貯蓄型保険の「返戻率」って何?陥りやすい罠に注意!

生命保険の中にもいくつか種類があり、その中でも近年注目されているのが「貯蓄型生命保険」です。この保険のメリットとしてはいくつかあり、中でも最も大きいのがお金が戻ってくるので投資のように資産を増やす目的で利用することができるという点です。

しかし、有効に利用するためにはきちんとポイントを押さえて運用していかなければなりません。ということで今回は、「貯蓄型生命保険」の効果的な利用方法について紹介していきます。ぜひチェックしてみてください。

1.生命保険の種類

生命保険といえば「掛け捨て型」が主流ではありますが、近年では掛けたお金が戻ってくる「貯蓄型生命保険」というものも注目されています。では、これら二つの生命保険にはどのような違いがあるのでしょうか。

1-1.掛け捨て型

掛け捨て型の生命保険は、かけた保険金は手元には戻りません。基本的に保険をかける期間が決まっており、その期間は保険会社によって異なるので、最初に確認しておく必要があります。保険期間が満了となった後は保障を受けることができなくなり、かけていた保険料も戻っては来ません。

一定期間内で保障が必要な場合には便利ですが、生涯カバーすることはできないので注意が必要です。ただ、基本的に保険料を支払うだけなので、料金は比較的安く済みます。これは大きなメリットです。

死亡保険だけではなく、がん保険や医療保険なども掛け捨て型タイプの保険が多いです。利用者も多いですが、定期的に見直しをして自分に合っているかどうかを確認する必要があります。保険内容によって、10年定期の場合や20年定期の場合など、期間は様々です。

1-2.貯蓄型

貯蓄型の生命保険というのは、保障と貯蓄の両方の機能を持った便利な生命保険です。保険の期間は掛け捨て型同様に一定期間が定まっているものもあれば、終身保険というものもあります。

保険を取り扱っている会社では、支払われた保険料を積み立てることで資金運用をしていくシステムになっています。そのため、支払い期間が終了すると、支払い総額よりも積立金が増えていくので、自分の利益を貯蓄することができるのです。

掛け捨て型の保険は、自分に万一があった時に大きな保障をもらえるのがメリットですし、貯蓄型は自分の資金を増やすことができるのが利点と言えます。

2.貯蓄型生命保険のメリット

貯蓄型生命保険には、いくつかメリットがあるので、まずはこちらをチェックしてみてください。

2-1.受け取る時の金額が高くなる場合がある

貯蓄型保険料の最大の魅力としては、支払った額よりも多くの額が返ってくる可能性が高いということです。保険会社は支払われた保険料をもとに資金を運用していくので、その過程で資金の額が増えていき、リターンの割合も高くなるのです。

基本的に保険をかけながら自分の資産運用をすることもできるのが、大きなメリットと言えるでしょう。しかも毎月の積立なので、1回あたりの負担が小さくなります。その結果、ローコストでリターンを狙うことができるのです。

資産運用の知識があまりないが将来の生活のために資金を増やしていきたいという人にとっては、おすすめの保険といえます。ただ、リターンの割合については契約の内容や会社によっても異なるので、あらかじめチェックしておきましょう。

2-2.万一のケースにも対応出来る

貯蓄型保険は主に積立を目的に利用されるものではありますが、あくまでも「保険」なので、万が一に事態に備えて利用することもできます。事故などを起こして重篤な状態になってしまった場合なども、保険金を受け取ることができるのです。万が一の事態に備えつつ貯蓄をすることもできるので、一石二鳥の保険といえます。

毎月無理のない範囲で保険料を納めることによって、自分の身に何か起こった時の金銭的リスクを減らすことができる上に貯蓄もできるのも大きなメリット。貯金が得意でなく、すぐにお金が減ってしまうという人でも、貯蓄型保険ならば無理なく貯蓄をすることができます。

2-3.ライフスタイルに合わせて使い道を選べる

掛け捨て型の保険では、何もなければお金は戻ってきません。そのため、あくまで「万が一」に備えるための手段として使用することになります。

一方貯蓄型保険の場合は、貯蓄として利用することもできます。将来子供の進学などのためにお金を積み立てたいという目的でこの保険を利用していても、途中で別の事業で成功して、十分な資金が得られることもありますよね。そのような場合には、自分の老後のための保険金の確保などに目的を変更することもできるのです。

その時の状況に合わせて使い道を選択していくことができるのが、貯蓄型保険の大きな魅力といえます。

3.返戻率の算出要件に注目して自分に当てはめる

便利で使い道も広い貯蓄型保険ではありますが、注意しなければならない点もあります。貯蓄型保険を選ぶ際に注目すべきは、「返戻率」というものです。これは生命保険を解約した時に戻ってくる額のことで、払い込みの総額と比較して多い場合にはお得となります。

