年は、所得税は全額非課税になります。2年目以降は、課税部分が段階的に増加する計算方法で算出されます。死亡保険金年金を受け取る際には、原則として所得税が源泉徴収されるので確認しておきましょう。

相続税の関係を表にすると以下の通りです。

被保険者 保険料の負担者 保険金受取人 税金の種類
相続税

税制上の特典「死亡保険金の非課税」とは

500万円 × 法定相続人の人数

被相続人が亡くなったことによって受け取った生命保険金や損害保険金の場合、保険料の全部もしくは一部を被相続人が支払っていたものは、相続税の課税対象になります。

死亡保険金受け取る人が相続人のとき、すべての相続人が受け取った保険金の総額が非課税限度額を超えると、その超過分が相続税の課税対象です。なお、相続権を失った人や相続を放棄した人は、相続人には含まれません。

非課税限度額は、以下の計算式で求められます。

500万円 × 法定相続人の数 = 非課税限度額

例えば、被保険者であった父が死亡し、保険金受取人の母(子ども3人)が保険金を受け取った場合、非課税金額は、

500万円 × 4人(母+子ども3人) = 2,000万円

です。

死亡保険金が5,000万円であった場合、相続税の課税対象は、

5,000万−2,000万円=3,000万円

となります。

非課税金額の求め方がわかったところで、相続税額の計算方法もご紹介します。相続税額の計算は以下の4ステップで可能です。

  • 課税価格を計算する
  • 課税遺産総額を計算する
  • 相続税の総額を計算する
  • 各人が納付すべき相続税額を計算する

まず、課税価格を計算していきます。

(単位:万円) 子ども 子ども 子ども 総額
相続財産 14,000 2,000 2,000 2,000 20,000
死亡保険金
非課税金額
5,000
−2,000
      3,000
債務控除
葬式費用
−300
−200
      −500
課税価格 16,500 2,000 2,000 2,000 22,500

債務控除とは、借入金元利、地代家賃の滞納分、住宅ローンの残額などが当てはまります。また、納税の義務が決まっている未納分の住民税も債務として控除可能です。債務控除は、被相続人に返済しなくてはいけないものがあれば、遺産の総額から差し引かれます。葬式費用は、お通夜と告別式にかかった費用で、遺産相続人が負担した分を総額から控除可能です。

次に、課税遺産総額を計算しましょう。

課税遺産総額は、(課税価格の合計額) − (基礎控除額) = (課税遺産総額)で算出します。

この場合の課税遺産総額は、以下の通りです。

22,500万円(課税価格の合計額) −  3,000万円+ 600万円 × 4人(基礎控除額) =17,100万円(課税遺産総額)

次に、相続税の総額を計算します。

課税遺産総額を法定相続分通りに相続した場合、以下のように求められます。

  • 母:17,100万円 × 1/2 = 8,550万円
  • 子ども:17,100万円 × 1/6 = 2,850万円
  • 子ども:17,100万円 × 1/6 = 2,850万円
  • 子ども:17,100万円 × 1/6 = 2,850万円

上記の相続金額をもとに、税額速算表から相続税の総額を計算します。

  • 母:8,550万円 × 30% − 700万円 = 1,865万円
  • 子ども:2,850万円 × 15% − 50万円 = 377.5万円
  • 子ども:2,850万円 × 15% − 50万円 = 377.5万円
  • 子ども:2,850万円 × 15% − 50万円 = 377.5万円

相続税の税額速算表は以下の通りです。

各法定相続人の取得金額 税率 速算控除額
1,000万円以下 10% 0万円
3,000万円以下 15% 50万円
5,000万円以下 20% 200万円
10,000万円以下 30% 700万円
20,000万円以下 40% 1,700万円
30,000万円以下 45% 2,700万円
60,000万円以下 50% 4,200万円
60,000万円超 55% 7,200万円

最後に、各人が納付すべき相続税額を計算しましょう。各人の算出税額は、相続税の総額に相続した金額の割合で計算できます。相続税の総額は、上記で求めた金額を足し合わせて求めます。

1,865万円 + 377.5万円 + 377.5万円 + 377.5万円 = 2,997.5万円

  • 母:2,997.5万円 × 16,500万円/22,500万円 = 2,188万円
  • 子ども:2,997.5万円 × 2,000万円/22,500万円 = 240万円
  • 子ども:2,997.5万円 × 2,000万円/22,500万円 = 240万円
  • 子ども:2,997.5万円 × 2,000万円/22,500万円 = 240万円

ただし、配偶者は相続税額から、以下の計算式で算出した金額が控除されます。

(相続税の総額) × (以下の1、2のいずれかの少ない額) / (課税価格の総額) = (配偶者の税額軽減額)

