子供に保険は必要ない!?子供の保険の必要性について徹底解説!

子どもが産まれると、うれしさのあまり、どんなことでもしてあげたいと思う親御さんは非常に多いでしょう。子どもに充実した保障を付けてあげたいと思う親も多いと思います。しかし、冷静に考えると、本当に子どもに保険は必要なのでしょうか?今回は、子どもの保険を掛けるべきなのかについて説明します。

1.感情で保険に入る方がいる

子どもには何でもしてあげたいものです。子どもの未来ために、充実した保障を付けてあげたいと思うのが親というものでしょう。しかし冷静に考えると、子どもに保険って必要なのでしょうか?保険の相談に行くと「お子さんの保険はいかがですか?将来、こんな時に必要になりますよ。」という話を担当者はしてくると思います。その話に乗って子どもの保険に入った方も多いのではないでしょうか?しかし金融機関に勤めている人間から言わせると、担当者にとっては、保険が売れれば、保険の対象者が大人でも子どもでもいいのです。しかし、多くの親は子どもの話になると喜んで話を聞きます。結局、当初は入るつもりがなかった子どもの保険に加入する人は、本当に多いです。

しかし、保険料は、毎月の保険料は安くても基本的にずっと払い続けなければいけないものです。一時の感情だけで保険に入ると後々後悔することになります。一時の感情で、保険に加入することは、大人の保険、子どもの保険に関わらず絶対にやめましょう。

2.子供に生命保険は必要ない!?

結論からいうと子供に生命保険は必要ないと思います。何故なら、生命保険というのは、被保険者に万が一のことがあった時に、家族が生活に困らないように保険金を遺すことが目的に加入するものです。

子どもに万が一のことがあった場合、精神的な悲しみは別にして、経済的に困窮する可能性は極めて低いと思います。一家の大黒柱の場合は、万が一のことがあると、主要な収入源がなくなってしまうので残された家族は大変なことになります。しかし、子どもが家計を背負っているケースはまずないと思います。よって、子どもが生命保険に加入する必要は無いのです。

しかし、学費のために、生命保険を利用する方法であれば、子どもに生命保険を掛けることは悪いことではありません。子どもの教育費というと一般的には学資保険を思い浮かべる方が多いと思います。しかし、学資保険の利率は現在、過去最低水準にまで落ちてきています。この金利環境の中、長期間金利が固定される学資保険に加入することは得策ではありません。また、学資保険は、お金の出し手の親に万が一のことがあっても、保障されるのは、今後の学資保険の保険料の支払いが免除されることくらいです。

一方、終身保険を学資保険代わりに使えば学資保険にはない様々なメリットがあります。終身保険の中には、一定期間保険料を払い込めば、解約しても、今まで支払った保険料以上にお金が戻ってくる商品があります。このタイプの商品を使えば、終身保険でも学資保険代わりに利用することが出来ます。また、終身保険の場合は円建ての商品以外に米ドルや豪ドルなど円よりも金利が高い通貨の商品がありますので、円建ての学資保険よりも、効率的にお金を貯めることが出来ます。もちろん米ドルや豪ドルの場合、為替のリスクがあります。しかし為替のリスクは長期間、毎月一定期間積立を続けることによって、リスクを抑えることが出来ます。リスクを抑えるどころか大きくプラスになる可能性もあります。これをドルコスト法といいます。

ドルコスト法は、高値掴みのリスクを避けるための時間分散の一種になります。数量を等分するのではなく、金額を等分する点が単なる分散と異なります。為替が高い時の購入量は少なくなって、為替が安い時には多く買えるいため、単純な数量分割に比べ平均値の点で有利になるとされている投資方法です。

外貨建ての終身保険を購入すれば、このドルコスト法が使えるので投資手法としてもおすすめ出来る方法になります。また終身保険なので、被保険者をお金の出し手である親にすれば、親に万が一のことがあった時に大きな保険金を受け取ることが出来ます。このように学費を貯めるために終身保険を利用することはとてもおすすめ出来る方法になります。

