子供に生命保険や医療保険は必要なの?

皆さんは、子どもに生命保険は必要だと思いますか?生命保険というと、大人が入るイメージがあると思います。しかし、子どもでも生命保険や医療保険に加入することが出来ます。今回は、子どもに生命保険や医療保険が必要かについて分かりやすく説明していきます。

1. 生命保険に加入する意味とは?

この章では、そもそも生命保険に加入する意味について説明します。生命保険には、生命保険文化センターによると、日本人の約8割が加入しているようです。多くの人が、生命保険に加入していますが、なぜこんなに多くの人が生命保険に加入しているのでしょうか?

生命保険に加入する理由は、ずばり、残された家族が、生活に困らないようにするためです。一家の大黒柱(主に生計を維持している人)に万が一のことがあった時に、精神的な苦しみはもちろんありますが、経済的にも大ダメージを受けてしまいます。一家の収入が激減してしまいその後、生活をしていくことも維持できない可能性も十分にあります。残された家族がそのような状況にならないために生命保険は存在するのです。また医療保険に関しても、貯蓄で医療費を補えれば問題ないかもしれませんが、給料が上がりにくい今、医療費のために貯蓄することは難しい家庭も多いと思います。そんな時医療保険に加入しておけば、安心して治療に専念できます。このように、生命保険や医療保険は、経済的なダメージを抑えるために、加入することが一般的です。では子どもが生命保険や医療保険に加入する意味はあるのでしょうか?

2. 子供が生命保険に入るメリット・デメリット

子どもが生命保険に加入するメリットとデメリットについて説明します。

2-1.子供が生命保険に加入するメリット

子どもが生命保険に加入するメリットは、主に3つあります。

学資保険代わりに使うことが出来る

子どもが生命保険に加入するメリットの1つ目は、学資保険代わりに使うことが出来ることです。生命保険の中には、一定期間保険料を支払えば、解約した時に、今まで支払った保険料を越える解約返戻金を受け取ることが出来る商品があります。このタイプの商品であれば、子どもに生命保険に機能を持たせながら、将来的には、解約して学費などに充てることが出来ます。もし、学費に充てる必要がなくても、子どもの結婚費用や住宅購入資金に充てることが出来ます。このように貯蓄性の生命保険であれば、子どもの死亡保障を用意しながらお金を貯めることが出来るので、子どもが生命保険に加入するメリットはあると思います。

若いうちに生命保険に加入すると保険料が安い

子どもが生命保険に加入するメリットの2つ目は、若いうちに生命保険に加入すると保険料が安いことです。子どもの時は、死亡保障が必要なくても大人になれば、死亡保障は必要になるケースが多いです。

もちろん大人になってから、自分で生命保険に加入することが一般的だと思いますが、子どもの時から、生命保険に加入しておけば、子どもが大人になって独立した時に、子どもが保険料を払うようにすれば、安い保険料で、子どもは一生涯の保障を持つことが出来ます。

子供の葬儀代を準備することが出来る

子どもが生命保険に加入するメリットの3つ目は、子どもの葬儀代を準備することが出来ることです。あまり考えたくないことですが、いくら子供でも絶対に死なないとは言い切れません。もし万が一のことがあっても子供に生命保険を加入させておけば、子どものお葬式代に充てることが出来ます。

ただこれに関しては、かなり確率が低いですし、そもそも子どもが亡くなることなど考えたくもないので、上記2つのメリットの補足として、このメリットは捉えて頂ければ幸いです。

2-2.子供が生命保険に加入するデメリット

子どもが生命保険に加入するデメリットは、主に2つあります。

そもそも子どもに万が一のことがあっても経済的なダメージはない

子どもが生命保険に加入するデメリットの1つ目は、そもそも子供に万が一のことがあっても経済的なダメージはほとんどないことです。冒頭のところで生命保険に加入する目的について述べましたが、生命保険に加入する目的は、残された家族が生活に困らないようにするためです。しかし、子どもに万が一のことがあっても、精神的なダメージは計り知れないですが、経済的なダメージはほとんどないと思います。生命保険の本来の目的から考えると子どもに生命保険を加入する意味はほとんどないと思います。

