子供が産まれ、医療保険の加入を考えている人へ

1.お子様に医療保険は必要か?

医療保険は、病気やケガで入院が必要になったときに役に立つ保険です。日本では国民皆保険制度により、すべての人がなにかしらの公的医療保険に加入しているはずです。企業に勤めている方やそのご家族であれば組合健保などの社会保険、自営業や個人事業主の方であれば国民健康保険、公務員であれば共済組合などです。他にも立場や職業によってさまざまな公的医療保険があります。

公的医療保険は、すべての人が安心して医療を受けるための制度ですから、手厚い保障を受けられるとは言えません。そこで公的医療保険でカバーしきれない部分を補うのが民間保険会社の医療保険です。公的医療保険は、必要最低限かつ万人が恩恵を受けられるようになっていますが、個人の貯蓄状況や健康状態によって、それ以上の保障が必要かどうかが変わってきます。ですから、それぞれのご家庭の状況によって、医療保険が必要かどうか、どのような医療保険が良いかが決まってきます。

民間保険は3つの領域に分かれていて、第1分野である生命保険、第2分野である損害保険、それ以外の第3分野に分類されます。そのため、生命保険会社と損害保険会社がそれぞれ医療保険を販売しており、非常に多くの医療保険が存在します。

また、インターネット上だけで契約が完結する、ネット保険も登場し、昼間に忙しくて保険会社の窓口に行く余裕がないという方も医療保険を契約しやすくなりました。そのため、ケガや病気のリスクに備えて医療保険のニーズが高まっています。

公的医療保険は対象となる医薬品や治療以外には適用されません。レーシック手術や審美歯科医療、美容整形などの治療以外の医療行為、先進医療などにも適用されません(一般治療と共通する部分は適用されます)。また、入院したときに個室を希望すれば、いわゆる差額ベット代と呼ばれるものですが、大部屋との差額分は自己負担となります。

医療保険は「自分が病気やケガをしたときに、経済的な負担を家族に与えないために加入する」というのが主な目的ですが、近年は子供のための医療保険も増えてきています。子供向けの医療保険といっても、基本的にはシンプルな医療保険で、被保険者が保険対象の病気やケガを負ったときに、給付金を受け取れるというものです。

保険への加入は早ければ早いほど良いといわれています。というのも、保険料の払込期間が長くなれば、その分、月々の負担が軽くなるからです。以前は終身医療保険には年齢制限があり、子供を加入させることは出来ませんでしたが、近年はゼロ歳児でも加入できる終身医療保険も販売されています。

シンプルな医療保険の他にも、さまざまなバリエーションがあります。生存給付金や学資積み立てがついた貯蓄タイプの保険や、親が亡くなった場合に毎年一定額が支払われる育英資金付きの保険もあります。損害保険会社からは、子供が他人に損害を与えたときにその賠償金を保障するような、賠償責任保証付きのもの、災害も保障対象になるものなども販売されています。

とはいえ、子供の医療費については、大人に比べて公的医療保険で手厚い保障を受けられます。自治体によって助成金が出ますし、乳幼児の場合は医療費が無料になる場合も多いです。また、子供が入院が必要になるほどの病気やケガを負うことはそう多くなく、子供向けの医療保険に加入させる親御さんが少ないのも事実です。

2.万が一持病を発症する前に加入

子供のころに医療保険に加入させておくことには、いくつかのメリットがあります。一つは先にも申し上げた、保険料が安いため月々の負担を軽くすることができるという点です。通常の子供向けの医療保険よりは割高になりますが、20歳や15歳で払い込みが終了するような終身医療保険に加入させておけば、生涯続く保障を成人時などに渡すことができるでしょう。解約返戻金があるタイプなら、緊急で資金が必要になったときの選択肢として利用することもできます。

消防士やスタントマンなど危険と隣り合わせの職業につけば、保険の加入を断られる場合もありますし、スカイスポーツやマリンスポーツなどの趣味が、保険料に影響することもあります。その場合は、子供のころから入っていた保険が役に立つこともあるでしょう。

同様に持病を発症した後は、保険の加入が難しくなりますし、もし加入できたとしても保険料が高くなるかもしれません。持病を発症する前に保険に加入しておけば、その持病の治療費としても利用できます。このように、子供に何かあったときの一生涯の財産となるのが、医療保険なのです。

