【これで保険料をお得に】保険料の安い・高いには理由がある?他社間で比較して見えてくる保険会社の戦略

なぜ保険会社間で保険料の相違が生まれてしまうのか?

生命保険の保険料は、各保険会社が独自のデータを元に決めます。保険料は純保険料と付加保険料で構成されています。純保険料は予定死亡率と予定利率から計算されるもので、将来支払われる保険料や解約返戻金の資金となります。一方で付加保険料は保険会社の事業資金に該当し、予定事業率によって計算します。

予定死亡率は、年齢性別ごとの死亡率データをもとに、必要な保険料を試算するための利率です。金融庁から業務を委託された日本アクチュアリー会が作成した標準生命表や各保険会社の独自データをもとに決定されます。予定死亡率が高ければ保険料は高くなります。

また、保険会社は、将来の運用益を見込んで、保険料を割り引いてくれています。その割引額を決める時に使うのが予定利率です。「運用でこれだけ利益が出ると思うから、皆さんからいただく保険料はこれだけです」という仕組みなのです。言い換えれば、契約者に対して約束する運用益だとも言えます。そのため予定利率が高ければ、保険料が安くなります。

付加保険料を決める予定事業率は、保険料に占める経費の割合のことです。経費には様々な経費が含まれています。ですので、予定事業率が高くなるほど、保険料が高くなってしまいます。よって対面販売による保険に比べ、ネット販売の保険は人件費など経費を抑えることができるため、ネット販売の保険は保険料が安く設定されています。

ネット保険のメリットデメリット

ネット保険は保険料の安さから、若い世代を中心に人気があります。ネット保険料の1番のメリットは保険料の安さです。対面型の保険に比べると、同じ保障内容で、保険料が安くなるケースが多いでしょう。また見積もりから保険の契約まで、インターネット上で行うため、時間を拘束されることなく、気軽に申し込みできるのもメリットの1つでしょう。
参考記事:【生命保険料で損してる?】ネット保険はどうして保険料が安いの?

一方デメリットは、必要な保障内容を含め、自分で決める必要があることです。例えば生命保険の場合、自分に必要な保険金額はいくらか?また医療保険であれば、入院保障はいくら必要で、どの特約が付加すべきか、全て自分で判断しなければいけません。保障内容は保険会社によって異なるため、各保険会社の保障内容を全て把握するのは、素人では難しいでしょう。ネット保険は、対面型の保険に比べて、まだまだ商品数が少ないため、選択肢が少ないのもデメリットです。

保険の給付金は、保険会社へ請求しないと受け取れません。対面型の保険であれば、担当者がつくため給付金の請求が漏れてしまうリスクが少ないですが、ネット型保険の場合、担当者がいません。そのため保障内容を把握しておかないと、本来給付金を請求できるのに、請求し忘れてしまう恐れがあります。ネット保険にはこのようなデメリットもあるため、加入時は注意してください。

健康でたばこを吸わない人ならネット生保より安い保険料で加入できることも!

対面型の保険はネット保険に比べると、保険料が高くなってしまいがちです。ただし健康で、たばこを吸わない人なら、非喫煙優良体割引を使うことで、ネット保険よりも保険料が安くなるケースがあります。
参考記事:【生命保険でお得に】たばこを吸わなければ保険料が安くなる?非喫煙者の方なら検討したい非喫煙者割引

生命保険には、健康診断書や人間ドックの結果票の数値によって保険料を割引する制度があります。保険会社によって割引になる数値の基準が違います。そのため割引制度を利用したい場合は、事前に確認しておくといいでしょう。また優良体割引を受けるためには、定期的に健康診断や人間ドックを受けておく必要があります。

非喫煙割引とは、タバコを吸わない人の保険料を割引する制度です。喫煙者か、非喫煙者かは、コチニン検査という検査によって判別します。コチニン検査とは、体内にニコチンの代謝物のコチニンがあるかどうかは確認する検査です。そのため加熱式タバコを喫煙している場合は、喫煙者に該当するため、告知書で喫煙していると告知しなければ、告知義務違反になってしまうので注意してください。

優良体割引と非喫煙割引を併用すると割引率が大きくなるため、場合によってはネット保険よりも保険料を安く抑えることができます。

このように保険料を算出するために必要な予定死亡率、予定利率、予定事業率を決める時に使うデータは保険会社によって異なります。そのため同じ保障内容であっても保険会社によって保険料の金額に違いが生まれます。

保険種類がそもそも違う前提で保険料比較をしていませんか?

