変動金利?固定金利?住宅ローン金利はどっちがオススメ?

夢のマイホームを手に入れるためには、まず住宅ローンの金利を変動にするのか固定にするのかを決めなければなりません。変動金利、固定金利どちらにも一長一短がありますので、正直どちらを選べばいいのかわからないと悩む人は多いのではないでしょうか。

そこで今回は、変動金利、固定金利のそれぞれの特徴とメリット・デメリットを把握し、どちらが自分に向いているのかをみていきましょう。

1.そもそも変動金利・固定金利とは?

住宅ローンの金利には大きく分けて「変動金利」「固定金利」の2つがありますので、それぞれの特徴をよく知っておくことが大切です。

1-1.変動金利とは?

変動金利とは、返済期間中に定期的に金利の見直しがあるため、金利が変動するタイプの住宅ローンのことをいいます。変動金利は市中の金利変動(物価や為替)の影響を受けて適用金利が変わります。

変動金利は一般的には住宅ローンのなかでは最も低く設定されているため、借りやすいのが魅力のひとつといえるでしょう。けれど市中の金利が上がってしまうと適用金利も上昇し、月々の返済額が増えてしまうというリスクもはらんでいます。

また、定期的な金利の見直しは5年ごとに行われるのが一般的です。心配なのは金利の上昇ですが、もし、適用金利の見直しよって金利が上昇し返済額が増えても、返済額の上限を定めた「125%ルール」がありますので、大きく金利が上昇しても大幅に返済額が増えることはありません。仮に月々8万円を返済であれば、月々10万円の返済が上限となります。けれども、上昇した金利は免除されているのではなく、先送りにされているだけだということは認識しておく必要があります。

1-2.固定金利とは?

固定金利は、住宅ローン完済までの金利があらかじめ決められているものをいいます。また、固定金利には「固定期間選択型」「全期間固定金利型」の2つがあり、いずれも市中金利が上昇しても、適用金利の見直しはないため返済額が返済期間中は変わらないという特徴があります。

固定期間選択型は、3年、5年、10年など、決められた期間中は金利が固定されていますが、期間の終了時に再度固定期間選択型にするか、変動金利に変更するかを選択します。ただ、固定期間選択型は、最終的にいくら返済するのか返済総額がわかりにくく、長期の返済計画が立てにくいというデメリットがあります。

2.変動金利・固定金利のメリット・デメリット

変動金利と固定金利について述べてきましたが、一長一短だということがおわかりいただけたことでしょう。ここでメリット・デメリットを表にまとめてみました。

  メリット デメリット
変動金利 固定金利より金利が低く設定されている。金利が低い間は低金利を享受できる 金利上昇のリスクがある金利上昇によって返済が厳しくなることもある
固定金利 金利固定の安心感がある全期間は返済計画を立てやすい 変動金利より金利が高い返済期間中に金利上昇がなければ総返済額は固定金利のほうが大きくなる固定期間選択型は総返済額がわかりにくい

変動金利の金利は固定金利より低いことが最大のメリットです。金利が低い現在のような状況が続けば、総返済額は固定金利より少なくなる可能性があります。ただ、金利上昇のリスクを常に考えておく必要があります。

一方の固定金利は、変動金利型より高めの金利ですが、全期間型であれば完済までの金利が決められているため安心感があり、返済計画を立てやすいことが最大のメリットです。ただ、金利は変動金利より高く設定されていますので、総返済額は変動金利より多くなってしまうことがデメリットといえるでしょう。

このように、変動金利と固定金利には一長一短があり、どちらが特に優れているとはいい難いものがあります。しかし、住宅ローンを組むなら変動金利と固定金利のそれぞれのメリット・デメリットを把握しておく必要があります。

3.変動金利と固定金利はどっちの利用が多い?

出所: 国土交通省「平成30年民間住宅ローンの実態に関する調査結果報告書」

国土交通省発表の「民間住宅ローンの実態に関する調査結果報告書」によると、平成29年度における新規借り入れによる金利タイプ別の割合は、変動金利が50.7%、固定期間選択型が31.2%、全期間固定金利型が6.2%となっています。

昨今の低金利がしばらく続くと考え、適用金利の低い変動金利型を選択する人が約半数いることがわかります。ただ、過去最低といわれている金利ですが、今後金利が上がるかどうかは誰にもわかりません。将来に少しでも不安がある場合は、固定金利選択型を選択するほうが安心でしょう。

では、変動金利が向いている人の特徴、固定金利が向いている人の特徴を深くみていきましょう。

2-1.変動金利が向いているのはどんな人?

