収入が厳しいシングルマザーにこそお勧めしたい!お子様のための「収入保障保険」

母親ひとりで子育てをしているシングルマザーの人は、収入が心細い人ほど、「自分に何かあったらどうしよう」と不安をひとりで抱えておられるのではないでしょうか。生活費の確保や子どもの教育資金など、考えれば考えるほど不安になってしまいますよね。そこで今回は、その不安を少しでも解決するため、シングルマザーとして頑張っている人にこそお勧めしたい「収入保障保険」をご紹介していきましょう。

1.シングルマザーの実態。お子様のために頑張る母親の力

男女間の賃金格差が埋まってきたとはいえ、やはり収入面では男性のほうが多く、令和の時代になっても女性は男性より収入が少ないと言わざるを得ません。

厚生労働省が発表した「平成30年賃金構造基本統計調査」によると、全年齢の男性の年収は平均337.6万円であるのに対し、女性の年収は平均247.5万円と90万円もの差があります。そのうえ、女性は出産と育児によってこれまで築いてきたキャリアが分断されてしまうため、正規雇用での採用が難しくなっています。

男女間の賃金格差が埋まらない中、ひとり親(シングルマザー)の世帯は123.8万世帯、父子家庭は18.7万世帯となっており、母子家庭が父子家庭より約6倍も多くなっていて25年前と比較すると20%も母子家庭が増えています。

また、父子家庭の平均年収が360万円なのに対し、母子家庭の平均年収は181万円となっていますので、いかに母子家庭の生活が困窮しているかがわかります。この181万円のうち、パートやアルバイトといった非正規で働くシングルマザーの平均年収は125万円ですので、さらに苦しい生活を余儀なくされているといえます。さらに、元夫から養育費をもらっていない人は、平成28年時点で56%とのことですので、約半数の人はご自身の収入と児童扶養手当など支給手当だけで生活をしていることになります。

では、なぜこのようにシングルマザーの収入は厳しいのでしょうか。

子育てと仕事との両立が難しい

子どもが幼いシングルマザーの家庭では、子育てと仕事との両立が難しく、フルタイムでの仕事に就けないことが第一の要因です。先ほどのデータによると、平均年収125万円の非正規で働くシングルマザーは全体の57%にものぼっています。ひとりで家事や育児をこなしながら、フルタイムで収入を得ることの難しさが露呈しています。また、前述しましたが、女性は出産や育児でキャリアが分断されると正規雇用が難しくなります。そのため、収入を得るには非正規で働かざるを得ない状況なのです。

元夫から養育費をもらえていない

厚生労働省のデータによると、元夫と養育費の取り決めをしている人は、42.9 %となっています。その原因は、「相手と関わりたくない」が最も多く31.4%、「相手に支払う能力がないと思った」が20.8%となっており、元夫の支援がなくても子育てをしていこうというシングルマザーの離婚の決意が見て取れます。

とはいえ、シングルマザーの悩みは深く、塾や習い事など子どもに十分な教育を受けさせてあげられないことや貯蓄ができないことなど、やはりお金に関する深い悩みを持っていることが多いようです。

2.保険料が手ごろな収入保障保険で、万が一残されてしまうお子様の保障を確保

シングルマザーに必要な保障は、万一死亡した際に支給される生命保険、病気やケガで入院した際に支給される医療保険、がん保険、そして、万一母親が亡くなったとき、遺された子どもの収入を確保する収入保障保険などさまざまありますが、あれもこれも必要だと加入していては、保険料が高くなってしまい日々の生活が立ち行かなくなります。

所得が一定以下の場合は「ひとり親家庭等医療費助成」を利用すれば、通院の場合、医療機関ごとに月額500円、入院の場合でも医療機関ごとに月額1,000円(14日未満の入院は500円)の助成を受けることができますので、医療保険の必要性は低いといえます。

そこで、必要最低限の保障として、「収入保障保険」をおすすめします。収入保障保険は、万一のことがあっても満期まで死亡保険金をお給料のように毎月受け取れる死亡保険のことをいいます。掛け捨ての定期保険ですので、毎月の保険料が割安なのが特徴で、収入の厳しいシングルマザーでも、長期間の安心を得ることができます。

収入保障保険の特徴

収入保障保険は、被保険者(今回の場合は母親)が万一亡くなったときや高度障害状態になったときに保険金が受け取れます。その保険金は、遺された子どもが毎月お給料のように受け取れますので、子どもは生活費として利用できます。一般的な死亡保険金のように一時金として受け取るわけではありませんので、受け取った保険金を使い果たしてしまい、後々生活費が不足するという心配がありません。

