後悔する前に知るべき!保険見直しのタイミングと注意点!

一度入った保険の見直しをされたことはありますか? 保険の見直しをしたほうがいいと聞いたことはあるけれど、どのタイミングですればいいのかわからないと悩んでいる人も多いのではないでしょうか。保険の見直しはどのタイミングがベストなのか、保険見直しの注意点などをみていきましょう。

1.保険見直しのタイミングとは

テレビやインターネットでは、新しい保険のCMをよく目にすることがあるでしょう。保障内容が気になってはいるものの、保険の見直しを難しく感じたり、タイミングがわからなかったりといったことは多いものです。

保険は生活の基盤を守るものですので、ライフスタイルが変わった以下のようなタイミングで見直すことがベストだといえます。

  • 就職
  • 結婚
  • 妊娠・出産
  • マイホームの取得
  • 子どもの独立
  • 独立開業
  • 保険料が負担に感じたとき
  • 保険の満期・契約更新を迎えたとき

1-1就職

就職したばかりの若い世代には、守るべき家族がまだいないことがほとんどでしょう。その場合、大きな死亡保障のある保険はまだ必要ありませんが、病気やケガで働けなくなるリスクに備える必要はあります。

万一、病気やケガで治療費がかかったり働けなくなったりしても、傷病手当金や有給休暇制度、公的医療保険制度がありますのである程度はカバーできますが、収入減や治療が長引いたときのことを考えると医療保険や就業不能保険への加入は検討しておきましょう。

1-2.結婚

結婚すると、自身に万一のことがあった場合でも配偶者の生活を守れるよう、独身時には加入していなかった死亡保険への加入を検討しておきましょう。

ただ、共働きの場合はパートナーに万一のことがあっても金銭的なダメージは少ないでしょう。しかし、共働きでもお互いを支えていく存在として、どちらかに万一のことがあった場合でも、生活を支えるパートナーがいなくなってしまうことで、精神的なストレスによってダメージを受けてしまうことがあります。その場合でも当面の生活費に困らないよう、一定の保障は必要だと考えておきましょう。

1-3.妊娠・出産

子どもができると、守るべき家族が増えて責任も重くなります。教育費を含めた子どもが成人するまでの生活費を試算し、収入の柱になっている人に万一のことがあっても生活していけるよう、今より手厚い保険への見直しすることをおすすめします。

1-4.マイホームの取得

人生において最も大きな買い物といわれるマイホーム。自身に万一のことがあっても守るべき家族が住宅ローンの重荷を背負わなくてもいいように、団体信用生命保険への加入は必須となります。

団体信用生命保険はほとんどの住宅ローンに付帯しており、契約者に万一のことがあった場合、住宅ローンの残債は一括で免除されます。そのため、これまで結婚や出産で手厚くしてきた保障は、団体信用生命保険の加入によって重複することもありますので保険見直しのタイミングとなるのです。

ただ、健康上の理由やその他の理由で団体信用生命保険に加入できない場合は、住宅ローンの残債を補えるよう、死亡保障は手厚くしておく必要があります。

1-5.子どもの独立

子どもが独立したあとは、夫婦ふたりの生活を守る最低限の保険に見直しましょう。いうなれば、出産前の保障に戻るようなもの。貯蓄性の高い終身保険はそのままにしておき、掛け捨ての定期保険は解約するなど大幅な見直しが必要でしょう。

また、健康なうちに医療保険は終身型の医療保険を検討しておくのもおすすめです。終身型の医療保険は保障が一生涯続く保険で満期がなく、更新時に保障が小さくなることもないため安心です。高齢になると高額に成りがちな保険料も、このタイミングならそれほど大きな負担はないでしょう。

1-6.独立開業

独立開業して自営業となった場合、自営業は会社員と比べると保障が手薄になると言わざるを得ません。会社員は病気やケガで働けなくなっても有給休暇制度や、最長1年6ヶ月の間健康保険組合から傷病手当金が支給され、すぐに収入が途絶える心配はありません。

しかし、自営業には有給休暇も傷病手当金もなく、働けなくなるとすぐに収入が途絶えてしまいます。収入が途絶える不安に対しては、就業不能保険や所得補償保険に加入しておくと安心です。

1-7.保険料が負担に感じたとき

保険は人生において2番目に大きな買い物といわれるほど、金銭的な負担の大きなものです。そのため、月々の保険料が負担に感じることもあるでしょう。また、十分な保障があるのにもかかわらず、不安感から重複して加入していることもあります。その場合にも保険の見直しをすることで月々の負担を減らすことができます。

