学資保険と終身保険って何が違うの?子供の学費のためになる保険を選ぶ!

子供の将来のために、学資保険を利用する親御さんも多いものです。しかし中には、終身保険を子供の学業の資金確保のために利用している人もいます。保険という名前がつくだけで何が違うのかわからないという人も多いでしょう。

ということで今回は、終身保険と学資保険の違いを紹介するとともに、どっちに入ったほうがいいのかということについても触れていきます。

子供の進学のための資金積立に悩んでいるという人は、ぜひチェックしてみてください。

1.終身保険は学資保険の代わりになるの?

学資保険に加入して保険金を支払っていれば、なんとなく子供の将来のお金を確保できるので安心できるという人も多いでしょう。しかし近年では、この学資保険と似たような特徴を持つ終身保険も注目されています。

では、学資保険と終身保険にはどのような違いがあるのでしょうか。ここからは、学資保険と終身保険の内容を比較した上で、その違いについても触れていきます。どちらを選んだらいいの?ということに注目して、チェックしてみてください。

2.学資保険とは?

終身保険を子供の学業のための資金運用に当てる人もいますが、これは学資保険とはどのような違いがあるのでしょうか。

学資保険では、十分な額の学費を工面するために、あらかじめ保護者が毎月積み立てたり一括で払い込みをすることで、貯蓄のように運用することができる保険のことです(貯金と同じではありません)。

子供の学費でもっともお金がかかるのが大学です。子供が幼いうちからコツコツと積み立てておくことで、大学進学の際などにまとまった額のお金を手に入れることができます。

2-1.子供の学費を蓄えられる

学資保険というのは、子供のために親などの保護者が積立を行う保険のことです。子供の学費を確保するために利用するものなので、学資保険という名前が付いています。保険が満期になるとお金を受け取ることができる保険です。

子供を育てるためには少なからずお金がかかるものなので、自力で大学の進学費用などを積み立てるのはなかなか大変なものです。学資保険を利用して資産を運用していくことで、親も負担なく学費を確保することができます。

2-2.親がいなくなった場合、支払いは免除

保険に加入すると、一定の期間が満了するまでは基本的に保険料を支払って積み立てていかなければなりません。しかしお金を支払う保護者も人間ですから、いつまでも元気に保険料が支払えるかというと、そうとは限りません。

このご時世ですから、事故にあったり病気になったりということも十分に考えられます。保険に加入したまま保険料を支払う人がいなくなってしまった場合、子供に大きな負担がかかってしまうでしょう。

学資保険の場合は、保護者に万一のことがあった場合には、以降の保険料の支払いが免除されるという大きなポイントがあります。そして積立をした分のお金は、満了期にきちんと受け取ることができます。

2-3.払ったお金以上の給付金が受け取れる場合がある

子供の学資保険を利用すると、保険料の支払いを受けた保険会社が運用をするので、契約の満了時には給付金を受け取ることができます。

しかもこの給付金は原本金を元に運用されているので、払った時の原本以上を受け取れる可能性もあります。この点も、大きなメリットと言えるでしょう。

3.終身保険とは?

学資保険と比較対象にされているのが終身保険ですが、こちらにはどのような特徴があるのでしょうか。基本的に終身保険にも、いくつかポイントがあります。

3-1.一定期間が経つと、給付される額の方が高くなる

終身保険も基本的に保険会社が元本を元に運用していくので、運用して一定の期間が経つと、解約返戻金(解約した時に返ってくるお金)がアップします。しかも終身保険の場合は名前にもあるように、保障が一生涯続くのはとても便利です。解約をしない限り保障が続くので、もしもの時に備えて加入しておくと良いでしょう。

学資保険の場合は満期があるのでその時期になったら払い戻しが行われますが、終身保険の場合は自分が止めない限り継続して利用することができます。

3-2.保険料は一生変わらない

保険を利用する際に気になるのが、保険料ではないでしょうか。保険料の変動が激しいと、保険の加入の継続も難しくなってしまいかねません。終身保険では基本的に保険料が一生変わらないので、毎月貯金をする感覚でお金を積み立てていくことができます(貯金と同じはありません)。

