【保険でお得に】医療保険の根本的な商品性を理解して失敗を防ごう

医療保険は、病気やケガが原因で入院や手術が必要になったとき、治療費の負担を軽減してくれるものです。しかし、医療保険は各保険会社からさまざまなタイプのものが登場していますので「どの医療保険を選べばいいのかわからない」という方が多いのではないでしょうか。

実際、医療保険は進歩が激しく、新しいものがどんどん登場しています。少し前までは入院5日目からしかもらえなかった入院保障が、1日目からもらえるようになったり、実際にかかった治療費を全額負担するものまで登場するなど、保険会社ごとにより明確な特徴を打ち出していますので、さらにわかりにくくなっているといえます。

そこで今回は、医療保険はなぜ必要なのか、医療保険の根本的な商品性が理解できるようお伝えしていきます。

医療保険の基本的な保障は差額ベッド代などに備える「入院保障」

病気やケガが原因で治療を受けたとき、すべての治療費が自己負担になるのではありませんが、公的な医療保険制度を利用すれば自己負担は1割~3割となります。

たとえば、現役世代であれば協会けんぽや健康保険組合など、勤め先の健康保険がありますので、3割負担となります。仮に、治療費が100万円かかったとすると、自己負担は3割の30万円で済みます。さらに高額療養費制度を利用すれば(70歳未満:標準月額報酬28万円~50万円の場合)、約21万円があとから払い戻され、実質の自己負担は約9万円となります。

この公的医療保険制度は、すべての国民が加入することになっています。そのため、会社員とその扶養家族なら協会けんぽや組合健保、自営業なら国民健康保険というように、あらゆる立場の人が何らかの公的な医療保険に加入しています。
参考記事:【オトクな生命保険】高額療養費制度を踏まえて医療保険を考える

けれども、公的な医療保険は病院で支払った治療費のすべてが対象となるのではなく、差額ベッド代や、先進医療にかかる費用は自己負担となってしまうのです。この他にも、細かなことをいえば、手続きや見舞いのために何度も病院と自宅を往復する家族の交通費や、着替えなどの雑費は公的医療保険では対象外となります。とはいえ、もっとも負担の大きなものは差額ベッド代でしょう。

差額ベッド代は、1人室~4人室に入院したときにかかる費用で、正式名称は「差額室料」といい、以下の条件を満たしたものを指します。

  • 病室の病床数が4床以下であること
  • 病室の面積がひとりあたり6.4平方メートル以上であること
  • 病床のプライバシーを確保するための設備(仕切りカーテン)があること
  • 「個人用の私物の収納設備」「個人用の照明」「小机等および椅子」の設備があること

また、厚生労働省の資料(平成27年7月1日現在)によると、この差額ベッド代の平均は、

  • 1人室……7,828円
  • 2人室……3,108円
  • 3人室……2,863円
  • 4人室……2,414円

と、なっています。仮に1人室に20日間入院すれば、約16万円もの費用が自己負担となってしまうのです。また、厚生労働省の資料には、差額ベッド代の最低日額は50円から最高日額378,000円と記されています。これは各病院が差額ベッド代を自由に金額設定できるため、驚くような金額の開きがあります。ただ、1人室から4人室の平均では6,155円となっており、特に高額な1人室を除けば、1人室から4人室の平均は2,795円となっています。

これらの出費をできるだけカバーし、負担を少なくするためには民間の医療保険があれば安心です。もちろん、預貯金が潤沢にあり、公的医療保険制度だけで十分という場合には、民間の医療保険は必要ないのかもしれません。けれども、それぞれの家庭の金銭的な事情に合わせて、民間の医療保険を選択していけば、費用の心配をすることなく治療に専念できるのではないでしょうか。

手術保障、一時金保障、通院保障、先進医療保障などは任意で選択することができるタイプが多い

生命保険各社とも治療費の負担をいかに減らせるかという視点で、特色ある医療保険を次々と販売していることもあって、医療保険の加入者は年々増え続けています。

公益社団法人生命保険文化センターの「平成27年度生命保険に関する全国実態調査資料」によれば、生命保険に加入している人のうち、医療保険・医療特約の世帯加入率は91.7%と非常に高くなっています。ほとんどの世帯で病気やケガの治療費に対する不安を、民間の医療保険に加入することによって解消しようしていることがわかります。

