30代の平均保険料はいくら?みんなの保険はどんな感じ?

将来のために保険に入った方がいいことはわかっているものの、月々の保険料などを考えるとどうしても二の足を踏んでしまう、という女性も多いのではないでしょうか。女性が保険に入る場合には、どのくらいの保険料がかかるのでしょうか。

今回は、保険のことを意識し始める30代の女性が保険に加入する際の平均的な保険料について紹介していきます。30代女性に保険が必要な理由などについても触れているので、チェックしてみてください。

1.30代女性って?

30代女性が保険に入る場合、その平均保険料はいくらくらいなのでしょうか。30代の女性には様々な人がおり、置かれている状況も人それぞれです。専業主婦として家庭を守っている人もいれば、バリバリのキャリアウーマンとして働いている人もいます。

また、夫の両親や自分の両親の介護をして過ごしているという人もたくさんいるのです。そのため、一口に30代女性といっても、適した保険やプランは変わってきます。そのため、ひとりひとりにあった保険を選ぶことが大切なのです。

2.30代女性に保険は必要?

30代の女性は保険に入る必要はあるのでしょうか。一人ひとり自分の人生のプランは様々なので、考え方は人それぞれです。

ただ、30代になると多かれ少なかれ責任というものが重くなります。会社に勤めている人は会社で重要なポジションにつくこともありますし、家庭に入っている場合も子育てを頑張らなければならない時期でもあります。

そのため、30代女性は自分の身を保障するための保険に入った方が良いでしょう。具体的な理由としては2つあります。

2-1.将来のことを考えるタイミング

20代の頃は体もまだ若いので、少し無理をしてもあまり体に影響が出ないことも多いです。しかし30代になると、体力の低下などで20代の頃のように無理をすることができなくなります。

まだまだ若いと感じる人も多いでしょうが、体の事を考えたら、できるだけいたわってケアをすることが大切です。もしものことがあった場合に後ろ盾がないと負担も大きくなってしまいますが、保険に加入しておくことで万一のことに備えることができるのです。

2-2.病気などに備えるため

30代になると、病気にかかる可能性も高くなります。30代でガンを発症する人も多いので、「自分は大丈夫」と思わずに念には念を入れておくことが大切です。病気になると、治療費や入院費などがばかになりません。

また、30代半ばを過ぎての高齢出産では、出産のリスクが高い上に婦人科系の病気を発症しやすくなるので注意が必要です。

このような病気になってしまった時に費用面で困らないためにも、30代の女性は保険に加入しておくと安心です。

3.30代女性が保険を検討したい理由

30代になって保険の加入を考えるべきである理由としては、以下の2つのポイントがあります。

3-1.女性特有の病気がある

前項でも少し述べましたが、女性には女性特有の病気というものがあります。若いうちはあまり発症しないようなものでも、30代になって年齢を重ねるごとに、そのリスクは高くなってしまうのです。そのため、婦人科系の病気になってしまった時のことを考えて、保険に加入しておくというのはとても大切んポイントです。

まさか自分が、と思っている人が病気にかかることも多いので、自分は大丈夫と油断してはいけません。きちんと将来のことを考えて、リスクに備えましょう。

3-2.子供のための資金を蓄えるため

30代になると、結婚をして子供をもうける人もたくさんいます。母として子供を元気に育てる意識を持つことは大切ですが、子供ばかりに目を向けて自分の体をおろそかにするのはよくありません。

自分に何かあった場合、子供に負担をかけることも考えられるので、子供を育てるための資金を確保するという意味でも、保険に入っておくことは大切です。

保険を積み立てておけば、子供の将来の進学資金などに充てることもできるので、ぜひ保険を有効活用しましょう。

4.30代女性の保険の選び方

30代の女性にとって保険に加入をすることは重要であると述べましたが、実際にはどんな保険を選べばいいのでしょうか。

ここからは、それぞれの女性の状況に合わせて、おすすめの保険の選び方について紹介していきます。

4-1.独身の場合

30代で独身の人の場合には、基本的に万一の時に自分の身を保障することができるものを選ぶことがポイントです。体力も落ちてくる30代では、急な事故で怪我などをする可能性もゼロではありません。

病気や怪我で入院することになった場合、仕事ができないので収入は減ります。そのままでは生活が難しくなってしまうこともあるので、このような場合に備える医療保険や就業不能保険などを活用するのが良いでしょう。

