がん保険には猶予期間がある!?加入時が保障スタートではないことにご用心

高額になりがちながん治療費を補填してくれるがん保険は、現代の私たちに欠かせないものとなりました。しかし、がん保険には、がんと診断され治療をしても保険金を受け取れない期間があります。知らずにがん保険の見直しをおこなってしまったり、新たにがん保険に加入しても保険金を受け取れなかったりする場合があるのです。そこで今回は、がん保険の「支払猶予期間」について解説します。がん保険の新規加入や見直しをお考えの方はぜひ参考になさってください。

1.がん保険には90日間(3ヶ月)程度の支払い猶予期間が設けられている

がん保険は医療の進歩に合わせて進化しており、かかった治療費の全額を支給するものや、がんと診断されたら一時金を受け取れるものなど、様々なタイプのものがあります。また、最近ではがんの治療は通院でおこなうことが増えていますので、「入院日額」で保険金を受け取るのではなく、放射線治療や抗がん剤治療、ホルモン剤治療を受けた月ごとに保険金を受け取れるものまで登場しています。

このようにがん保険は日々進化していますので、以前加入したがん保険では保障内容が「古く」なっている可能性があり、保険の見直しをおこなう人が増えています。また、がん保険の必要性を感じて新たに加入する人もいらっしゃいます。そこで注意していただきたいのが「支払い猶予期間」です。

支払猶予期間は、「免責期間」「待ち期間」とも呼ばれており、がん保険の支払猶予期間はがんと診断されても保険金を受け取ることはできません。がん保険の保障が開始されるのは申込日ではなく、責任開始日からとなります。責任開始日は、がん保険の場合、第一回目の保険料払込日または告知日のどちらか遅い方の日からおよそ90日間を経過した翌日を責任開始日としています。つまり、がん保険の申し込みをしてから3ヶ月間程度はがんと診断されても保険金をもらうことができないのです。

たとえば、1月1日にがん保険を申し込み、1月10日に第一回目の保険料の払い込みをした人が、その2ヶ月後の3月10日に病院で検査を受けると、がんだと診断されました。しかし、支払猶予期間内であったため、がん診断給付金や入院給付金を受け取ることはできません。これが、責任開始日以降であれば、がん診断給付金などの保険金を受け取ることが可能なのです。

「責任開始日」については、各保険会社が発行している「ご契約のしおり」「約款」に詳しく記載されています。契約の前に必ず確認しておきましょう。

2.なぜ猶予期間ががん保険に設けられているのか?

がん保険に支払猶予期間が設けられているのには理由があり、がんの仕組みと密接な関係があります。体内にがん細胞があったとしても、初期の場合は自覚症状が出ないことが多く、がん検診でも発見が難しい場合があります。がん検診でがんが見つかった場合でも、自覚症状のない人もいます。このようにがんは、告知の時点で自身の体調の異変に気づかないことが多くあるのです。

一方で、がんによくある自覚症状(血便やしこり)を敏感に感じ取り「がんかもしれない」と思いながら診察を受けずにがん保険に加入し、その後病院で受診するとがんが見つかったというケースもあります。

たとえば、胃の不調を自覚していながら病院で受診せず、がん保険に加入したAさんという人がいたとします。Aさんは健康診断も受けていませんでしたので、告知は問題なく審査を通過し保険に加入することができました。その後、病院で受診すると胃がんだと診断され、たった1回程度しか保険料を支払っていなかったがん保険から、がん診断給付金として100万円以上の給付金を受け取ることが可能となるのです。このようなケースがあるため、90日間の支払猶予期間を設けて加入者の公平さを保つようにしているのです。

ただ、加入後90日間は保障がないとはいえ、保険料の支払いは必要です。「保障がないのに保険料を払うなんて」と考えがちですが、支払猶予期間であっても、保険金の準備金として運用されていますので無駄になっているわけではありません。保険料の支払いは支払猶予期間であっても続けるようにしましょう。

また、保険の切り替えをする場合、「保険の空白」が起きないよう気をつける必要があります。古いがん保険は、新規のがん保険の支払猶予期間が過ぎてから解約するようにしましょう。3ヶ月ほど保険料の支払いが重なってしまいますので無駄のように思えますが、保険の空白期間ほど恐ろしいものはありません。支払猶予期間が過ぎてから古いがん保険を解約するようにしましょう。