3.お子様に生命保険

生命保険も、基本的には医療保険と同様のことが言えます。子供のうちに生命保険に加入しておくことで、大人になってから生命保険に加入するよりも毎月の保険料を割安に抑えることができます。また、終身生命保険なら、途中で解約することで、緊急の資金調達に利用できます。

資金の積み立てなら学資保険の方が、子供の成長に合わせて、必要な時期にお祝い金や満期金を受け取れますし、学資保険なら保険料を払っている親にもしものことがあった場合、以降の保険料の払込が免除になりますから、子供の教育費の援けになります。学資保険に加入できる年齢には上限があります(保険商品によって変わります)から、もしも学資保険に加入できる年齢を過ぎてしまった場合には、生命保険も選択肢に入れるとよいでしょう。

また、子供の生命保険は相続税対策にも利用できます。孫や子供に生命保険をかけて、その払い込みを両親や祖父母が支払っている場合、相続時の生命保険の評価額は、支払った金額ではなく、解約返戻金の金額です。解約返戻金が少ないうちに相続をさせることで、財産の少ない状態で相続税の評価が可能です。

例えば、祖父が孫に1500万円の生命保険をかけて、その払い込みを年間100万円していたとします。この保険は、9年目までの解約返戻金が0円で、10年以降が1000万円とします。祖父が8年目に亡くなった場合、解約返戻金は0円ですから、この保険に関する相続税の評価は発生しません。ですから財産を800万円減らした状態で、相続税の評価をすることができ、相続税の対策となります。

4.病気以外のお子様にリスクに(個人賠償責任保険)

個人賠償責任保険とは、日常生活などで他人の身体や財物に損害を与えた際に、その賠償責任について保障をうけるような保険です。車に乗る人なら自動車保険の個人賠償特約は、非常に重大性の高い特約ですから、加入していると思います。

子供の病気やケガは、必要になるお金はある程度知れているものです。ある程度の貯えがあれば、よほどのことがない限りはしっかり治療することができるでしょう。しかし、他人にケガをさせたりした場合、その賠償額は非常に多額になる危険性があります。特に、サッカーや野球などのスポーツをさせているなら、不慮の事故でけがをさせてしまうような危険が、何もしていないよりも高いですから、個人賠償責任保険も加入の選択肢に入れましょう。

個人賠償責任保険は、被保険者に加えてその家族も保障の対象に含まれるような保険も販売されています。ですから、親が加入している損害保険の内容も確認して、必要だと判断したら、個人賠償責任保険も検討しましょう。

検索してお金の悩みは解決しましたか?

・自分にピッタリの生命保険を選んで加入したい
・現在加入中の生命保険の内容で大丈夫か確認したい
・保険料を節約したい
・どんな生命保険に加入すればいいのか分からない

生命保険や資産運用についてお悩みなら、ぜひ無料相談をご利用ください。
ネットで検索するよりも簡単でサっと解決!お客様にとっておトクになるアドバイスを提供します。

無料相談はこちらから

お名前必須

ご住所必須

お電話番号必須

メールアドレス必須

ご希望の連絡方法必須
メール電話

ご希望の相談方法必須
対面(弊社オフィス)対面(お客様ご希望の場所)* ご希望に添えない場合があります電話ウェブ会議(Skypeなど)

性別必須
男性女性無回答

年齢必須

職業必須

現在や将来のお金のことで気になるものは?(複数選択可)必須
老後の備えについて病気やケガの備え方教育資金を賢く貯める方法住宅ローンなど大きくかかる固定費の見直しについて保険料を節約する方法今の保険が自分にあっているかどうか様々な貯蓄方法資産運用全般について

既に加入している保険がわかる画像やPDFを添付任意

※簡易診断に利用致します

最新情報をチェックしよう!
>保険や資産運用の無料相談

保険や資産運用の無料相談

難しい保険や投資のお悩みを、ネットで検索するよりも簡単に解決!わかりやすく丁寧に、お客様にとっておトクになる最適なアドバイスをご提案します。 無料なので、お気軽にご相談ください(相談は対面・電話・ウェブでも可能です)