自分で設定した額を支払っていくだけなのでさほど負担にもならず、毎月一定額の支払いでいいので、仕組みもシンプルで利用しやすいのが大きなメリットと言えます。

3-3.契約者貸付制度の利用ができる

積み立ててから日が浅い場合には、急にお金が必要になっても、そこで解約すると損をしてしまうとなかなか解約に踏み切れないものです。

しかし終身保険の場合は「契約者貸付制度」というものを利用することで、そのような悩みも解消できます。

これは、契約内容はそのままに解約をせず、保険会社から契約者がお金を借りられるという制度です。解約せずにまとまったお金を貸し付けてもらえるというのは、大きなメリットです。

4.結局、学資保険と終身保険、どっちに入るのがおトク?

ここまで学資保険と終身保険の内容やメリットについて紹介してきましたが、結局のところどちらを選んだらいいのかわからないという人も多いでしょう。

どちらの保険にもそれぞれ特徴やメリットがありますが、最近は学資保険のお得さが減ってきています。そのため、お金を増やしたいという目的が大きいのであれば、どちらの方が戻ってくるお金が多いか、ということで選んでも良いかもしれません。

もちろん自分の財布と相談してからということになりますが、無理のない範囲でバランスよく利用していくと良いでしょう。

5.子供の学費に関して、学資保険と終身保険の違いまとめ

子供のために入るべき学資保険ですが、保険料を支払う保護者にも配慮した保険を選ぶことが大切です。保護者に何かがあった時に保障を受けられる終身保険に加入しておけば、子供にも負担をかけずに進学をさせることができます。

また学資保険を併用することで、子供の進学のためのお金も確保することができます。学資保険と終身保険を併用して、学資を確保するための工夫をしていくことが大切です。

今回は学資保険と終身保険の違いについて紹介するとともに、実際にはどちらを選んだらいいのかということについても紹介してきました。どちらか一方に加入するのでももちろん良いのですが、少し余裕がある場合には両方に加入しておくとさらに安心です。保護者と子供を両方保障できるので、万一の時にも比較的安心できます。

学資保険や終身保険を上手に利用して、負担なく子供のための学費を積み立てていきましょう!

検索してお金の悩みは解決しましたか?

・自分にピッタリの生命保険を選んで加入したい
・現在加入中の生命保険の内容で大丈夫か確認したい
・保険料を節約したい
・どんな生命保険に加入すればいいのか分からない

生命保険や資産運用についてお悩みなら、ぜひ無料相談をご利用ください。
ネットで検索するよりも簡単でサっと解決!お客様にとっておトクになるアドバイスを提供します。

無料相談はこちらから

お名前必須

ご住所必須

お電話番号必須

メールアドレス必須

ご希望の連絡方法必須
メール電話

ご希望の相談方法必須
対面(弊社オフィス)対面(お客様ご希望の場所)* ご希望に添えない場合があります電話ウェブ会議(Skypeなど)

性別必須
男性女性無回答

年齢必須

職業必須

現在や将来のお金のことで気になるものは?(複数選択可)必須
老後の備えについて病気やケガの備え方教育資金を賢く貯める方法住宅ローンなど大きくかかる固定費の見直しについて保険料を節約する方法今の保険が自分にあっているかどうか様々な貯蓄方法資産運用全般について

既に加入している保険がわかる画像やPDFを添付任意

※簡易診断に利用致します

最新情報をチェックしよう!
>保険や資産運用の無料相談

保険や資産運用の無料相談

難しい保険や投資のお悩みを、ネットで検索するよりも簡単に解決!わかりやすく丁寧に、お客様にとっておトクになる最適なアドバイスをご提案します。 無料なので、お気軽にご相談ください(相談は対面・電話・ウェブでも可能です)