なお、支払猶予期間中にがんと診断されてしまった場合は保険契約そのものが無効になり、これまで支払ってきた保険料は返還される可能性があります。がんと診断された場合は、解約前であれば古いがん保険が有効ですので、保険会社に連絡をして手続きを進めるようにしてください。

また、がん保険のなかには、がん診断給付金などのまとまった一時金保障がなく、通院治療や手術などの比較的少額な給付金に絞られているものは、支払猶予期間のないものがあります。がん診断給付金はがんと診断されたときに受け取れる給付金ですので、一時金は必要ないと思われるなら支払猶予期間を気にすることなくがん保険の加入が可能となります。

3.がん保険以外の保険には猶予期間があるの?

支払猶予期間が設けられているのはがん保険だけではありません。実は医療保険や生命保険にも支払猶予期間が設けられています。

医療保険の場合、現在販売されているものはほとんどが入院1日目から保障されますが、少し古いタイプの医療保険では、入院4日目までは給付の対象とはならず、5日目からしか給付金を受け取れませんでした。この4日間が医療保険の支払猶予期間となります。たとえば、入院給付金日額1万円を支給される医療保険に加入していた人が10日間入院した場合、受け取れる給付金は、(10日-支払猶予期間4日)×1万円=6万円が受給金額となります。

生命保険の場合は、「自殺免責期間」が決められています。生命保険契約後、責任開始日から一定の期間内の自殺については死亡保険金が支払われないことになっています。この期間は生命保険会社や保険商品ごとに決められており、1年から3年程度であることが多いようです。

生命保険に自殺免責期間が設けられている理由は、生命保険を悪用して死亡保険金を得ようとしているケースや、何らかの事情で大金を必要とする人が、自ら命を断つことによって保険金を得ようとしてしまうことを防ぐために設けられています。

生命保険は相互扶助の考えに基づくものであり、加入者の保険料で成り立っています。そのため、生命保険の契約後すぐに自殺をするようなことがあれば、保険加入者の公平性が保てなくなりますので、自殺免責期間はそれらを防ぐ目的があります。また、自殺免責期間が1年から3年とされているのは、何らかの事情があるにせよ、このくらいの長期間であれば自殺を思いとどまれるのではないかという意味があります。医療保険の支払猶予期間は保険の進化とともに消滅しつつありますが、生命保険の場合は今後も設定され続けていくものと考えられます。

4.まとめ

今回は、がん保険には支払猶予期間があることについて解説してきました。がん保険は、保険に加入=保障開始ではなく90日間の支払猶予期間が設けられています。がん保険の切り替え時にはこのことを十分注意しましょう。

参考記事

検索してお金の悩みは解決しましたか?

・自分にピッタリの生命保険を選んで加入したい
・現在加入中の生命保険の内容で大丈夫か確認したい
・保険料を節約したい
・どんな生命保険に加入すればいいのか分からない

生命保険や資産運用についてお悩みなら、ぜひ無料相談をご利用ください。
ネットで検索するよりも簡単でサっと解決!お客様にとっておトクになるアドバイスを提供します。

無料相談はこちらから

お名前必須

ご住所必須

お電話番号必須

メールアドレス必須

ご希望の連絡方法必須
メール電話

ご希望の相談方法必須
対面(弊社オフィス)対面(お客様ご希望の場所)* ご希望に添えない場合があります電話ウェブ会議(Skypeなど)

性別必須
男性女性無回答

年齢必須

職業必須

現在や将来のお金のことで気になるものは?(複数選択可)必須
老後の備えについて病気やケガの備え方教育資金を賢く貯める方法住宅ローンなど大きくかかる固定費の見直しについて保険料を節約する方法今の保険が自分にあっているかどうか様々な貯蓄方法資産運用全般について

既に加入している保険がわかる画像やPDFを添付任意

※簡易診断に利用致します

最新情報をチェックしよう!
>保険や資産運用の無料相談

保険や資産運用の無料相談

難しい保険や投資のお悩みを、ネットで検索するよりも簡単に解決!わかりやすく丁寧に、お客様にとっておトクになる最適なアドバイスをご提案します。 無料なので、お気軽にご相談ください(相談は対面・電話・ウェブでも可能です)