【今さら聞けない】国保と社保って何が違うの?分かりやすく整理しよう

1.「国保」と「社保」って何?

国保も社保も、日本に住む人が加入することが義務付けられている「保険」です。国や自治体によってさまざまな保障を行ってくれる公的保険ですが、これにはふたつの種類があります。それが国保と社保です。「国保」と「社保」、誰もが必ずどちらかの保険に加入しているものですが、これらの保険について詳しくご存知でしょうか。国保と社保の違い、保険料やふたつの保険の切り替え方など、比較してみましょう。

1-1.社会保険(社保)とは?

社保(しゃほ)とは、社会保険の略称です。おもに公務員や会社員、その扶養内の人が入るための保険となっています。社会保険の中には、おもに次のものが含まれています。

  • 健康保険
  • 厚生年金
  • 雇用保険
  • 介護保険

これらの保険をひっくるめて社会保険と呼び、加入者が勤めている会社と加入者自身とで保険料をともに支払っているという仕組みになっています。

1-2.国民健康保険(国保)とは?

国保(こくほ)とは、国民健康保険の略称です。社会保険に加入している人、そして生活保護を受けている方以外はこちらの保険に加入することになります。

  • 自営業
  • 農業や漁業に従事している
  • パートやアルバイトで職場の健康保険に加入していない
  • 退職直後、職場の健康保険から外れた

こういった方があてはまります。社会保険に加入していない方はほぼ国民健康保険に加入するということです。

2.社保と国保を比べてみた

社会保険と国民健康保険は、前述のように仕組みが違うものです。社会保険(社保)の場合、勤めている会社とともに保険料を支払っていく仕組みになっており、さらに加入している人の扶養に入っている人が増えたとしても保険料が変わることがありません。

国民健康保険(国保)の場合、出産や結婚などで扶養する人、すなわち国保に加入する人が増えた場合、人数に応じて保険料が高くなる仕組みになっているため、保険料がとても高くなってしまいます。

つまり、月々の保険料については社保の方がお得になるということです。会社(事業主)と折半して保険料を支払うため、自己負担金が少なくなるのです。ただ、社会保険も国民健康保険も、病院を受診したときの医療費負担はどちらも3割。しかし毎月支払う保険料には、このように大きな違いがあるのです。

3.国保と社保、保障内容の違いは?

国保と社保、どちらも病院での自己負担割合は同じですが、支払う保険料は社保の方が安くなります。では、具体的な保障内容の違いについては、どうでしょうか。

国保でも社保でも共通しているものが、出産です。出産をすると、国保でも社保でも一律で42万円が支給される「出産育児一時金」という公的制度が利用可能です。出産時にかかる費用の負担を大きく減らすことができる制度となっています。

次に、保障内容が違うものについて。会社を病気で休んだとき・出産で休んだときに給与が減ってしまいますが、社保の場合はそれを補助してくれる制度や保険料の免除ができる制度があります。万が一の事態にかかる自己負担を減らしてくれるというもので、これは社保にしかありません。これらの保障については、会社に勤めている本人はもちろん、その扶養となっている配偶者・子どもなど家族全員が対象となっていますので、安心感が高いことが特徴です。

一方、国保の場合ですが、国保は社保に比べて保険料が割高になりやすいため、保険料の支払いが大きな負担になることもしばしばあります。前年度の収入(年額)に対してその年の保険料が決定されますが、この決定額に対してとても支払うことができないという場合、保険料の軽減を申請できる制度があります。

管轄の区役所等で相談することができますので、国保の保険料支払いが苦しいという場合にはまず相談してみると良いでしょう。なお、

  • 低所得世帯
  • 災害などで損害を受けた世帯
  • 前年度よりも大きく所得が下がった世帯

これらの世帯が減免を申請することができますが、まずは相談してみることをお勧めします。また、保障内容に含まれているものとして「高額療養費制度」があります。

これは、同一月(1日から月末まで)の間にかかった、入院や治療などの医療費の自己負担額が高額になってしまった場合、自己負担額を越えた分が払い戻しされるという制度です。

風邪などで通院することとは違い、入院・手術はかなり高額な費用がかかります。上限額は年齢や所得によって段階的に決められていますが、自己負担が大きくならないよう、社保・国保のどちらに加入していても利用することができる制度となっています。