収入保障保険は、被保険者万一のことがおこってから満期までの間、保険期間が進むにつれて受け取る年金の総額が減っていきます。たとえば、被保険者が65歳になるまで、毎月子どもに10万円の支給があるように契約したとします。万一、45歳で亡くなってしまうと、遺された子どもは20年間にわたり毎月10万円を受け取れることになります。つまり、総額2,400万円を受け取れます。また仮に、60歳で亡くなった場合は、契約が終了するまで5年ですので、受け取れる保険金は600万円です。このように、収入保障保険は契約終了の満期日までの「残存期間」に応じて受け取れる金額が減っていくため、保険料が割安に設定されており加入しやすくなっています。

他の死亡時に保険金がおりる生命保険より収入保障保険が優れている点は、

  • 毎月お給料のように保険金が受け取れる
  • 保険金を受け取る期間が少しずつ減っていくため保険料が割安

という、2つが挙げられます。反対に収入保障保険のデメリットは、次の2つです。

  • 途中で解約すると解約返戻金がない
  • 大きな負担のかかる費用の準備には向いていない

収入保障保険は、掛け捨ての保険です。そのため、途中で解約をしても解約返戻金は一切ありません。その分保険料が割安になっていることを考えると妥当だといえるでしょう。

また、一時払いの保険金ではありませんので、子どもの進学時に必要な入学金や葬儀費用といった大きな負担のかかる費用の準備には向いていません。

収入保障保険は、保険料が割安なうえ毎月のお給料のように保険金を受け取れますので、自分に万一のことがあった場合を考えるシングルマザーにぴったりな保険だといえます。

3.経済的に余裕があれば、自身の老後のための準備もすべき

シングルマザーは、子どもを育てながら生活を維持するのが精一杯という人が多く、自分の老後なんて考える暇がないとおっしゃる人もいらっしゃいます。しかし、子どもが小学校高学年や中学生に入る頃になると、自分の身の回りのことや家事のお手伝いもできる年齢になります。これまで子どもの世話に時間を割いていたお母さんも、収入をさらに増やせる時間的余裕が生まれてくるでしょう。

老後資金は、支給される年金をベースに不足分を老後に向けて準備しておくことになります。まずは「ねんきん定期便」に記載されている年金額を確認し、現在の生活費との差額を見積もっておきます。長期的な資産運用は、インフレなどの影響で目減りしないよう個人年金保険などの金融商品で運用することをおすすめします。

4.まとめ

今回は、シングルマザーにこそおすすめの「収入保障保険」をご紹介してきました。自分に万一のことがあっても、収入保障保険なら子どもに毎月のお給料のようにお金を残せます。また、一般的な生命保険より保険料が割安に設定されているのもシングルマザーにおすすめのポイントです。「自分になにかあったらどうしよう」と不安に思われるなら、ぜひ加入を検討されてみてはいかがでしょうか。

検索してお金の悩みは解決しましたか?

・自分にピッタリの生命保険を選んで加入したい
・現在加入中の生命保険の内容で大丈夫か確認したい
・保険料を節約したい
・どんな生命保険に加入すればいいのか分からない

生命保険や資産運用についてお悩みなら、ぜひ無料相談をご利用ください。
ネットで検索するよりも簡単でサっと解決!お客様にとっておトクになるアドバイスを提供します。

無料相談はこちらから

お名前必須

ご住所必須

お電話番号必須

メールアドレス必須

ご希望の連絡方法必須
メール電話

ご希望の相談方法必須
対面(弊社オフィス)対面(お客様ご希望の場所)* ご希望に添えない場合があります電話ウェブ会議(Skypeなど)

性別必須
男性女性無回答

年齢必須

職業必須

現在や将来のお金のことで気になるものは?(複数選択可)必須
老後の備えについて病気やケガの備え方教育資金を賢く貯める方法住宅ローンなど大きくかかる固定費の見直しについて保険料を節約する方法今の保険が自分にあっているかどうか様々な貯蓄方法資産運用全般について

既に加入している保険がわかる画像やPDFを添付任意

※簡易診断に利用致します

最新情報をチェックしよう!
>保険や資産運用の無料相談

保険や資産運用の無料相談

難しい保険や投資のお悩みを、ネットで検索するよりも簡単に解決!わかりやすく丁寧に、お客様にとっておトクになる最適なアドバイスをご提案します。 無料なので、お気軽にご相談ください(相談は対面・電話・ウェブでも可能です)