女性の保険選びは保障期間、保険金タイプ、保障内容の検証が大切!

女性には、男性にはない、女性特有の病気があります。子宮がんや乳がん、出産時の異常分娩など様々なリスクがあります。女性には、これだけたくさんの女性特有のリスクがあるので保険も女性特有のリスクに対応したものがなければいけません。近年、ようやくこの考え方が広まってきて最近は、女性特有の病気に対応する様々な保険が販売されています。

しかし一口に女性特有の病気に対応している保険といってもどのように選べばいいかわからない方も多いと思います。そこで今回は、女性保険について詳しく説明します。この記事を読めば女性保険の選び方についてしっかり理解できます。

1.女性特有の病気とは

この章では、女性特有の病気について説明します。女性保険について説明する前に、女性特有の保険について理解していないと何が必要なのかわかりません。この章では、女性特有の病気について説明します。

1-1.女性特有の病気について

女性特有の病気で多いのが、乳房や子宮、卵巣に関わるものです。

  • がん…乳房、子宮など悪性新生物
  • 上皮内新生物…乳房、子宮などの上皮内新生物
  • 乳房および女性器疾患…乳房、子宮、卵巣の良性新生物、子宮内膜症など
  • 妊娠、分娩…異常分娩、子宮外妊娠など

このように女性特有の病気は非常に多いです。特にがんについては、女性ががんにかかるうち女性特有のがんの割合は約50%と非常に高くなっています。女性特有のがんのうち特に乳がんは罹患者数が非常に多いがんになります。

乳がんは、がんのうち5年生存率が最も高いがんです。予後が良いがんになりますが、治療費は平均で70万円以上かかるという調査もあります。乳がん以外に病気でも当然治療費はかかります。女性特有の病気は、多いので女性保険で備えることは非常に重要になるのです。

2.保障内容を比較する

この章では、女性保険の種類について説明します。そもそも女性保険とは、一般の医療保険に女性特有の病気になった時に、手厚い保障が受けられるタイプのものが主になります。

例えば、一般の医療保険で、入院したら1日あたり5,000円の保険金が出るものがあるとします。この医療保険に女性特有の病気になった場合の特約をつけると、女性特有の病気で入院した場合の保険金は1日あたり倍の1万円出るといったものになります。

また手術をした場合なども女性特有の病気になった場合の特約を付けると通常の手術に比べておりる保険金が多くなる保険もあります。どのような保障が必要なのかについてしっかり比較検討することが重要です。

また女性保険には、ボーナスが出るものと掛け捨てのタイプがあります。このように書くとボーナスが出た方がお得に感じるかもしれません。

しかしボーナスを何年かに一回受け取れるので、その分保険料は高くなります。掛け捨てと聞くとあまり良いイメージがないかもしれませんが、掛け捨ての保険は、満期の時も解約の時もお金が出ないので、保険料が安くなる長所があります。

自身にあった方を選ぶ必要があると思いますが、女性保険に関しては、掛け捨ての保険の方がメリットは大きいです。なぜならボーナスの部分の大部分は自身が払った保険料が当てられているからです。

ボーナスが自分が払ったお金をもらうのであれば、掛け捨ての保険料の安い保険で保障を準備して貯蓄は銀行の積立預金などで別に行なった方が効率は良いかもしれません。

3.保障が必要な期間を考える

この章では、保障が必要な期間について説明します。

まず出産に関わる保障ですが、一般的に20代から40代くらいまでが最も必要になるかと思います。最近は、高齢出産も多いですが、高齢出産の場合、リスクも高いのでリスクに備える意味で女性保険の加入を検討してみても良いでしょう。

乳がんなどに関しては、30代で乳がんになる方も最近は珍しくありません。若いからといって何も準備しないのではなく、若いうちから保障の準備をしておくことが大切になります。