いざというときには頼りになる医療保険ですが、基本的には「主契約」+「特約」という2つに分かれています。

主契約は、病気やケガで入院した際の入院給付金です。たとえば「入院1日あたり5,000円」というような設定に基づき、入院日数に応じて給付金が受け取れます。一方の特約は、手術給付金特約、一時金特約、通院特約、先進医療保障などがあり任意で選択できますので、支払う保険料や自身の気になる保障に合わせて自由に組み合わせることができます。

医療保険の特約として主要なものをいくつかご紹介しておきましょう。

  • 手術給付金特約……手術を受けた際に受け取れる給付金。「入院給付日額の10倍」といった一定倍をかけて支給される。
  • 三大疾病特約……「がん、脳卒中、急性心筋梗塞」と診断された場合、一時金が受け取れる。
  • 通院特約……病気やケガが原因で通院した場合に支給される。
  • 先進医療特約……公的医療保険制度の保険給付の対象となっていない先進医療の費用に対する給付金。
  • 死亡・高度障害特約……死亡や所定の高度障害状態になった場合の給付金。
  • 女性疾病特約……女性特有の病気により入院や手術を受けた場合、ほかの病気より手厚い保障を受けられる特約。

保険会社によって、付加できる特約が異なります。また、加入者の任意で選択できますので、女性なら「女性疾病特約」を付加するなど、気になる特約のみを付加することもできます。
参考記事:【生命保険を詳しく】主契約と特約って何?
参考記事:女性特有の病気って何?リスクを知って不安を減らそう

最近では、各保険会社は他社との差別化を図る目的のため、三大疾病特約から七大疾病特約や八大疾病特約など、がん、脳卒中、急性心筋梗塞以外にも糖尿病や肝硬変、高血圧性疾患まで対象になった特約が登場しています。けれども、本当に自分に必要な特約かどうかをよく検討して付加することがとても重要だといえるでしょう。

医療保険に正解はない!?自分が必要と思える保障かどうか

公的医療保険制度は、治療にかかわる最低限の保障はありますが、入院や治療に伴うさまざまな雑費や差額ベッド代は対象外です。そのため、民間の医療保険でカバーしようと多くの人が加入しています。しかし、医療保険の基本である入院給付金に、あれこれと特約を付加すれば、保険料はあっという間に高額になってしまいます。

がんは2人に1人がなる病気だといわれています。しかし、自分が将来、本当にがんになるかどうかはわかりません。また、生命保険に加入しているのにもかかわらず、死亡・高度障害特約をさらに付加するなど、不要な特約を付加しているかもしれません。そのうえ、医療保険は、預貯金で自己負担分をまかなえるのであれば不要な場合があります。

個人の体調やこれまでの家族の病歴、金銭的な事情によって必要な医療保険は千差万別です。本当にその医療保険は自分にとって必要なのかをよく検討してから加入しましょう。

まとめ

今回は、医療保険の根本的な商品性を理解しておこうと題して、医療保険の基本的なことについてお伝えしてきました。差額ベッド代などは公的な医療保険制度の対象とはならず、自己負担であること、医療保険にはさまざまな特約があることなどを理解した上で、自分にとって必要な医療保険に加入することがとても大切です。

検索してお金の悩みは解決しましたか?

・自分にピッタリの生命保険を選んで加入したい
・現在加入中の生命保険の内容で大丈夫か確認したい
・保険料を節約したい
・どんな生命保険に加入すればいいのか分からない

生命保険や資産運用についてお悩みなら、ぜひ無料相談をご利用ください。
ネットで検索するよりも簡単でサっと解決!お客様にとっておトクになるアドバイスを提供します。

無料相談はこちらから

お名前必須

ご住所必須

お電話番号必須

メールアドレス必須

ご希望の連絡方法必須
メール電話

ご希望の相談方法必須
対面(弊社オフィス)対面(お客様ご希望の場所)* ご希望に添えない場合があります電話ウェブ会議(Skypeなど)

性別必須
男性女性無回答

年齢必須

職業必須

現在や将来のお金のことで気になるものは?(複数選択可)必須
老後の備えについて病気やケガの備え方教育資金を賢く貯める方法住宅ローンなど大きくかかる固定費の見直しについて保険料を節約する方法今の保険が自分にあっているかどうか様々な貯蓄方法資産運用全般について

既に加入している保険がわかる画像やPDFを添付任意

※簡易診断に利用致します

最新情報をチェックしよう!
>保険や資産運用の無料相談

保険や資産運用の無料相談

難しい保険や投資のお悩みを、ネットで検索するよりも簡単に解決!わかりやすく丁寧に、お客様にとっておトクになる最適なアドバイスをご提案します。 無料なので、お気軽にご相談ください(相談は対面・電話・ウェブでも可能です)