定期保険と終身保険はどちらを選択すべき?

1.定期保険と終身保険のどちらを選択するか?

生命保険、医療保険には保障される期間によって、保障される期間が決まっている「定期保険」と一生涯にわたって保障される「終身保険」に分けられます。生命保険、医療保険に加入する際に、定期保険と終身保険、いったいどちらを選べばいいのか悩む人もいるでしょう。定期保険と終身保険のどちらを選択すべきなのかは、

・家族構成
・経済状況
・ライフステージ

などによって変わってきます。とはいっても、ある程度の選ぶ指標は必要ですよね。ここでは、定期保険と終身保険のどちらを選択するのがよいのか、その決め方について生命保険と医療保険に分けてご紹介します。

2.生命保険について

  • 金利(運用利回り)が良い時は終身保険
  • (昨今の)金利(運用利回り)があまり良くない時は定期保険

生命保険は、マイナス金利のときは「定期保険」、そうでないときは「終身保険」を選択するとよいでしょう。

終身保険は、途中で解約したときにもらえる「解約返戻金」があり、一定期間を過ぎると解約返戻金が支払った保険料の総額を上回るものもあります。この仕組みを使って、保険を貯蓄代わりに利用する人もいるのです。

しかし、マイナス金利の場合、貯蓄性のある保険商品の販売が停止したり、条件が変更されて貯蓄性が保てなくなる、といったものも出始めます。そのため、マイナス金利の場合は終身保険よりも、定期保険を選んでおくとよいといえるでしょう。

簡単に定期保険と終身保険の違いをまとめると、以下の通りです。

  定期保険 終身保険
保険期間 一定期間 一生涯
保険料 安い 高い
解約返戻金 なし あり
メリット ・保険料が安い
・大きな保障額の準備がしやすい
・保障切れがない
・保険料が契約時から変わらない
デメリット ・保障切れのリスクがある
・更新ごとに保険料が上がる
・更新できる上限年齢が決まっている
・保険料が高い
・大きな保障額の準備がしにくい

ここで、金利と保険料について知るために、「予定利率」について説明をします。予定利率とは、保険会社が保険契約者に事前に予定を約束する運用利回りのことです。

もう少し説明すると、予定利率は「保険契約者が支払った保険料」から「保険会社が運用で使った諸経費を差し引いた金額」に対する利率のことです。この予定利率は、保険料を決めるのに大きく関わってきます。

そもそも保険は、相互扶助の関係で成り立っていますよね。そのため、保険会社の収支と支出の関係は以下の関係で求められます。

<収入> 保険料総額+運用収益 =  <支出>保険金総額+保険会社の諸経費

保険会社は、これらの関係を予測して「予定利率」「予定死亡率」「予定事業費率」を決めます。生命保険には、

・定期保険
・終身保険
・医療保険
・がん保険
・学資保険
・個人年金保険

などの、さまざまな種類があります。

その中でも、終身保険、個人年金保険、学資保険といった一般的に貯蓄性が高いと言われている保険は、予定利率の水準によって金額の増減が変わってきます。予定利率が低いと、貯蓄したお金がほとんど増えなかったり、場合によっては元本割れしてしまう可能性もあるのです。逆に、予定利率が高いと、貯蓄したお金が大幅に増えて貯蓄の利点が十分に発揮されるでしょう。

予定利率は、各保険会社が経営判断によって決めるのですが、そのときに参考にされるのが「標準利率」になります。標準利率とは、金融庁が利回りをもとに決めたものです。

国債の利回りの低下によって予定利率も低下しますので、保険会社によっては保険商品の販売を停止したり、予定利率を引き下げて保険料を上げたりする場合があります。

3.医療保険について

終身保険よりも定期保険で(更新ではなく)見直しをした方がメリットがある

一方、医療保険については、終身保険よりも定期保険で見直しをした方がメリットがあるといえます。なぜなら、医療技術は1年、2年といった短い単位で進歩しているためです。

少し前までは「先進医療」と言われていた治療法が先進医療ではなくなったり、新しく先進医療として認められる治療法が出たりなど、医療は変化が激しいです。これに合わせて、医療保険の内容や保障対象も増えたり、新しい商品が出てきたりするでしょう。

一方で、一度加入した医療保険は保障対象が増えたりすることはありません。そのため、終身保険に加入をしてしまうと、最新医療に対応できない可能性が生まれてしまいます。

よって、最新の医療に対応するためにも、定期保険を見直すのがおすすめといえるでしょう。ただし、新しい医療保険に加入し直す際にはいくつか注意すべきポイントがあります。