保険料を負担することが大変

子どもが生命保険に加入するデメリットの2つ目は、子どもの保険料を負担することは大変なことです。子育て世代は特にお金がかかります。また給料も昔のように、年功序列で上がっていくわけではないので、一般的に生活に苦しい家計は非常に多いと思います。そんな状況の中、子どもの生命保険の保険料を準備することは大変です。家計に余裕があれば、子どもに生命保険を加入させることは良いかと思いますが、家計に余裕がない場合は、子どもの生命保険の優先順位はかなり低くなります。

3. 子供の医療保険も基本的にはいらない

生命保険だけでなく医療保険も子供が入れるものはたくさんあります。しかし、子どもに医療保険をかける必要はほとんどないと思います。なぜなら子供の公的医療制度は非常に充実しているからです。自治体によって違いはありますが、未就学児の医療費に関しては、無料のことが一般的です。また自治体によっては15歳くらいまで医療費は無料のことがあります。自治体によって多少の差はありますが、子どもの公的医療制度は、非常に充実しているので民間の医療保険に加入する意味はあまりないと思います。

3-1.子供が民間の医療保険に加入するメリット・デメリット

子どもが民間の医療保険に加加入するメリットとデメリットについて説明します。

子どもが民間医療保険に加入するメリット

子どもが民間医療保険に加入する主なメリットは2つあります。

子どもが入院した時、子どもの看病に集中出来る

子どもが民間の医療保険に加入するメリットの1つ目は、子どもが医療保険に入っておけば、子どもの入院で親が看病のため仕事を休んでも、保険金で経済的な損失を埋めることが出来ることです。しかし有給休暇を使えば、子どもの看病で休んでも収入は減らないので特に両親が正社員の場合のメリットは少ないかもしれません。両親がパートやアルバイトの場合は、大きなメリットになると思います。

安い保険料で一生涯の医療保障を手に入れることが出来る

子どもが民間の医療保険に加入するメリットの2つ目は、安い保険料で一生涯の保障を用意することが出来ることです。医療保険は、年齢が若いと保険料が安いので子どもの時に医療保険に加入しておけば、安い保険料で一生涯の医療保障を手に入れることが出来ます。

子どもが民間医療保険に加入するデメリット

子どもが民間医療保険に加入するデメリットは、先程も述べましたが、子どもの公的医療制度は非常に充実しているので、わざわざ民間の医療保険に加入するメリットは少ないことです。

4.まとめ

今回は、子どもが生命保険や医療保険に加入するメリットやデメリットについて説明しました。保険の本来の意味を考えると、子どもに生命保険や医療保険に加入する意味は少ないかもしれません。しかし、子どものうちから生命保険や医療保険に加入するメリットももちろんあります。今回の記事が、子どもに生命保険や医療保険の加入の検討の参考になれば幸いです。

検索してお金の悩みは解決しましたか?

・自分にピッタリの生命保険を選んで加入したい
・現在加入中の生命保険の内容で大丈夫か確認したい
・保険料を節約したい
・どんな生命保険に加入すればいいのか分からない

生命保険や資産運用についてお悩みなら、ぜひ無料相談をご利用ください。
ネットで検索するよりも簡単でサっと解決!お客様にとっておトクになるアドバイスを提供します。

無料相談はこちらから

お名前必須

ご住所必須

お電話番号必須

メールアドレス必須

ご希望の連絡方法必須
メール電話

ご希望の相談方法必須
対面(弊社オフィス)対面(お客様ご希望の場所)* ご希望に添えない場合があります電話ウェブ会議(Skypeなど)

性別必須
男性女性無回答

年齢必須

職業必須

現在や将来のお金のことで気になるものは?(複数選択可)必須
老後の備えについて病気やケガの備え方教育資金を賢く貯める方法住宅ローンなど大きくかかる固定費の見直しについて保険料を節約する方法今の保険が自分にあっているかどうか様々な貯蓄方法資産運用全般について

既に加入している保険がわかる画像やPDFを添付任意

※簡易診断に利用致します

最新情報をチェックしよう!
>保険や資産運用の無料相談

保険や資産運用の無料相談

難しい保険や投資のお悩みを、ネットで検索するよりも簡単に解決!わかりやすく丁寧に、お客様にとっておトクになる最適なアドバイスをご提案します。 無料なので、お気軽にご相談ください(相談は対面・電話・ウェブでも可能です)