解約時に返ってくるお金と払い込み総額が同額であれば、返戻率というのは100%ということになります。つまり返戻率が高い保険を選ぶことで、お得な保険かどうかを比較することができるのです。

ただ、この返戻率というのは保険会社が算出しているもので、その基準も会社によって様々です。そのため、返戻率だけを見て保険の加入を決めると、結果的に損をしてしまうこともあるので注意しましょう。

4.返戻率が高くなる条件

返戻率が高いほどリターンが大きいということなので、この点に注目している人も多いでしょう。では、返戻率が高くなるためには、どのような条件があるのでしょうか。

4-1.保険料を払い込む期間

まず、保険料を支払っている期間が長いと、返戻率も高まります。長期間払い込むと年間ごとの元本の払い込み料が多くなるので、返戻額というのも高くなります。同じ金額を支払っていたとしても、支払っている年数が異なれば、長い年数支払いを継続していた方が戻ってくる額は大きいのです。

4-2.死亡保険の金額が小さい

死亡保険を利用している場合、被保険者が死亡した場合にお金が支払われます。途中で保険を解約する場合には、このお金は返ってこないのが原則です。そしてこの額が減ることで運用をして得た利益金額も下がります。すると運用益の一部として確保しておくべきお金も減るので、解約した時に戻ってくるお金の額は上がりやすくなります。この点は少し難しい部分ではありますが、返戻率だけではなくこうした部分を重視しておくと、自分にとって最適な保険を見つけることができます。

5.生命保険は「全体」を見て選ぶ

解約した際の返戻率のみを大々的に打ち出している会社もありますが、それだけを基準に選ぶのはおすすめできません。前項のように死亡保険の額などによっても返金される額に変動が出てくるので、基本的には生命保険で動くお金全体を見ておくことが大切です。

6.資産活用のポートフォリオは「複数の手段」を取ること

資産運用をしていく中では、常に現状を把握しておくことが大切です。保険内容に変化はないのか、他にお得な保険はないのかということに常に目を光らせておくことで、より効率的な資産運用をすることができるようになります。

資産を動かす場合には、一つのものに対して全てをかけるのではなく、分散させることでリスクを軽減し、上手に資産運用できるようになります。全てを生命保険にかけるのではなく、複数の充当先を見つけることが大切です。

7.まとめ

今回は、貯蓄型保険で重要になる「返戻率」について紹介してきました。資産運用をする上で貯蓄型保険を利用することは非常に重要ですが、よりメリットを大きくするためには、運用の仕方にもこだわる必要があります。

資産運用をする場合には「返戻率」だけに着目するのではなく、どのようにすれば返戻額を上げることができるのかなど、生命保険の内容全体をチェックして、本当に利益を得られるのかどうかということを試算してみることが大切です。

資産の貯蓄として行うのにぴったりな貯蓄型保険を上手に利用して、自分に適した資産運用をしていきましょう!

検索してお金の悩みは解決しましたか?

・自分にピッタリの生命保険を選んで加入したい
・現在加入中の生命保険の内容で大丈夫か確認したい
・保険料を節約したい
・どんな生命保険に加入すればいいのか分からない

生命保険や資産運用についてお悩みなら、ぜひ無料相談をご利用ください。
ネットで検索するよりも簡単でサっと解決!お客様にとっておトクになるアドバイスを提供します。

無料相談はこちらから

お名前必須

ご住所必須

お電話番号必須

メールアドレス必須

ご希望の連絡方法必須
メール電話

ご希望の相談方法必須
対面(弊社オフィス)対面(お客様ご希望の場所)* ご希望に添えない場合があります電話ウェブ会議(Skypeなど)

性別必須
男性女性無回答

年齢必須

職業必須

現在や将来のお金のことで気になるものは?(複数選択可)必須
老後の備えについて病気やケガの備え方教育資金を賢く貯める方法住宅ローンなど大きくかかる固定費の見直しについて保険料を節約する方法今の保険が自分にあっているかどうか様々な貯蓄方法資産運用全般について

既に加入している保険がわかる画像やPDFを添付任意

※簡易診断に利用致します

最新情報をチェックしよう!
>保険や資産運用の無料相談

保険や資産運用の無料相談

難しい保険や投資のお悩みを、ネットで検索するよりも簡単に解決!わかりやすく丁寧に、お客様にとっておトクになる最適なアドバイスをご提案します。 無料なので、お気軽にご相談ください(相談は対面・電話・ウェブでも可能です)