出産はいつまでにするのが最適?高齢出産ってどういうことなの?

出産適齢期という言葉がある通り、「出産はいつまでにするのが最適」ということを悩む女性も多いのではないでしょうか。

厚生労働省などが発表する情報などを見ると、「多くの女性がどれくらいの時期に出産しているのか」というデータを参考にすることができます。しかし、たとえ周りの女性が早くから出産しているからといって、それが自分にとって最適なタイミングとは限りませんよね。

実際に出産が遅れてしまうと、母親の健康状態が悪くなったり、産まれてくる赤ちゃんの発育に悪影響を及ぼすリスクがあります。一方で、年齢を重ねて生活にゆとりがあり、人間的にも成長した後のほうが良い子どもを育てやすいというメリットもあるのです。

今回は、こうした高齢出産のリスクとメリットの両面から、「出産はいつまでにするのが最適か」という答えを出していきます。

1.出産はいつまで?目安は35歳までと言われるけれど…

「出産はいつまでにすればよいのか」というのは、多くの女性に当てはまる大きなテーマです。 日本産科婦人科学会によると、高齢出産とは、35歳以上の初産婦(高齢出産(高年初産))と定義されています。つまり、35歳からがちょうど高齢出産に差しかかるかどうかのタイミングと認識されているようです。ですので、35歳というのがひとつのベンチマークとするのが良いかもしれません。

※ 本記事は、35歳以上で出産することがダメだとか、高齢出産を否定するものではありません。悪しからずご了承下さい。

35歳をベンチマークとする理由は、高齢出産のリスクとメリットの両者を天びんにかけたときに、ちょうど良いタイミングが35歳に当てはまるからです(後ほど詳しく解説します)。

女性の体は繊細で複雑な事情を持っているため、いつ子どもを産んでも結果が同じになるわけではありません。年齢が高まるに従って出産に必要な体力は衰えていきますし、病気のリスクも増えます。一方、若い女性に比べると、年齢層の高い方のほうが経済的なゆとりがあるというメリットもあるのです。

このように、「いつまでに出産するのか」という大きなテーマは、「逆に出産が遅れる(高齢出産)ことで、どのようなリスクとメリットがあるのか」という両面をじっくりと考えて決めるべきでしょう。

今回は、その高齢出産のリスクとメリットを複数ピックアップしながら、出産の最適な時機についてお伝えしていきます。順番に読み進めていくうちに、「なぜ35歳くらいが出産にちょうど良いのか」という理由が分かるはずです。

2.30~34歳で子どもを産む家庭が増えている

時代が進むにつれて、子どもを産む女性の年齢層が高くなりつつあります。厚生労働省の調査によると、第1子を出産する母の年齢層は、徐々に20代から30代へと移行しようとしていることが分かります。

母の年齢層別の第 1子出生数を見ると、20歳代の出生数の減少が続いている一方で、30~34歳の出生数は緩やかな増加傾向となっている。

【出典:厚生労働白書(平成25年度)

この厚生労働白書のなかでは、全体の出生数のうち98%が婚姻関係にある男女の間で生まれていることを解説しています。つまり、ほとんどの子どもが結婚してから産まれているということです。そのため、出産年齢の上昇は、現在の日本で進む晩婚化の影響を強く受けているといえるでしょう。

30~34歳で子どもを産む女性が増えることで、出産にかかわる医療技術や仕組みなども変化していきます。今後は、30歳以降でも子どもを産みやすい環境が整っていくことが予想できます。

しかし、「多くの女性がこれくらいの時期に子どもを産んでいるのだから、私も……」と、上記のデータだけで出産時期を判断するのは少し危険かもしれません。同じ女性でも、人によって健康状態や生活スタイル、経済状態などが大きく異なるからです。

そのため、いつまでに出産するかは、やはり自分自身の現状と将来をしっかりと見つめてから行うべきでしょう。それを理解するために、まずは高齢出産のリスクから学んでいきます。

3.高齢出産のリスクを理解しよう

35歳以上で子どもを産む高齢出産には、3つの注意点があります。母親の身体や赤ちゃんの発育に悪影響を及ぼす可能性があるため、これらの点は注意しておく必要があるでしょう。

3-1.流産や難産のリスクが高くなる

卵子は、母親の年齢とともに衰えていき、高齢になるほど受精卵の染色体異常が増加します。その結果、流産や早産のほか、発達障害の子どもが生まれやすいダウン症のリスクも高まると言われています。また、初産の高齢出産の場合、産道や子宮口が硬くなりやすく、難産になる可能性も高くなります。

3-2.妊婦が病気になりやすい

高齢出産は、妊婦が次のような病気にかかりやすいリスクを持ちます。

  • 前置胎盤
  • 妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)
  • 子宮筋腫
  • 胎盤早期剥離 など

3-3.赤ちゃんの発育が遅れるリスクがある

高齢出産は、産まれてくる赤ちゃんの発育に悪影響を及ぼす可能性があると言われています。

赤ちゃんは母体のなかにいる間、母親からたくさんの栄養を受け取って成長していきます。しかし、高齢によって血流が悪くなってしまうと栄養が行き渡らず、胎児が低栄養状態になってしまうのです。

胎児の間に十分な栄養を得ることができなければ、産まれてくる赤ちゃんの発育も遅くなるリスクが考えられます。

4.意外と知られていない?高齢出産は産後に大きなメリットが!