  1. 課税価格の合計額×法定相続分と1億6,000万円のどちらか多い金額
  2. 配偶者が実際に取得した課税価格

よって、今回の配偶者の税額軽減額は、

2,997.5万円 × 16,000万円 / 22,500万円 = 2,128万円

になります。以上より、相続税として納付する税額は、

  • 母:2,188万円 − 2,128万円 = 60万円
  • 子ども: 240万円
  • 子ども: 240万円
  • 子ども: 240万円
  • = 計:780万円

になります。

相続財産争いを避ける為にも、現金(保険金)の用意を

不動産は相続争いのトラブルの原因になりやすい

遺産相続は争いが多いとよく聞きますが、その多くは遺産総額が5,000万円以下である「一般中流家庭」になっています。さらに、遺産相続トラブルの発生件数は年々増加傾向にあり、その件数は15,000件以上と10年間で約2倍まで増えているんです。

遺産相続トラブルの7割以上が、遺産総額が5,000万円以下であり、逆にそれ以上の相続になると争いは少なくなっています。

遺産トラブルになるとどんなデメリットがあるのでしょうか。具体的な例をあげると以下のようになります。

  • 遺産分割が長くなる
  • 相続税の控除が受けられない
  • 相続財産が活用できない
  • 相続人にストレスがかかる
  • 兄弟や親類たちと絶縁する可能性

「相続税の控除が受けられない」「相続財産が活用できない」などのお金関連のデメリットもあれば、「相続人にストレスがかかる」「兄弟や親類たちと絶縁する可能性」といった精神的な疲弊も十分に考えられます。

特に、不動産に関係するトラブルは避けにくい傾向にありトラブルが頻発しています。国税庁のデータによると、遺産相続の中で不動産に関するものは土地が45%、家屋が5%となり、遺産の半分以上が不動産で占められています。

不動産トラブルのほとんどが「実家の土地や建物」で、投資用の不動産がたくさんあるといった理由でなくても相続トラブルはよく起こっているんです。

また、不動産でトラブルが起こりやすい理由は以下の3つです。

  • 誰が取得するかが決まらない
  • 代償金の支払ができない
  • 不動産の評価方法が決まらない

まず、不動産がお金のようにきっちり分割ができないため、だいたいは相続人の誰か一人が相続します。そうなると、「いったい誰が相続するのか」といった相続人決めで問題が生じます。

また、不動産を一人で相続する場合、不動産を相続した相続人が、他の相続人に対して代償金を支払わなければいけない場合もあるんです。不動産は多くの場合高額なので、他の相続人と均等に遺産を分けるのが難しくなります。よって、代償金を払うのですが、この代償金が払えずにトラブルになることもあるんです。

まとめ

最後に、不動産は評価方法が4つあるといった特殊な資産になっています。この評価方法の選び方でも、相続人間でもめる原因になります。

通常は、時価を使って評価しますが、いくつかの不動産業者に査定をすると数百万円以上もの差が発生することもあるんです。そうなると、代償金を支払う人は安いほうを選び、支払われる側は高いほうを選ぶ、といった形で衝突します。

相続財産争いはできるだけ避けたいものです。

仮に不動産の遺産を相続しても、代償金を支払う場合があるなどお金はあるに越したことはありません。現金、保険金をしっかり用意しておくといいでしょう。

また、相続争いを予防するためにも、弁護士に相談するといった対策も効果的です。いざというときのために、あらかじめしっかりと考えておくことが望ましいでしょう。

検索してお金の悩みは解決しましたか?

・自分にピッタリの生命保険を選んで加入したい
・現在加入中の生命保険の内容で大丈夫か確認したい
・保険料を節約したい
・どんな生命保険に加入すればいいのか分からない

生命保険や資産運用についてお悩みなら、ぜひ無料相談をご利用ください。
ネットで検索するよりも簡単でサっと解決!お客様にとっておトクになるアドバイスを提供します。

無料相談はこちらから

お名前必須

ご住所必須

お電話番号必須

メールアドレス必須

ご希望の連絡方法必須
メール電話

ご希望の相談方法必須
対面(弊社オフィス)対面(お客様ご希望の場所)* ご希望に添えない場合があります電話ウェブ会議(Skypeなど)

性別必須
男性女性無回答

年齢必須

職業必須

現在や将来のお金のことで気になるものは?(複数選択可)必須
老後の備えについて病気やケガの備え方教育資金を賢く貯める方法住宅ローンなど大きくかかる固定費の見直しについて保険料を節約する方法今の保険が自分にあっているかどうか様々な貯蓄方法資産運用全般について

既に加入している保険がわかる画像やPDFを添付任意

※簡易診断に利用致します

最新情報をチェックしよう!
>保険や資産運用の無料相談

保険や資産運用の無料相談

難しい保険や投資のお悩みを、ネットで検索するよりも簡単に解決!わかりやすく丁寧に、お客様にとっておトクになる最適なアドバイスをご提案します。 無料なので、お気軽にご相談ください(相談は対面・電話・ウェブでも可能です)