この終身保険を活用した保険の契約形態ですが2つのパターンが考えられます。

  1. 契約者、被保険者=親、死亡保険金受取人=子ども
  2. 契約者=子ども、被保険者=親、死亡保険金受取人=子ども

の2形態が一般的な方法になります。1の場合は、契約者が親になるので、もし学費などのために終身保険を当てなくて済んだ場合は、親の老後資金などのために使うことが出来ます。もちろん学費に使う場合は、終身保険を解約して学費に充てることは出来ます。この場合、親が契約者だと贈与に該当してしまうのではないかと思うかもしれません。しかし学費に関してはもともと贈与税の対象外になっているので親を契約者にして子供の学費に充てても全く問題はありません。2の契約形態は、子どもが契約者になるのでもし学費などのために終身保険を当てなくて済んだ場合は、子どものお金になるので子供の結婚式や住宅購入資金などに充てることが出来ます。

3.医療保険も入る必要はない。がん保険に関しては加入余地あり

前の章では、学資保険代わりの終身保険以外、子どもに生命保険を掛ける必要はないと説明しました。しかし、医療保険には入っておいた方が良いと思われている方はいると思います。子どもは、病気を良くするのでそれに備えて子どもに医療保険を掛ける方は多いと思います。しかし結論からいうと、子どもの医療保険は、生命保険以上に入る必要はありません。なぜなら日本の公的医療制度は非常に充実しているからです。

多くの自治体では、15歳までの子供に対する医療費は無料です。また東京都千代田区などは18歳まで医療費が無料になっています。お住いの自治体によって多少の差はありますが、総じて日本の子供に対する公的医療制度は充実しているのです。これだけ充実している公的医療制度があるのでわざわざ民間の医療保険に加入する必要は無いと思います。しかし、がん保険に関しては一考の価値があります。何故なら、がんの場合、治療費が莫大になる可能性がありますし、治療に長い時間がかかる可能性があるからです。

がん保険は一般的に、がんと診断された時点で50万円~ほど保険金がでます。がんと診断されると誰しもショックであると思いますが、大きな保険金を受け取ることが出来ることは精神的にも経済的にもありがたいと思います。またがん保険はがんにのみ対応している保険なので保険料も一般の医療保険よりも安いです。保険料対比受け取れる保険金が非常に大きいので、がん保険の加入は一考の価値があると思います。

またがんの治療法は日々進歩しています。しかし最先端の医療を受ける場合、公的保険が効かない可能性があります。しかしがん保険の先進医療特約というものを付けておけば、先進医療の治療費について負担してくれます。一般的ながん保険の先進医療特約は月々100円程度で付けることが出来て、先進医療の治療に対して1,000万円程度保障されるものが一般的です。もう一度いいますが、保険料対比、受け取ることの出来る保障が非常に大きいのでがん保険に関しては加入しておくことを検討するのは良いかと思います。

4.まとめ

今回は、子どもが保険に入る必要性について説明しました。正直がん保険や、学費のための終身保険以外は子どもに保険をかける意味は薄いと思います。今回の記事が、子どもの保険について真剣に考えるきっかけになれば幸いです。

検索してお金の悩みは解決しましたか?

・自分にピッタリの生命保険を選んで加入したい
・現在加入中の生命保険の内容で大丈夫か確認したい
・保険料を節約したい
・どんな生命保険に加入すればいいのか分からない

生命保険や資産運用についてお悩みなら、ぜひ無料相談をご利用ください。
ネットで検索するよりも簡単でサっと解決!お客様にとっておトクになるアドバイスを提供します。

無料相談はこちらから

お名前必須

ご住所必須

お電話番号必須

メールアドレス必須

ご希望の連絡方法必須
メール電話

ご希望の相談方法必須
対面(弊社オフィス)対面(お客様ご希望の場所)* ご希望に添えない場合があります電話ウェブ会議(Skypeなど)

性別必須
男性女性無回答

年齢必須

職業必須

現在や将来のお金のことで気になるものは?(複数選択可)必須
老後の備えについて病気やケガの備え方教育資金を賢く貯める方法住宅ローンなど大きくかかる固定費の見直しについて保険料を節約する方法今の保険が自分にあっているかどうか様々な貯蓄方法資産運用全般について

既に加入している保険がわかる画像やPDFを添付任意

※簡易診断に利用致します

最新情報をチェックしよう!
>保険や資産運用の無料相談

保険や資産運用の無料相談

難しい保険や投資のお悩みを、ネットで検索するよりも簡単に解決!わかりやすく丁寧に、お客様にとっておトクになる最適なアドバイスをご提案します。 無料なので、お気軽にご相談ください(相談は対面・電話・ウェブでも可能です)