高齢出産は、母親の肉体的な衰えや子宮の老化などの影響により、その心配事ばかりが語られがちです。しかし、高齢出産にはメリットの面もあることを忘れてはいけません。

高齢出産のリスクが身体的・肉体的なものである一方、メリットは精神的・経済的な面が強いです。以下で詳しくお伝えしていきます。

4-1.余裕を持って赤ちゃんの育児をしやすい

高齢出産の場合、余裕を持って赤ちゃんを育てやすいというメリットがあります。

先ほどの厚生労働白書によると、妻の年齢が30歳未満で、「子どもを持ちたいが実現は難しい」と考える世帯が全体の8割以上にのぼると記載されています。その理由は、「収入が不安定なこと」がトップを占め、これが全体の4割です。

【参考:厚生労働白書(平成25年度)

若いうちから子どもを育てるだけのお金を用意することは、決して簡単ではありません。上記のように、家庭の経済的な理由から出産の時期を遅らせるケースも珍しくないのです。

一方、年齢を重ねることで世帯の収入が上昇する可能性が高まります。また、たくさんの経験を積むことで、仕事や家庭でゆとりのある生活を送りやすくなるでしょう。そのため、子どもを産んでからも余裕が生まれやすく、伸び伸びと赤ちゃんを育てていくことが可能です。

4-2.周囲のアドバイスを得やすい

赤ちゃんを産む時期が後にずれるほど、自分の周囲では出産経験者が多くなっていきます。先輩ママの体験談や育児経験を聞いておくことで、自分が出産するときの対策にすることが可能です。周囲のアドバイスを得やすいという点は、高齢出産の大きなメリットといえるでしょう。

5.まとめ

出産はいつまでにするのが最適か——。今回はこのテーマを巡り、複数のデータや高齢出産のメリット・デメリットを使って解説してきました。

赤ちゃんを産む時期があまりにも遅くなると、母体への健康被害や胎児の発達障害などのリスクがどんどん高まっていくため、あまりおすすめはできません。

しかし、経済面や生活に余裕のないうちに出産してしまうと、満足のいく子育てができないことも考えられます。事実、自分のことに余裕が生まれてから出産するほうが、子どもの教育にもお金をかけやすくなり、良い子に育つケースも少なくありません。

ここまでのメリット・デメリットを振り返ると、出産は「早すぎず遅すぎない」ことが大切だと分かります。そのため、冒頭でお伝えした35歳前後が適齢期だと考えられるのです。

もちろん、ご自身の家庭内環境や経済状況などによって年齢は前後するはずです。ぜひ今回の記事を参考に、自分らしい出産・育児プランを組み立ててみてください。

検索してお金の悩みは解決しましたか?

・自分にピッタリの生命保険を選んで加入したい
・現在加入中の生命保険の内容で大丈夫か確認したい
・保険料を節約したい
・どんな生命保険に加入すればいいのか分からない

生命保険や資産運用についてお悩みなら、ぜひ無料相談をご利用ください。
ネットで検索するよりも簡単でサっと解決!お客様にとっておトクになるアドバイスを提供します。

無料相談はこちらから

お名前必須

ご住所必須

お電話番号必須

メールアドレス必須

ご希望の連絡方法必須
メール電話

ご希望の相談方法必須
対面(弊社オフィス)対面(お客様ご希望の場所)* ご希望に添えない場合があります電話ウェブ会議(Skypeなど)

性別必須
男性女性無回答

年齢必須

職業必須

現在や将来のお金のことで気になるものは?(複数選択可)必須
老後の備えについて病気やケガの備え方教育資金を賢く貯める方法住宅ローンなど大きくかかる固定費の見直しについて保険料を節約する方法今の保険が自分にあっているかどうか様々な貯蓄方法資産運用全般について

既に加入している保険がわかる画像やPDFを添付任意

※簡易診断に利用致します

最新情報をチェックしよう!
>保険や資産運用の無料相談

保険や資産運用の無料相談

難しい保険や投資のお悩みを、ネットで検索するよりも簡単に解決!わかりやすく丁寧に、お客様にとっておトクになる最適なアドバイスをご提案します。 無料なので、お気軽にご相談ください(相談は対面・電話・ウェブでも可能です)