4.社会保険と国民健康保険の切り替えについて

会社を辞めたとき、逆に会社に勤めたとき、さまざまな場面で社会保険と国民健康保険の切り替えを行わなくてはならないときがあります。両パターンの保険切り替え方法について見てみましょう。

4-1.社保から国保への切り替え方

勤めていた会社を退職すると、その後の保険についてはふたつのパターンを選ぶことができます。

  • 任意継続(一定期間社保のまま)
  • 国保に切り替える

任意継続というのは、退職後2年の間国保に切り替えず、そのまま社保に加入しておくことができる制度です。任意継続を利用するための条件はこちらです。

  • 被保険者としての資格がなくなる前日までに、継続して2か月以上の被保険者期間があること
  • 資格喪失日から20日以内に申請をすること

つまり、会社を辞めてから20日以内に申請をすること、さらにその会社で2か月以上続けて勤務していたかということが条件です。この条件を満たしている場合、管轄の全国健康保険協会に申請を行えば、任意継続を利用できるということになります。

保険料については、これまでのように会社と折半するのではなく自宅に納付書が届くかたちになるため、コンビニ・銀行等で支払いを行うことになります。

一点注意しておきたいのが、初回分の保険料の支払いについてです。初回の保険料納付が期限内になかったときには、任意継続が取り消し、つまり社会保険から外れることになりますので必ず納付を行いましょう。

任意継続をしない場合や、任意継続の期限後に国民健康保険に切り替える場合ですが、社会保険から外れるという、「被保険者資格喪失届」は会社が提出することになります。その後、国民健康保険への切り替え手続きは自分自身で行う必要がありますので、区役所等の窓口で申請を行いましょう。

資格喪失日は退職した次の日になるため、それ以降に早めに手続きをします。もちろん、この退職翌日から国民健康保険に加入する前提になっているため、保険料もこの日から発生することになります。余裕をもって手続きを行いましょう。

4-2.国保から社保への切り替え方

社保から国保への切り替えは、区役所等の窓口へ行き自分自身で行うことになっていますが、国保から社保への切り替えについても同様です。

まず、自分がしなくてはならないのは「国保の脱退」です。

これから社会保険に入るために会社側が手続きを行いますが、いったん自分で国保から脱退するという申請を行わなくてはなりません。

社会保険にこれから加入する扶養家族全員分の国民健康保険証を返還するとともに、脱退の手続きを行いましょう。

5.まとめ

社会保険と国民健康保険。どちらも同じく、国民の健康を守るものですが、それぞれ仕組みや保障内容が少しずつ違っていることがわかりました。

これらの公的保険でまかなうことができる保障・できない保障がありますので、そこを個人で加入する保険によってカバーできると、より安心して生活ができるでしょう。

国保・社保の切り替え時には、会社が行う手続きはもちろんのこと、自分自身でしなくてはならない手続きがいくつかあり、さらに手続きを行う期限が決まっているものもありますので、忘れないように申請を行いましょう。

検索してお金の悩みは解決しましたか?

・自分にピッタリの生命保険を選んで加入したい
・現在加入中の生命保険の内容で大丈夫か確認したい
・保険料を節約したい
・どんな生命保険に加入すればいいのか分からない

生命保険や資産運用についてお悩みなら、ぜひ無料相談をご利用ください。
ネットで検索するよりも簡単でサっと解決!お客様にとっておトクになるアドバイスを提供します。

無料相談はこちらから

お名前必須

ご住所必須

お電話番号必須

メールアドレス必須

ご希望の連絡方法必須
メール電話

ご希望の相談方法必須
対面(弊社オフィス)対面(お客様ご希望の場所)* ご希望に添えない場合があります電話ウェブ会議(Skypeなど)

性別必須
男性女性無回答

年齢必須

職業必須

現在や将来のお金のことで気になるものは?(複数選択可)必須
老後の備えについて病気やケガの備え方教育資金を賢く貯める方法住宅ローンなど大きくかかる固定費の見直しについて保険料を節約する方法今の保険が自分にあっているかどうか様々な貯蓄方法資産運用全般について

既に加入している保険がわかる画像やPDFを添付任意

※簡易診断に利用致します

最新情報をチェックしよう!
>保険や資産運用の無料相談

保険や資産運用の無料相談

難しい保険や投資のお悩みを、ネットで検索するよりも簡単に解決!わかりやすく丁寧に、お客様にとっておトクになる最適なアドバイスをご提案します。 無料なので、お気軽にご相談ください(相談は対面・電話・ウェブでも可能です)