1-8.保険の満期・契約更新を迎えたとき

保険には終身にわたり保障が続くものと、満期を迎えて契約が終了するものがあります。また、契約の更新は、5年や10年といった約定の期間に限って加入時の保険料で保障を受けられますが、契約を継続する場合は更新時の年齢で保険料を算出するため、更新前より保険料が高くなってしまいます。

満期を迎えた保険は今後必要になるのか、契約の更新によって保険料が上がってしまう場合、他の保険商品で保険料が安いものはないのかなど、保障の見直しを検討するにはいい機会だといえるでしょう。

1-9.保険見直し時のポイントと注意点

保険をいざ見直ししようとしても、自身がどんな保険に入っていたのかわからないこともあるでしょう。保険はさまざまなものが販売されていますので、見直しのタイミングで自身の保険について知っておくといいのかもしれません。

保険の種類、保険期間、保障内容、保険料など、最低でもこれらの内容を把握しておくと見直しをするときに自分にあった保険が見つけやすくなるでしょう。

また、保険以外に受けられる保障も確認しておきましょう。公的医療保険制度による保障は、医療機関で病気やケガによる治療を受けた場合、年齢や収入によって異なりますが自己負担は最高でも3割で済みます。また、高額療養費制度を利用すればさらに自己負担を抑えることができます。

会社員の場合はこれに加え、一定条件を満たせば最長1年6ヶ月の傷病手当金による保障がありますが、前述の通り自営業にはこの保障はありません。その点も踏まえて保険の見直しをすすめましょう。

また、保険の見直しをする際の注意点として、古い保険と新しい保険の保険料が重複するのを嫌って、新しい保険の保障が始まる前に古い保険を解約してしまう人がいます。

しかし、保険は加入したからといってすぐに保障が始まるのではありません。保険には責任開始日というものがあり、保険によって保障の開始日が決められています。たとえば、がん保険は保険に加入しても、責任開始日は通常3ヶ月または90日が経過した翌日からと決められています。

責任開始日以前、または無保険の期間に万一のことがあっても一切の保障は受けられませんので、経済的・精神的ダメージは計り知れません。保険の見直しをする際には、新しく加入した保険の保障が開始していることを確認してから古い保険を解約するようにしましょう。

2.まとめ

今回は保険の見直しのタイミングと注意点について解説してきました。就職、結婚、マイホーム取得など、ライフスタイルの変化に応じて保険を見直すタイミングはいくつかあります。また、入院日数の短縮化にともない、入院しなくても保険金が受け取れる保険商品が発売されるなど、保険は日々進化しています。気になる保険がある場合も現在の保険を見直す良いタイミングだといえます。無保険の期間を作らないよう気をつけながら、必要に応じて保険の見直しをすすめましょう。

検索してお金の悩みは解決しましたか?

・自分にピッタリの生命保険を選んで加入したい
・現在加入中の生命保険の内容で大丈夫か確認したい
・保険料を節約したい
・どんな生命保険に加入すればいいのか分からない

生命保険や資産運用についてお悩みなら、ぜひ無料相談をご利用ください。
ネットで検索するよりも簡単でサっと解決!お客様にとっておトクになるアドバイスを提供します。

無料相談はこちらから

お名前必須

ご住所必須

お電話番号必須

メールアドレス必須

ご希望の連絡方法必須
メール電話

ご希望の相談方法必須
対面(弊社オフィス)対面(お客様ご希望の場所)* ご希望に添えない場合があります電話ウェブ会議(Skypeなど)

性別必須
男性女性無回答

年齢必須

職業必須

現在や将来のお金のことで気になるものは?(複数選択可)必須
老後の備えについて病気やケガの備え方教育資金を賢く貯める方法住宅ローンなど大きくかかる固定費の見直しについて保険料を節約する方法今の保険が自分にあっているかどうか様々な貯蓄方法資産運用全般について

既に加入している保険がわかる画像やPDFを添付任意

※簡易診断に利用致します

最新情報をチェックしよう!
>保険や資産運用の無料相談

保険や資産運用の無料相談

難しい保険や投資のお悩みを、ネットで検索するよりも簡単に解決!わかりやすく丁寧に、お客様にとっておトクになる最適なアドバイスをご提案します。 無料なので、お気軽にご相談ください(相談は対面・電話・ウェブでも可能です)