【はじめての方へ】介護保険制度の要点を理解!わかりやすく解説します

前回の記事:介護保険制度って何?仕組みを簡単に理解しよう!では、介護保険の制度や申請方法について解説しました。介護保険制度につて、実際にどのようなサービスがあるのかについて、また介護保険の今後について 今回は詳しく紹介していきます。

1.介護サービスの申請方法

介護保険サービスの申請は、住まいの市区町村にある介護保険窓口で申請を行います。具体的に介護保険サービスを申請から利用できるまでの流れは、以下の通りになります。

  1. 介護保険サービスを利用するための申請を行う
  2. 要介護認定の調査と判定が行われる
  3. 判定の結果、認定された場合には、介護保険被保険者証が交付される
  4. 介護保険サービスの利用プランを作成する
  5. 介護保険サービスの利用開始

申請を行ってから約1ヶ月で要介護認定の判定が出ます。要介護認定された場合には、自宅に郵送で介護保険被保険者証が交付されます。

介護保険被保険者証が交付された後は、サービスを利用するためのプランを作成する必要があります。プラン作成の内容としては、利用希望のサービス項目を決めて、実際に開始する予定等を明確にしていきます。

2.介護予防にも利用できる-予防給付とは?

介護保険には、介護予防にも利用できる予防給付があります。これは、支援が必要であることが認められた人に対して支給される保険給付です。要支援1または2の該当者であると判定された方が、支給の対象となります。該当の介護予防サービスには、以下のものがあります。

  • 在宅サービス
  • 地域密着型サービス

在宅サービスについては、利用者の自宅で受けることができる内容のサービスがあります。例えば、入浴時の介護やリハビリ・自宅療養管理指導などがあります。また、施設に通って受けることのできるサービスも含まれます。そこでは、筋肉トレーニングや口腔ケア、栄養管理指導などを受けることができます。また、施設に通って受けることのできるサービスも含まれます。そこでは、筋肉トレーニングや口腔ケア、栄養管理指導などを受けることができます。他にも、自宅改修や介護福祉用具販売・貸与、介護予防支援にようるサービスなどもあります。

地域密着型サービスについては、認知症対応型通所介護や認知症対応型共同生活介護といったサービスがあります。この地域密着型サービスについては、市区町村が中心となって行うサービスで、介護される方が住み慣れた環境で継続的に生活できることを目的としたものとなっています。

2.自己負担の割合は?

介護保険の自己負担比率は約1~3割です。介護保険の自己負担は、所得の水準によって負担額が変わる仕組みとなっています。例えば『単身で年金収入が340万円以上の場合』というように一定の所得があるケースでは、高齢者の方であれば、3割の負担となります。

もともと介護保険が開始された当時は、対象者全員が1割負担でしたが、時と共に内容が変わっていますので、実際に介護保険の対象者になった場合には、再度確認しておくことが大切です。

3.介護保険には、1ヶ月の利用額に上限がある

介護保険には、1ヶ月に利用することができる上限金額が定められております。上限度は介護の度合いによって決まりますが、介護度が重いほど限度額が大きくなります。

介護保険には、介護の度合いを示すレベルに関し、2種類の指標が設定されています。簡単な支援が必要であると認定するための要支援1~要支援2と、介護が必要である認定をするための要介護1~要介護5があります。この指標のどこに位置するかで、金額の上限が変わってくるのです。例えば要支援1に位置する人の場合、1ヶ月の支給限度額は50,320円とされます。様々な条件によって金額が異なりますので、しっかりと確認しておくことをおすすめします。

ただ、収入が少ない世帯に対して、負担限度額認定制度という制度があります。この制度に認定された場合には、介護保険の支払い限度額以上の支払いは免除されることになります。手続きは、現在住んでいる市区町村で行います。免除に適切であると判断された際には、負担限度額認定制度を受けるこができます。

通常の支払い方法の他にも、特別な方法があることも知っていくと、実際に自分自身が対象となった場合に、慌てずに進めることができるため、負担限度額認定制度の存在についても知っておくことをおすすめします。

4.どうして介護保険制度ができたの? 介護保険制度の今後は?

介護保険は、これからは社会全体で高齢者の介護を支えていくこと目的につくられた保険制度です。年々高齢化率が上昇してく中で、生活の介護を必要とする長期的な入院患者が増え続けることによって、病床が不足していくことになっていきます。実際に数字で見ても、1960年代に5.7%であった高齢化率が、1990年代には12%にまで上がってきており、これからの政策を変えていく必要がある状況にあります。

また、介護職の離職率の増加や、在宅介護に移行した際の核家族の過剰な負担などといった社会的問題も踏まえて創設されていますので、今後の介護保険制度は、常に内容は変化していくものであると言えます。

介護保険制度の改正は、3年ごとにその社会の状況に応じて見直されていくものとなっており、実際に2000年に開始されたときから制度の内容は、常に変化されてきております。特に最近では、要支援1や要支援2の対象となる人に対して、新たな改正を行う方針が出てきております。

今後は、介護保険に値するサービス環境をより整備し、さらに良い制度にしていこうとする考えがあります。また最近では、要介護に対象となる人の数が増え続けていることから、介護保険以外のサービスも出てきております。

介護保険以外のサービスでは、民間の企業による参入もあり、国の各省庁からも「保険外サービス活用ガイドブック」と言うガイドブックも発行されています。

このように、介護保険制度に限らず、その他にも様々サービスが出てくることで、高齢者を担うためのサービスについて環境作りが進められております。 そのため、今後も引き続き、高齢者にとって安心な制度やサービスが出てくることが期待されます。

5.まとめ

今回は、介護保険制度についての基本的な内容を紹介しております。今後もサービスが拡充されていくと思われますので、内容をしっかりと把握し、適切な利用方法を確認して頂ければと思います。

検索してお金の悩みは解決しましたか?

・自分にピッタリの生命保険を選んで加入したい
・現在加入中の生命保険の内容で大丈夫か確認したい
・保険料を節約したい
・どんな生命保険に加入すればいいのか分からない

生命保険や資産運用についてお悩みなら、ぜひ無料相談をご利用ください。
ネットで検索するよりも簡単でサっと解決!お客様にとっておトクになるアドバイスを提供します。

無料相談はこちらから

お名前必須

ご住所必須

お電話番号必須

メールアドレス必須

ご希望の連絡方法必須
メール電話

ご希望の相談方法必須
対面(弊社オフィス)対面(お客様ご希望の場所)* ご希望に添えない場合があります電話ウェブ会議(Skypeなど)

性別必須
男性女性無回答

年齢必須

職業必須

現在や将来のお金のことで気になるものは?(複数選択可)必須
老後の備えについて病気やケガの備え方教育資金を賢く貯める方法住宅ローンなど大きくかかる固定費の見直しについて保険料を節約する方法今の保険が自分にあっているかどうか様々な貯蓄方法資産運用全般について

既に加入している保険がわかる画像やPDFを添付任意

※簡易診断に利用致します

最新情報をチェックしよう!
>保険や資産運用の無料相談

保険や資産運用の無料相談

難しい保険や投資のお悩みを、ネットで検索するよりも簡単に解決!わかりやすく丁寧に、お客様にとっておトクになる最適なアドバイスをご提案します。 無料なので、お気軽にご相談ください(相談は対面・電話・ウェブでも可能です)