4-2.既婚の場合・仕事をしている

現代は女性も社会進出している時代なので、結婚をしていてもバリバリと仕事をこなす人も多いでしょう。そのような場合にも、やはり保険に加入しておくのがおすすめです。自分の身に何かあった場合、家庭の収入も減少してしまうので、医療保険や就業不能保険などに入っておくと良いでしょう。

もしもの時に備えて保険に入っておくことは、自分だけでなく配偶者や子供など、大切な家族を守るためにもとても重要なものです。

4-3.既婚の場合・専業主婦

専業主婦の場合には、基本的に収入はありませんから、そこまで大きな保険に加入する必要はありません。夫の収入で生活をしている場合には、自分の身に保険をかけて、自分に何かあった時に家族を守れるようにしておくと良いでしょう。そのためには、医療保険や死亡保険などに加入をしていくのがおすすめです。

家事をメインにしている専業主婦でも、病気や怪我になれば治療費や入院費がかかります。また自分がいない間に家のことをきれいにしてもらうためには、ホームヘルパーや家政婦などを雇うこともあるでしょう。このようなサービスにもお金がかかるので、保険に加入しておくと便利です。

4-4.子供がいる場合

30代で子供がいる場合には、子供を不自由なく生活させていけるだけの資金を用意しておくことが大切です。子供を育てていく場合には、教育資金なども必要になってきます。また、両親に万一のことがあれば子供が取り残されてしまうので、不自由なく生きてもらうためにも保険に加入して資金を用意しておくことが大切です。

保険というと掛け捨てのものが多いイメージを持っている人も多いでしょうが、一定の期間に保険料を支払えば、保険金を受け取ることができるものもたくさんあります。子供の将来のことを考えて保険に入る場合には、そのようなものを利用してみるのも良いでしょう。

4-5.マイホームがある場合

賃貸ではなく、マイホーム購入が夢で、念願叶って手に入れたという30代女性も多いでしょう。マイホームを持っている場合には、団体信用生命保険というものに加入することになります。仮に住宅ローンを支払う契約をしている人が死んでしまった場合に、残りのローンを代わりに支払ってくれるというものです。

マイホームを持っている人にとっては安心できる制度なので、おすすめです。

4-6.自営業の場合

自営業をしている場合には、会社員と異なり、公的な医療保険や公的な年金保険などに加入できないので、保険の保障がどうしても少なくなってしまいます。そのため、医療保険や死亡保険、就業不能保険や個人年金保険を利用してみると良いでしょう。

5.30代女性が支払っている保険料の平均とは?

30代の女性が加入すべき保険はたくさんありますが、平均的に30代女性が保険料として支払っているのは、163,000円ほどです。月々に換算すると13000円ほどなので、無理のない範囲で納入することができるでしょう。

これはあくまでも平均値なので、この額を参考に、自分の保険の支払い予算をきめましょう。

6.まとめ

今回は、30代女性の保険料の平均額について紹介してきました。30代になると病気のリスクなども増えますし、子供の将来のことも考えなければなりません。

自分に適した保険を探して、家族や自分自信の生活を充実させていきましょう!

検索してお金の悩みは解決しましたか?

・自分にピッタリの生命保険を選んで加入したい
・現在加入中の生命保険の内容で大丈夫か確認したい
・保険料を節約したい
・どんな生命保険に加入すればいいのか分からない

生命保険や資産運用についてお悩みなら、ぜひ無料相談をご利用ください。
ネットで検索するよりも簡単でサっと解決!お客様にとっておトクになるアドバイスを提供します。

無料相談はこちらから

お名前必須

ご住所必須

お電話番号必須

メールアドレス必須

ご希望の連絡方法必須
メール電話

ご希望の相談方法必須
対面(弊社オフィス)対面(お客様ご希望の場所)* ご希望に添えない場合があります電話ウェブ会議(Skypeなど)

性別必須
男性女性無回答

年齢必須

職業必須

現在や将来のお金のことで気になるものは?(複数選択可)必須
老後の備えについて病気やケガの備え方教育資金を賢く貯める方法住宅ローンなど大きくかかる固定費の見直しについて保険料を節約する方法今の保険が自分にあっているかどうか様々な貯蓄方法資産運用全般について

既に加入している保険がわかる画像やPDFを添付任意

※簡易診断に利用致します

最新情報をチェックしよう!
>保険や資産運用の無料相談

保険や資産運用の無料相談

難しい保険や投資のお悩みを、ネットで検索するよりも簡単に解決!わかりやすく丁寧に、お客様にとっておトクになる最適なアドバイスをご提案します。 無料なので、お気軽にご相談ください(相談は対面・電話・ウェブでも可能です)