また保険の期間には定期と終身があります。定期とは決められた期間だけ保障がある保険のタイプです。終身とは、その名の通り、一生涯保障がある保険のタイプになります。

終身タイプの方が、一生涯保障があるのでなんとなく安心感があるかもしれません。確かに終身タイプの保険は安心感があります。しかし終身タイプの欠点は保険料が高いことです。保険料が定期タイプの保険に比べて高いので必要な保障を全て終身タイプで用意すると大きなお金が必要になってしまいます。

そこでおすすめなのが、終身タイプと定期タイプを合わせて利用することです。どういうことかというと、年齢に関わらず必要な保障は、終身タイプで用意して出産などのリスクに関しては時期がある程度決まっているので定期タイプの保険を併用して一期間のみ保障を手厚くする方法です。

この方法であれば、保障が必要な期間には、手厚い保障を受けることができますし、一生涯の保障も終身タイプで確保することができます。

4.出産の可能性があるときは女性特有の保険に入っておくべき

出産の場合、多くの方は保険は必要ないと思われるかもしれません。確かに、出産時に大きなトラブルになることは少ないです。

しかし帝王切開になる可能性は十分あります。現在、5人に1人が出産を帝王切開で行う時代です。帝王切開自体はそんなにリスクが高いものではありませんが、帝王切開になった場合、女性保険に入っておけば保険金がおりる保険があります。

出産は国からの援助もありますし自己負担はそんなに大きくありませんが、帝王切開になることを想定して女性保険に加入しておくことはありだと思います。

5.女性保険に死亡保障は必要か

結論からいうと女性保険に死亡保障は必要ないと思います。女性保険の中には、女性特有の病気の保障に加えて死亡保障がついているものがあります。

一見すると手厚い保障のように思われるかもしれませんが、このような1つの保険に様々な保障が入っているパッケージ型の保険は要注意です。なぜならパッケージ型の保険は保険料が高額になる場合が多いからです。

保険会社は、会社によって得意な保険や力を入れている保険があります。もし死亡保障が必要であれば、女性保険で用意するのではなく死亡保障が得意な別の保険会社の商品で準備した方が保険料の負担がすくなるケースが多いからです。

6.まとめ

今回は、女性特有の病気に備える女性保険について説明をしました。女性には、男性にはない様々な特有のリスクがあります。女性特有のリスクに備えることができるのが女性保険です。ぜひこの記事を参考に女性保険について理解していただければ幸いです。

検索してお金の悩みは解決しましたか?

・自分にピッタリの生命保険を選んで加入したい
・現在加入中の生命保険の内容で大丈夫か確認したい
・保険料を節約したい
・どんな生命保険に加入すればいいのか分からない

生命保険や資産運用についてお悩みなら、ぜひ無料相談をご利用ください。
ネットで検索するよりも簡単でサっと解決!お客様にとっておトクになるアドバイスを提供します。

無料相談はこちらから

お名前必須

ご住所必須

お電話番号必須

メールアドレス必須

ご希望の連絡方法必須
メール電話

ご希望の相談方法必須
対面(弊社オフィス)対面(お客様ご希望の場所)* ご希望に添えない場合があります電話ウェブ会議(Skypeなど)

性別必須
男性女性無回答

年齢必須

職業必須

現在や将来のお金のことで気になるものは?(複数選択可)必須
老後の備えについて病気やケガの備え方教育資金を賢く貯める方法住宅ローンなど大きくかかる固定費の見直しについて保険料を節約する方法今の保険が自分にあっているかどうか様々な貯蓄方法資産運用全般について

既に加入している保険がわかる画像やPDFを添付任意

※簡易診断に利用致します

最新情報をチェックしよう!
>保険や資産運用の無料相談

保険や資産運用の無料相談

難しい保険や投資のお悩みを、ネットで検索するよりも簡単に解決!わかりやすく丁寧に、お客様にとっておトクになる最適なアドバイスをご提案します。 無料なので、お気軽にご相談ください(相談は対面・電話・ウェブでも可能です)