それが以下の4つです。

  • 契約年齢が上がると保険料が高くなる場合がある
  • 新規加入できる健康状態であるか
  • 解約返戻金の有無
  • 加入中の医療保険に特約追加が可能か

まず、保険は契約年齢が上がるほど、保険料が上がる場合がほとんどです。現在の保険内容を見直して、新しい医療保険に加入しても年齢によっては保険料が増えてしまい割高になる可能性もあります。見直しをする際は、年齢による保険料の増加はマストで確認するようにしましょう。

次に、新しい医療保険に加入する場合は、今の健康状態をもとに診査・判断されます。万が一、健康状態が芳しくなければ新しい医療保険に加入できない可能性もあるので注意しましょう。

なお、現在加入している保険を解約するのは、くれぐれも新しい保険の診査が通ってからにしましょう。

また、解約返戻金の有無もしっかり確認しておくべきポイントです。解約返戻金がある医療保健に加入している場合は、早めに解約することで解約返戻金が支払った保険料を下回る場合もあります。

新しい保険に見直しをすることも重要ですが、現在加入している保険に特約を追加できるのであればそちらの方がトータルで保険料が安かったり、保障内容のカバーができることもあります。また、保険料を支払う期間を延長すれば、毎月支払う保険料を引き下げられる可能性もあります。

  • 新しく保険を加入し直した方が、内容・金額ともによいのか
  • 特約をつけることで保障内容がカバーできる、金額も抑えられる

上記はしっかり見極めて保険内容の見直しをしましょう。

4.定期保険は自動更新前に見直しがお勧め

医療保険の部分でも説明をしましたが、定期保険は自動更新をする前に見直しをするのがおすすめです。最新医療の対応以外にも、以下のようなメリットがあります。

  • 保険料節約になる
  • ライフステージの変化に合わせられる
  • よりよい保険商品に出会う可能性がある

まず、保険内容の見直しをすることで、今よりも安くてカバー内容がよいものがあれば、更新せずに加入し直すことで、保険料の節約につながることもあります。

また、ライフステージの変化に合わせてカバーしたい内容も変わることがあるでしょう。このようなきめ細かい対応ができるのも、保険見直しのメリットです。

新しい保険が最新医療に対応されることはもちろん、それ以外にも新しい商品に切り替えることで生まれるメリットも十分に考えられます。

ただし、健康状態によっては自分が加入したい保険に加入できない可能性もあるので、健康状態を考慮したうえで見直しは行いましょう。

保険内容の見直しは手間がかかり、ついついそのまま自動更新をしてしまいがちですが、「いちいち保険内容を確認するのは面倒くさい……」と言わず、ぜひ一度は保険の見直しをしてみるといいですよ。

検索してお金の悩みは解決しましたか?

・自分にピッタリの生命保険を選んで加入したい
・現在加入中の生命保険の内容で大丈夫か確認したい
・保険料を節約したい
・どんな生命保険に加入すればいいのか分からない

生命保険や資産運用についてお悩みなら、ぜひ無料相談をご利用ください。
ネットで検索するよりも簡単でサっと解決!お客様にとっておトクになるアドバイスを提供します。

無料相談はこちらから

お名前必須

ご住所必須

お電話番号必須

メールアドレス必須

ご希望の連絡方法必須
メール電話

ご希望の相談方法必須
対面(弊社オフィス)対面(お客様ご希望の場所)* ご希望に添えない場合があります電話ウェブ会議(Skypeなど)

性別必須
男性女性無回答

年齢必須

職業必須

現在や将来のお金のことで気になるものは?(複数選択可)必須
老後の備えについて病気やケガの備え方教育資金を賢く貯める方法住宅ローンなど大きくかかる固定費の見直しについて保険料を節約する方法今の保険が自分にあっているかどうか様々な貯蓄方法資産運用全般について

既に加入している保険がわかる画像やPDFを添付任意

※簡易診断に利用致します

最新情報をチェックしよう!
>保険や資産運用の無料相談

保険や資産運用の無料相談

難しい保険や投資のお悩みを、ネットで検索するよりも簡単に解決!わかりやすく丁寧に、お客様にとっておトクになる最適なアドバイスをご提案します。 無料なので、お気軽にご相談ください(相談は対面・電話・ウェブでも可能です)