保険料は、保険種類や保険期間、保険料の払込期間によって異なります。そのため保険料を比較する場合は、保険種類、保険期間及び保険料の払込期間を含めて同じ条件で保険料を比較しましょう。

保険には大きく分けて、掛け捨て型保険と貯蓄型の保険があります。掛け捨て型の保険の場合、契約時に保険期間を決めます。保険期間内に死亡した場合、契約時に決めて保険金が支払われますが、保険期間内に死亡しなかった場合は保険金が支払われません。また途中で解約してとしても、解約返戻金がほとんどありません。

貯蓄型の保険は、保障機能に貯蓄機能が備わっている保険です。学資保険や養老保険のように保険期間満了時に満期金を受け取れるものや、終身保険のように一生涯保障が続くものがあります。また貯蓄型保険の場合は解約時に解約返戻金を受け取れることができるため、掛け捨て型保険に比べると保険料が高く設定されています。このように保険の種類によって保険料に大きな差が生まれます。

また保険料の払込期間も保険料に影響を与えます。保険料の払込期間は契約者が保険料を支払う期間のことです。そのため保険期間の払込期間が短い場合、一回の保険料の支払額が下がります。一方で保険期間の払込期間が長い場合は、一回の保険料の支払額が上がります。このように保険の種類や保障内容が同一でも、保険料の払込期間が異なれば保険料に差が出ます。そのため保険料を比較する場合は、保険の種類を始めとして全ての条件を同一にしてから行いましょう。

同じ保険種類での保険料の相違は保険会社に入る利益の違い?

生命保険会社は、契約者から預かった保険料の一部を運用し、保険金や解約返戻金の支払いに備えて増やそうとします。各保険会社の運用先は、国内債券、海外債券、国内株式、海外株式、不動産など、運用先は国内だけでなく、海外まで幅広く及びます。そのため運用による利益は生命保険会社によって大きく異なります。

保険料は将来の運用益を予測して、割引率を決めます。つまり将来の運用益の予測額は当然保険会社によって違います。また保険会社は将来の市場の動向なども加味した上で最終的に保険料を決定します。そのため同じ保険種類で、保障内容などの条件が同じだったとしても、保険会社によって保険料に差が出るのは当然です。

まとめ

保険会社から販売されている保険の保険料は色々なデータを元に決められています。そのため同じ契約者で保険の種類や保障内容などが同一だったとしても、保険料に違いがでてしまいます。このように保険会社によって保険料に差が出てしまうため、見積もりを出す際は、必ず全ての条件を同じにしてください。

検索してお金の悩みは解決しましたか?

・自分にピッタリの生命保険を選んで加入したい
・現在加入中の生命保険の内容で大丈夫か確認したい
・保険料を節約したい
・どんな生命保険に加入すればいいのか分からない

生命保険や資産運用についてお悩みなら、ぜひ無料相談をご利用ください。
ネットで検索するよりも簡単でサっと解決!お客様にとっておトクになるアドバイスを提供します。

無料相談はこちらから

お名前必須

ご住所必須

お電話番号必須

メールアドレス必須

ご希望の連絡方法必須
メール電話

ご希望の相談方法必須
対面(弊社オフィス)対面(お客様ご希望の場所)* ご希望に添えない場合があります電話ウェブ会議(Skypeなど)

性別必須
男性女性無回答

年齢必須

職業必須

現在や将来のお金のことで気になるものは?(複数選択可)必須
老後の備えについて病気やケガの備え方教育資金を賢く貯める方法住宅ローンなど大きくかかる固定費の見直しについて保険料を節約する方法今の保険が自分にあっているかどうか様々な貯蓄方法資産運用全般について

既に加入している保険がわかる画像やPDFを添付任意

※簡易診断に利用致します

最新情報をチェックしよう!
>保険や資産運用の無料相談

保険や資産運用の無料相談

難しい保険や投資のお悩みを、ネットで検索するよりも簡単に解決!わかりやすく丁寧に、お客様にとっておトクになる最適なアドバイスをご提案します。 無料なので、お気軽にご相談ください(相談は対面・電話・ウェブでも可能です)