変動金利が向いている人は、現在の低金利の恩恵を少しでも受けておきたいと考える人、または、今後の金利の動向をみながら、住宅ローンの借り換えをしようと考えている人に向いているといえます。

ほかにも、金利上昇による返済額アップにも耐えられるゆとりある生活をしている人、借入額が少額で、金利上昇による影響をあまり受けない人にも変動金利は適しているといえるでしょう。

  • 低金利の恩恵を少しでも受けておきたい人
  • 金利の動向をみながら住宅ローンの借り換えを考えている人
  • 金利上昇による返済額アップに耐えられるような生活に余裕のある人
  • 借入額が少額で金利上昇リスクの影響があまりない人

2-2.固定期間選択型が向いているのはどんな人?

固定期間選択型は、前述の通り3年、5年、10年といった一定期間は金利が変わらないため、金利が固定されている期間は返済計画が立てやすいといえます。そのため、教育費が大きくかかる時期だけ固定期間選択型を選んでおくなどすると返済計画が立てやすいでしょう。

また、固定期間選択型後に、金利が上昇していても繰り上げ返済で対応できる資金に余裕がある、金利変動の影響を受けにくい返済期間の短い人にも向いているといえます。

  • 一定期間に金利を固定しておきたい
  • 資金に余裕のある人
  • 返済期間が短い人

2-3.全期間固定金利型が向いているのはどんな人?

変動金利より金利は高く設定されているものの、全期間金利が固定という安心感には変えられないと考えている人に全期間固定金利が向いています。

また、将来に少しでも不安のある人、返済額が増えてしまうと返済に困ってしまう人にも全期間固定金利型はおすすめです。

そのほかにも、金利の変動に振り回されたくないと考える人や、当初の計画通りに返済を続けたい人にも全期間固定金利型は向いているといえます。

  • 固定金利の安心感を得たい人
  • 金利の変動に振り回されたくない人
  • 長期の生活設計を立てている人

3.まとめ

それぞれの家庭の事情によって、選ぶべきタイプは異なります。現在は空前の低金利ですが、今後これ以上下がることはあまり考えられず、むしろ上昇する可能性があると考えるほうが妥当でしょう。住宅ローンは収入や教育費のかかる時期、支払う期間にあったタイプを選択することがとても大切です。また、住宅ローンは長期で返済するため、将来に少しでも不安があるのなら全期間固定金利を選んでおくと無難です。

検索してお金の悩みは解決しましたか?

・自分にピッタリの生命保険を選んで加入したい
・現在加入中の生命保険の内容で大丈夫か確認したい
・保険料を節約したい
・どんな生命保険に加入すればいいのか分からない

生命保険や資産運用についてお悩みなら、ぜひ無料相談をご利用ください。
ネットで検索するよりも簡単でサっと解決!お客様にとっておトクになるアドバイスを提供します。

無料相談はこちらから

お名前必須

ご住所必須

お電話番号必須

メールアドレス必須

ご希望の連絡方法必須
メール電話

ご希望の相談方法必須
対面(弊社オフィス)対面(お客様ご希望の場所)* ご希望に添えない場合があります電話ウェブ会議(Skypeなど)

性別必須
男性女性無回答

年齢必須

職業必須

現在や将来のお金のことで気になるものは?(複数選択可)必須
老後の備えについて病気やケガの備え方教育資金を賢く貯める方法住宅ローンなど大きくかかる固定費の見直しについて保険料を節約する方法今の保険が自分にあっているかどうか様々な貯蓄方法資産運用全般について

既に加入している保険がわかる画像やPDFを添付任意

※簡易診断に利用致します

最新情報をチェックしよう!
>保険や資産運用の無料相談

保険や資産運用の無料相談

難しい保険や投資のお悩みを、ネットで検索するよりも簡単に解決!わかりやすく丁寧に、お客様にとっておトクになる最適なアドバイスをご提案します。 無料なので、お気軽にご相談ください(相談は対面・電話・ウェブでも可能です)